【旧高橋倉庫】小樽市指定歴史的建造物 第51号・美術館になった建物

3.0
迷った時は

TEL(スマホOK):0134-32-4111

マップコード:493 690 440*65

旧高橋倉庫

旧高橋倉庫は、1923年(大正12年)に建てられた木骨石造の建物です。

小樽市指定歴史的建造物 No.51にもなっており、小樽運河のすぐ近くに建っています。

現在は小樽芸術村のステンドグラス美術館にもなっており、多くの人が訪れています。

ステンドグラス美術館については下記記事をご覧ください。

旧高橋倉庫の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目2−17
  • 電話番号:0134-32-4111
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:外観だけなら24時間
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:なし
  • マップコード:493 690 440*65
  • 公式サイト:旧高橋倉庫

旧高橋倉庫へのアクセス方法・行き方

小樽駅から徒歩11~15分、距離にして約900メートルです。

歩きたくない!という場合は小樽駅前バスターミナルから小樽散策バス等の「小樽運河ターミナル」方面行きのバスに乗車、「小樽運河ターミナル」で下車、そこから徒歩2~3分となっています。

小樽芸術村 詳細

  • 電話番号:0134-31-1033
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:5~9月 9:30~17:00/ 11~4月 10:00~16:00
  • 定休日:夏季は無休 冬季は水曜日(展示入替えで臨時休館あり)
  • 入場料:3館共通 2000円(詳しくは公式サイトにて)
  • 駐車場:提携駐車場あり(最大2時間まで無料)
  • マップコード:493 690 349*02 (提携駐車場入口)
  • 公式サイト:小樽芸術村

旧高橋倉庫の歴史

旧高橋倉庫 小樽市指定歴史的建造物案内板

  • 建築年:大正12年(1923年)
  • 構造:木骨石造2階建

この建物は、大豆を収める倉庫として建てられました。

平成元(1989)年に改修され、店舗として再生しています。

前面は運河に面し、背面は出抜小路に接して建ち、周辺の歴史的景観を形成している建物のひとつです。

小屋組は梁を二重に架け2本の束を陸梁の中央付近で左右対称に立てるクイーンポストトラス(対束小屋組)と呼ばれる洋風の構造です。

説明板には上記のように書かれています。

高橋倉庫 小樽市指定歴史的建造物プレート

1994年(平成6年)に小樽市の「歴史的建造物」に指定されています。

旧高橋倉庫の外観・様子

小樽運河沿いにある旧荒田商会の後ろに旧高橋倉庫はあります。

旧高橋倉庫

旧荒田商会と繋がっているため前面をすべて見られるようにはなっていません。

旧高橋倉庫

倉庫の上部に見える「太」という印がトレードマークです。

旧高橋倉庫

前面をすべては見られませんが背面は見ることが出来ます。

旧高橋倉庫

小樽芸術村の敷地が広場になっており、広場からよく見られるようになっています。

近くには小樽市指定歴史的建造物が数多くあるので合わせて見学するのがおすすめです。

以上、旧高橋倉庫についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました