銭函観光での注意点・私有地を通らないと海が見えない?

銭函はここ最近、海を見ながら食事やコーヒーを飲めるお店が増えて人気の観光スポットになってきていますが、注意点があります。

それは私有地を通らないと海岸沿いの遊歩道にたどり着けないという問題です。

銭函に行ったのに私有地ばかりで入るところがなくて海が見えなかった!ということが無いように注意点を説明します。

銭函の海岸沿いの遊歩道

銭函駅から東側(札幌方面)に歩いていくと海岸にそって遊歩道があります。

Google Mapの航空写真で見てもらうとよくわかります。

上記の徒歩6分500mと書かれたところの少し上の部分が海で海岸にそって防波堤があって、遊歩道があります。

銭函の海

上記のような感じの防波堤兼遊歩道です。

問題は銭函駅から歩いてきてこの防波堤に出る路はすべて私有地であり、本来無断で通って良い場所では無いということです。

中には立入禁止のコーンを置いて通れないようにしているところも多くあります。

海岸線の防波堤及び遊歩道は国もしくは北海道が管理しているエリアであり、誰もが通って良いエリアなのですが、そのエリアに出るまでの道が無いという事態になってしまっています。

小樽市の観光課に確認したところ、防波堤の部分は私有地では無いので歩いてもらって構いませんが、そこに出るところは私有地なので基本的には管理者の許可を得て出るようにしてください、と説明されました。

元々は、それほど厳しく無かったのですが、いろいろとあって立入り禁止にするところが増えたそうです。

遊歩道への行き方

では海岸沿いの遊歩道には出られないのか?と言えばそんなことはありません。

一番合法的な出方は許可をもらって通ることです。でもどこでどうやって許可を得れば良いかわからないですよね。

一番簡単なのはカフェでコーヒーを購入して裏に出て良いか確認して出ることです。

KICK ASS! CAFE

例えば「KICK ASS! CAFE」で飲み物等を購入して、海岸に出て良いか確認すると良いですよ~と普通に答えてくれるというのをネットで見かけましたが、真偽はまだ確認していません。

実際にはこっそりと抜けて海岸線に出る人が多いのですが、何かトラブルになった時は不法侵入したことになるので、おすすめは出来ません。

安全な方法としては銭函海水浴場まで歩いていって、銭函海水浴場から歩いて遊歩道まで来るという方法です。

ただ1km以上歩くことになり不便ではあります。

もし、海岸への出方で合法かつ確実な方法があれば是非、教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました