【小樽芸術村】歴史的建造物と美術館とのタイアップ

3.5
迷った時は

TEL(スマホOK):0134-31-1033

マップコード:493 690 349*03

小樽芸術村

小樽芸術村は小樽運河のすぐ近くにある、小樽市の歴史的建築物を使った美術館や建物、カフェが揃っている美術に関するスポットです。

ニトリ小樽芸術村と呼ばれることもあり、運営はニトリが行っています。

似鳥美術館・ステンドグラス美術館・旧三井銀行小樽支店・ミュージアムカフェと広場から成り立っていて小樽観光の中心地とも言える場所にあり是非とも立ち寄って欲しいスポットです。

小樽芸術村の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目3−1 他
  • 電話番号:0134-31-1033
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:5~10月 9:30~17:00/ 11~4月 10:00~16:00
  • 定休日:11~4月は水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 入場料:施設により異なる
  • 駐車場:提携駐車場あり(最大2時間無料)
  • マップコード:493 690 349*03 (提携駐車場入口に設定)
  • 公式サイト:小樽芸術村

4つの建物と広場から成り立っているため住所は4つ以上あるため、代表的な住所を記載しています。

小樽芸術村の入場料について

小樽芸術村は5つのパートから成り立っています。

  • 似鳥美術館:有料施設
  • ステンドグラス美術館:有料施設
  • 旧三井銀行小樽支店:有料施設
  • 小樽芸術村 ミュージアムカフェ:飲食代のみ
  • 広場:無料

有料施設が3カ所あり、それぞれの料金設定もありますが3館共通入場券も販売されています。

料金は下記の表の通りです。

施設名一般学生高校生中学生以下
3館共通券2000円1500円1000円無料
似鳥美術館1500円1000円700円無料
ステンドグラス美術館700円500円400円無料
旧三井銀行小樽支店500円300円200円無料
旧三井銀行小樽支店 特別展500円300円200円無料

なお似鳥美術館にはミュージアムショップも併設されていますが、ミュージアムショップへの入場は無料となっています。

また旧三井銀行小樽支店で行われる特別展は別途500円かかるため、最大で大人の場合2500円となります(特別展を見なければかかりません)。

小樽芸術村へのアクセス方法・行き方

小樽駅から徒歩10分ほど、距離にして約750メートルです。

出来るだけ歩きたくないということであれば、小樽駅前バスターミナルから小樽散策バス等、小樽運河ターミナル方面行きのバスに乗車、「小樽運河ターミナル」で下車、そこから徒歩1~3分くらいです。

おすすめは徒歩で向かう方法です。理由は小樽運河を経由して行くとより小樽観光が楽しめるからです。

車の場合、旧三井銀行小樽支店と似鳥美術館の間に提携駐車場がり入場券を購入すると2時間まで無料になります。

もしくはミュージアムショップで2000円以上購入すると1時間まで無料となります。

小樽芸術村の4つの歴史的建造物

小樽芸術村は4つの歴史的建造物から成り立っています。

  • 似鳥美術館:旧北海道拓殖銀行小樽支店・小樽市指定歴史的建造物
  • ステンドグラス美術館:旧高橋倉庫・小樽市指定歴史的建造物
  • 旧三井銀行小樽支店:小樽市指定有形文化財
  • ミュージアムカフェ:旧荒田商店・小樽市指定歴史的建造物

どれも外観だけならいつでも無料で見ることが出来ます。

旧北海道拓殖銀行小樽支店

旧北海道拓殖銀行小樽支店

  • 似鳥美術館:旧北海道拓殖銀行小樽支店
  • 建築年:1923年(大正12年)

>旧北海道拓殖銀行小樽支店 詳細へ

旧高橋倉庫

旧高橋倉庫

  • ステンドグラス美術館:旧高橋倉庫
  • 建築年:1923年(大正12年)

>旧高橋倉庫 詳細へ

旧荒田商店

旧荒田商会

  • ミュージアムカフェ:旧荒田商店
  • 建築年:1935年(昭和10年)

>旧荒田商店 詳細へ

旧三井銀行小樽支店

旧三井銀行小樽支店

  • 旧三井銀行小樽支店
  • 建築年:1927年(昭和2年)

>旧三井銀行小樽支店 詳細へ

小樽芸術村は2つの美術館と1つの資料館と1つのカフェ

小樽芸術村は2つの美術館と1つの資料館から成り立っていると言えます。

厳密には資料館は無いのですが、旧三井銀行小樽支店は大正・昭和初期の銀行建築物で中に入るとまるで北のウォール街と呼ばれた時の小樽の様子を伺える資料館のようになっています。

似鳥美術館:旧北海道拓殖銀行小樽支店

似鳥美術館

ルイス・C・ティファニーのステンドグラスやアールヌーヴォーのガラス器、棟方志功や近現代の日本画や洋画・彫刻が数多く展示されている美術館です。

小樽芸術村の中心的な美術館で入場券も一番高いですが、見る価値があります。

似鳥美術館

大正時代に建てられた小樽の銀行建築物である特徴も兼ね揃えており、美術品を堪能するだけでなく建築的な観点からも楽しめます。

ステンドグラス美術館:旧高橋倉庫

小樽芸術村 ステンドグラス美術館

展示されているステンドグラスは、19世紀後半(1800年代後半)から20世紀初頭にかけてイギリスで制作され、実際に教会の窓を飾っていたものです。

小樽芸術村 ステンドグラス美術館

100年近く経っている石造りの倉庫を使った美術館で雰囲気も非常によく美しいステンドグラスを楽しめます。

旧三井銀行小樽支店

旧三井銀行小樽支店

重厚な昭和初期の銀行建築物の内部まで見学することが出来るようになっています。

旧三井銀行小樽支店 プロジェクションマッピング

天井に映し出すプロジェクションマッピングも1日複数回実施されており、重厚な建物の中で見る非日常的な映像体験を楽しめます。

ミュージアムカフェ

小樽芸術村 ミュージアムカフェ

ステンドグラス美術館の入口にあるミュージアムカフェは、落ち着いた雰囲気で美味しい珈琲をいただくことが出来るカフェです。

旧荒田商会と小樽運河

小樽運河の目の前にあるので小樽運河散策時の休憩に使うのもおすすめです。

小樽芸術村の広場

小樽芸術村の広場

4つの建物の中心には小樽芸術村の広場があります。

北の金融街の説明板

北のウォール街と呼ばれた時代の銀行建築物の案内看板もあります。

小樽芸術村の案内板

小樽芸術村の案内板もあります。

旧島谷倉庫

小樽芸術村とは関係ありませんが、ステンドグラス美術館のすぐとなりにある小樽市指定歴史的建造物「旧島谷倉庫」は現在「北のアイスクリーム屋さん」というアイスクリーム店になっており、一風変わったアイスを食べることが出来ます。

小樽芸術村の広場に面しているので晴れた日なら、ここでアイスを購入して広場で歴史的建造物を見ながらゆっくりと過ごすのも良いですよ。

以上、小樽芸術村についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました