【蘭島海水浴場】北海道内最古の海水浴場

迷った時は

TEL(スマホOK):0134-64-2831

マップコード:164 703 846*02

蘭島海水浴場

蘭島海水浴場は、小樽市の中でも余市町側にある海水浴場です。

北海道内最古の海水浴場であり北海道における海水浴場発祥の地となっています。

夏ともなると多くの人が海水浴に訪れますが、夏以外でもとても美しい海が見られるビュースポットにもなっています。

蘭島海水浴場の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒048-2562 北海道小樽市蘭島1丁目17
  • 電話番号:0134-64-2831
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:見るだけなら24時間(海水浴場としては7月中旬から8月下旬くらいまで)
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:あり(有料・夏季以外は閉鎖)
  • マップコード:164 703 846*02
  • 公式サイト:蘭島海水浴場

蘭島海水浴場へのアクセス方法・行き方

夏場であれば有料ではあるものの駐車場があるので車でいくのが便利です。

公共交通機関の場合、JR函館本線「蘭島駅」から徒歩5~6分くらい、距離にして約450メートルです。

もしくは小樽駅から北海道中央バス「20/21 積丹線」「18 余市線」「高速よいち号」「高速いわない号」「高速ニセコ号」に乗車、「蘭島」で下車、そこから徒歩4分ほど、距離にして約300メートルです。

札幌から向かう場合は、「高速よいち号」「高速いわない号」「高速ニセコ号」は札幌駅前バスターミナルから出ているので直接向かうことが出来ます。

蘭島海水浴場の様子

蘭島海水浴場の形状と景色

蘭島海水浴場

蘭島海水浴場

蘭島海岸は石狩湾の中にあり、畚部岬(フゴッペみさき)と忍路半島に囲まれた比較的波が緩やかな砂浜となっています。

蘭島海水浴場

上記写真の海に向かって左側に見える岬が畚部岬(フゴッペみさき)です。

奥に見える海岸線は余市町のシリパ岬です。

蘭島海水浴場

海に向かって右側に見えるのが忍路半島です。

忍路半島の中には忍路湾もあり、忍路湾も非常に美しい景色が見られます。

蘭島海水浴場から見るローソク岩

また晴れた日で目の良い人なら余市町の景勝地にもなっているローソク岩が見えることもあります。

ローソク岩は海の中から突き出たまるでローソクのようにそびえ立つ岩です。

蘭島海水浴場

右側の忍路半島の先端、大きな岩が見えています。

蘭島海水浴場

実はこの岩は兜岬と呼ばれる岬で手前の岬とは別の岬です。

Google Mapで見るとわかりますが忍路半島の中には忍路湾があり、蘭島海水浴場から見ると2つの岬が重なって1つの岬に見えるようになっています。

蘭島海水浴場

忍路半島側で撮影したのが上記の写真です。

蘭島海水浴場

忍路半島側は小さな漁港になっています。

夏以外でも晴れていれば非常に美しい海岸線が見られるビュースポットです。

蘭島海水浴場の2つの石碑と歴史

蘭島海水浴場には2つの石碑があります。

北海道海水浴場開設 発祥之地 碑

北海道海水浴場開設 発祥之地

蘭島海水浴場の海に向かって中央よりやや左側(西側)にある石碑が「北海道海水浴場開設 発祥之地 碑」です。

北海道海水浴場開設 発祥之地

志村和雄氏は、1975年から3期12年小樽市長を務めた人物です。

北海道海水浴場開設 発祥之地

1903年(明治36年)に蘭島海水浴場はオープンしました。

鰊塚

蘭島海水浴場 鰊塚

蘭島海水浴場の海に向かって中央よりやや右側(東側)にある石碑が「鰊塚」です。

小樽は鰊漁が盛んで、鰊御殿と呼ばれる建物も多くあります。

蘭島海水浴場 鰊塚

鰊漁で栄えた街でもあった小樽にあった石碑と言えます。

蘭島海水浴場 鰊塚

碑誌
にしん にしん にしん

俺は汝を恋して

五十有余年

恋は果てんとす

今一度群来よ

忍路の海へ・・・

幻の魚

昭和五十四年六月

建立者 本間栄太郎

上記のように鰊塚の手前にある碑には刻まれていました。

本間栄太郎氏は最後の鰊漁師と呼ばれた人物です。

蘭島海水浴場へ行こう!

蘭島海水浴場

海水浴シーズン以外はとても静かな蘭島海水浴場ですが、景観はとても美しく、車でも公共交通機関でも非常に行きやすい場所にあります。

小樽でゆっくりと海が見たい!夏で海水浴がしたい!という方にはおすすめのスポットです。

是非、訪れてくださいね。

飲食店は夏場以外、ほぼ皆無なのでご注意ください。

なお小樽で海の絶景を見たい!という方は、小樽海岸自然探勝路が非常におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました