【旧澁澤倉庫】小樽市指定歴史的建造物 第20号・北運河の象徴的な建物とカフェ

3.5
迷った時は

TEL(スマホOK):0134-32-4111

マップコード:493 720 249*31

旧澁澤倉庫

旧澁澤倉庫は、1892年(明治25年)から1910年代にかけて作られた木骨石造の建物です。

小樽市指定歴史的建造物 No.20になっており、前に突き出た2棟と後ろの大きな棟の組み合わせが美しく北運河の象徴的建物と言えます。

現在は「小樽GOLD STONE」「PRESS CAFE」という2つの飲食店(カフェ及びカフェレストラン)が入って人気となっています。

旧渋澤倉庫の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒047-0031 北海道小樽市色内3丁目3−21
  • 電話番号:0134-32-4111
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:外観だけなら24時間
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:なし(店舗利用ならあり)
  • マップコード:493 720 249*31
  • 公式サイト:旧澁澤倉庫

旧渋澤倉庫へのアクセス方法・行き方

小樽駅から徒歩15分くらい、距離にして約1.2kmほどとなっています。

距離だけ見ると遠く感じるかもしれませんが、小樽駅からまっすぐ伸びる坂道を降りて小樽運河沿いを散策しながら来れば、それほど時間も気にせずたどり着くことが出来ます。

もしくは小樽駅前バスターミナルより北海道中央バス「おたる水族館線」「祝津線」に乗車し「色内川下」バス停で下車、そこから徒歩5~7分くらい、距離にして約400メートルくらいです。

小樽駅からタクシーでも概ねワンメーターで来られる距離です。

おすすめは小樽駅前でレンタルサイクルを借りて来ることです。

じゃらんで予約するとポイント分、お得になります。

またよく割引クーポンが出ていて1~3割相当の割引が出来ることもあります。

必ずじゃらんの割引券を事前にチェックしてくださいね。

\見ないと損/

小樽 GOLD STONE 詳細

  • 住所:〒047-0031 北海道小樽市色内3丁目3−21
  • 電話番号:0134-33-5610
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21時)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜)・貸切の時あり
  • 予算:1000~3000円(ライブ開催時は別途)
  • 駐車場:あり
  • 公式サイト:小樽GOLD STONE

PRESS CAFE 詳細

  • 住所:〒047-0031 北海道小樽市色内3丁目3−21
  • 電話番号:0134-24-8028
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:11:30~22:30(土曜のみ25:00まで)
  • 定休日:木曜日
  • 予算:1000~3000円
  • 駐車場:あり
  • 公式サイト:PRESS CAFE

旧渋澤倉庫の歴史

旧渋澤倉庫 小樽市指定歴史的建造物案内板

  • 建築年:明治25年(1892年)~
  • 構造:木骨石造1階建て

運河北部寄りの倉庫群のひとつ。大きな切妻屋根を架けた本体の前面に2棟の角屋が突き出る変わった形をしています。

向かって右手が一番古く明治25(1892)年頃に建てられた棟。その後左棟を並べて建て、次いで2棟をあわせた大屋根を架けて、今の姿になったといわれます。

説明板には上記のように書かれています。

正確には一番古い建物が1892年(明治25年)で今の姿になったのは1910年代と言われています。

なお、旧渋澤倉庫とは言われていますが、元々は渋澤倉庫という名称では無かったようです。

東京に本社を置く澁澤倉庫株式会社が小樽に出張所を開設したのは1915年(大正4年)で、その頃からこの倉庫を使っていたということなので、当初は違うところが使っていたようです。

旧渋澤倉庫 小樽市指定歴史的建造物プレート

1991年(平成3年)に小樽市の「歴史的建造物」に指定されています。

旧渋澤倉庫 都市景観賞

2011年(平成23年)には小樽市の都市景観賞も受賞しています。ただしこれは旧渋澤倉庫としてではなく「小樽ゴールドストーン」としての受賞です。

旧澁澤倉庫の様子

旧澁澤倉庫

北運河にかかる北浜橋から見た旧澁澤倉庫です。

小樽 GOLDSTONE CAFE

夜はまた違った雰囲気がします。

旧渋澤倉庫

右側の建物の上に「小樽 北運河」と記されているのが特徴的です。

旧渋澤倉庫

近くで見るとより歴史を感じる建物となっています。

旧澁澤倉庫

夜になるとお店が灯りを灯すのでライトアップされたような雰囲気となり、また違った美しさがある建物に見えます。

旧渋澤倉庫

石藏と石藏で挟まれた空間にはイギリス製1960年代の名車が置かれていますが、これはPRESS CAFEのオーナーの車でプレスカフェのトレードマークにもなっています。

旧渋澤倉庫

PRESS CAFEの中にももう1台名車が入っています。

旧渋澤倉庫

反対側は小樽ゴールドストーンの入口があります。人気のカフェで昼間でも多くの人が訪れています。

旧渋澤倉庫

中央の建物のあー地上の石の並べ方がまた美しく、特徴的です。

旧澁澤倉庫

北運河沿いにある旧澁澤倉庫、小樽運河クルーズでも見ることが出来ます。

旧渋澤倉庫

小樽運河から北運河周辺まで人力車で来て歴史的な建物を見るカップルや女性のグループも多くいました。

いろいろと説明を聴きながら、歴史的建造物を見るのには良さそうです。

ただし土日を中心に予約が入って当日だと待つこともあるので事前に予約しておくことがおすすめです。

じゃらんで予約しておけばポイント分お得になります。

じゃらんだとよく割引クーポンが出ていて1~3割相当の割引が出来ることもあります。

必ずじゃらんの割引券を事前にチェックしてくださいね。

\見ないと損/

北浜橋から見た風景

北運河と旧渋澤倉庫、とても絵になる風景です。

小樽 北運河

夜もまた美しい景色が広がります。

是非、見に来てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました