【JR小樽駅】国の登録有形文化財にもなっているレトロな駅舎

4

迷った時は

TEL(スマホOK):0134-22-0771

マップコード:164 719 380*12

JR小樽駅

JR小樽駅は、JR北海道函館本線の駅の1つです。

小樽観光の入口であるとともに国の登録有形文化財にも登録されている、レトロな雰囲気が人気の駅舎にもなっています。

小樽観光の拠点としてではなく、観光スポットとして是非ゆっくりと見て欲しい場所です。

JR小樽駅の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒047-0032 北海道小樽市稲穂2丁目22
  • 電話番号:0134-22-0771
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:5:30~22:45
  • 定休日:年中無休
  • 入場料:なし(駅改札内は170円)
  • 駐車場:あり(有料)
  • マップコード:164 719 380*12
  • 参考サイト:おたるぽーたるJR小樽駅

JR小樽駅へのアクセス方法・行き方

JR小樽駅なので電車で向かうのが一番便利ですが、車でもバスでも行くことが可能です。

電車の場合は下記の通りです。

  • 札幌駅:小樽方面行きに乗車し快速電車なら約32分、各駅停車でも約48分
  • 新千歳空港駅:小樽までの直通もあり、最短で約75分

新千歳空港からは8時30分~20時の間は00分・30分に小樽行きの快速電車が出ています。

バスの場合は下記の通りです。

  • 札幌駅:札幌駅からバスが1時間に5本程度(乗車時間は約1時間~1時間30分)
  • 新千歳空港駅:一旦札幌駅まで来てからバス

JR小樽駅の駐車場

自家用車やレンタカーで小樽駅まで来る場合、長時間停車しないのであれば小樽駅のロータリー内に駐車場があります。

30分までは無料で、30分を超えると20分毎に100円となっています(夜は1時間50円になります)。

小樽市駅前広場駐車場

なお小樽駅と合わせて小樽三角市場に向かうのであれば小樽駅横駐車場の方が安くなっています。

詳しくは三角市場の記事をご覧ください。

JR小樽駅の様子と見どころ

小樽駅はそれほど大きな駅ではなく、1日の乗車人員は平均1万人弱です。

それでも小樽駅には小樽駅の良さがあります。

小樽駅の外観

JR小樽駅

小樽駅は海岸から坂道をずっと上ってきたところにあります。

JR小樽駅

レトロな感じがする外観が魅力的です。

小樽駅の前に立ち、反対側を見てみると坂の先に海が見えます。この風景も小樽の象徴的な風景の1つといえるでしょう。

JR小樽駅

また小樽駅は石川啄木とも関わりがあり、それが説明書きになっています。

小樽駅は国の登録有形文化財 第01-0067・第01-0068

JR小樽駅

小樽駅の入口には鐘がありその横に「国の登録有形文化財」のプレートがつけられています。

JR小樽駅

国の登録有形文化財 第01-0067と第01-0068として認定されています。

国の登録有形文化財 第01-0067 JR小樽駅本屋

国の登録有形文化財 第01-0067はJRの小樽駅本屋(おたるえきほんや)として登録されています。これはJR小樽駅の駅舎のことです。

JR小樽駅の駅舎は昭和9年(1934年)の昭和初期に建てられた建築物です。

国の登録有形文化財 第01-0068 JR小樽駅プラットホーム

国の登録有形文化財 第01-0068は、JR小樽駅のプラットホーム、いわゆるホームが登録されています。こちらも昭和9年の昭和初期に建てられたものです。

小樽駅 むかい鐘

JR小樽駅

小樽駅の前に取り付けられている鐘は「むかい鐘」と名付けられており、下記のように説明されています。

この「むかい鐘」は明治から1965年頃まで列車到着の予報として打ち鳴らした

上り列車にはニ打、下り列車には三打と決め、鐘を鳴らした後十数分で列車が到着した
人々は、いっぱいの荷物を担いでホームへ急ぎ出迎えの人や行商人で活気に満ち旅のすべては、この鐘の音を聞くことからはじまった

この「むかい鐘」は鉄道が人と人の心をむすびつけることを願ってふたたび、よびもどされたものである

JR小樽駅

実際に鳴らせるので鳴らしてみてはいかがでしょうか?

小樽駅の駅の中

JR小樽駅

小樽駅の中には数多くの洋燈が飾られています。その数333灯

JR小樽駅

小樽のガラス会社である北一硝子の協力で取り付けられたそうです。

JR小樽駅

JR小樽駅

JR小樽駅

晴れた時には青い空との洋燈の硝子がとても美しく輝いています。

JR小樽駅

なお小樽駅は自動改札になっていますが、小樽駅より先の駅(札幌とは反対方面)は自動改札では無いので注意してください。

JR小樽駅

そして小樽駅の中では天井も見てください。いろいろな模様が描かれています。

小樽駅のホームの様子

小樽駅

改札を通って小樽駅のホームへ。地下道を通って各ホームへと向かいます。

小樽駅 4番・5番ホーム

小樽駅 4番5番ホーム

まずは改札口に近い4番・5番ホームへ。エスカレーターから上がってくると片面のホームかと思いますが先に進むと5番ホームが見えてきます。

小樽駅 4番5番ホーム

ここで支柱を見てください。

小樽駅 4番5番ホーム

支柱にランプがついているのがわかります。

如何にも小樽駅らしい演出です。

小樽駅 4番5番ホーム

また5番ホームへ向かう途中、壁側を見ると右書きで書かれた「おたる」という看板が歴史を感じさせてくれます。

なお4番・5番ホームの見どころはこちらがわではなく反対側です。エスカレーターから上がってきた方角ではなく、その反対側が小樽駅のホームの見どころの1つです。

小樽駅 4番5番ホーム

エスカレーターを上がってUターン気味にホームの反対側へ行くと小樽駅のランプが並ぶ駅構内を2階部分から見れたり、石原裕次郎のパネルを見ることが出来ます。

小樽駅 石原裕次郎パネル

1978年に撮影されたものとのこと

小樽駅 4番5番ホーム

記念プレートまで取り付けられています。

小樽駅 4番5番ホーム

そしてランプが並ぶ駅構内を覗いてみましょう。

小樽駅 4番5番ホーム

改札口から見た時は見上げた大量のランプが目線と同じ高さに見えます。

小樽駅 4番5番ホーム

駅構内もよく見えます。

小樽駅 1番2番ホーム

小樽駅は、1~5番までのホームが割り振られていますが3番線はホームが割り振られていないため、3番線が抜けているようになっています。

1番・2番ホームは地下道を通って向かいます。

小樽駅 4番ホームから見た1番2番ホーム

4番線から見た1番・2番ホーム

小樽駅 むかい鐘

1番・2番ホームで見て欲しいのが、ホーム中央付近にある「むかい鐘」のミニチュア版です。

小樽駅 むかい鐘

鐘の由来も書かれています。

小樽駅 むかい鐘

つい見逃してしまいそうな鐘ですが、是非ゆっくりと見てください。

小樽駅からの観光は自転車で

小樽駅から小樽の他の観光スポットに行こうとした場合、かなり距離があります。

そんな時はレンタルサイクルもおすすめです。

きたりん

駅前に手荷物預かりとレンタル自転車の「きたりん」という施設があります。

坂道が多い小樽市なので、出来れば電動アシスト自転車がおすすめです。

じゃらんで予約するとポイント分、お得になります。

またよく割引クーポンが出ていて1~3割相当の割引が出来ることもあります。

必ずじゃらんの割引券を事前にチェックしてくださいね。

\見ないと損/

以上、小樽駅についてでした。

小樽駅周辺の観光スポット
美瑛 青い池
北海道旅行ツアーを探す
北海道ツアーは自由に飛行機と宿、レンタカーを組み合わせられるパッケージツアーがお得です!おすすめは「じゃらんパック」です。理由はこちらをご覧ください。
お得になる!パックツアーのクーポン情報
じゃらんや楽天トラベルではパックツアーのクーポンを配布していることはご存知ですか?知らずに申し込むと思わぬ損をする場合も。お得になる各社のクーポン情報をまとめました。是非ご利用下さい。
ホテルのベッド
ホテル予約の前に割引クーポンをチェック
宿泊予約サイトは宿泊予約がお得になるクーポンを配布していることが多いってご存知ですか?お得に泊まるための各宿泊予約サイトのクーポンコーナーへのリンク集です。事前に必ずチェックしてくださいね。
小樽ゆき物語「青の運河」
小樽のホテル・旅館
小樽旅行をお考えならまずはホテルや旅館をチェック!おすすめは小樽運河近くのホテルですが、小樽駅近くにもホテルは充実しています。各宿泊予約サイトの小樽のホテル一覧を用意しました。
北海道PRESS編集部をフォローする
小樽観光・旅行情報 オタルナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました