島根県から北海道・札幌市・札幌駅へのアクセス方法・行き方/最安値の交通手段から所要時間まで解説

スポンサーリンク
出雲大社

島根県から北海道・札幌へ向かう場合、北海道・札幌から島根県に向かう場合、島根県には空港が3箇所あります。

しかし北海道への定期便は運航しておらず羽田もしくは伊丹で乗り継ぐ形となり、北海道へのアクセスはやや不便となっています。

そんな島根県から北海道は札幌までのお得な交通手段や所要時間まで詳しく解説します。

スポンサーリンク

島根県から北海道・札幌へと向かう出発地

島根県から北海道・札幌へと向かう代表的な出発地は下記の地図の通りです。

島根県地図

  • 空路:出雲空港・石見空港(一部隠岐空港)を利用、米子空港や広島空港を利用する場合もあり
  • 海路:京都の舞鶴港が最も近い
  • 陸路(鉄道):新倉敷駅・新山口駅から大阪・東京経由、東京駅から北海道新幹線を利用

空港は多いのですが、北海道への定期就航便があるのは広島空港のみです(8月に出雲空港から1ヶ月間のみ運航することはあります)。

島根県から札幌までの運賃概算と時間の概算

島根県から札幌(札幌駅)までの運賃と時間の概算です。

出発地 交通機関 時間 費用 備考
出雲空港 飛行機 3時間
(6時間)~
17000
~80000円
例年8月のみ運航
石見空港 飛行機 6時間~ 18000
~80000円
飛行機の予約時期等で
大きく異なる
隠岐空港 飛行機 8時間~ 20000
~80000円
飛行機の予約時期等で
大きく異なる
米子空港 飛行機 6時間~ 17000
~80000円
飛行機の予約時期等で
大きく異なる
広島空港 飛行機 5時間~ 13000
~54000円
飛行機の予約時期等で
大きく異なる
出雲市駅 電車
+新幹線
16時間~ 43000
~46000円
特急列車をどれだけ使うかで
料金・時間が異なる
益田駅 電車
+新幹線
16時間~ 44000
~47000円
特急列車をどれだけ使うかで
料金・時間が異なる
舞鶴港
+フェリー
26時間~ 16000
~67000円
フェリーの客室の等級及び
小樽からの移動方法で異なる

あくまでも概算です。

フェリーは人のみで乗船した場合の金額です。

島根県から飛行機で北海道・札幌まで向かう

島根県から北海道・札幌に向かう場合、住んでいる場所やかける時間や費用、時期により空港が異なってきます。

とにかく安く!ということだと時期によりかなり左右されるため一概にどの空港が安いということは出来ませんが、2ヶ月以上前に予約するということであれば少し遠いものの、広島空港を使うと安くなっていることが多くなっています

出雲縁結び空港を利用

島根県の県庁所在地である松江市や観光スポットとして有名な出雲市であれば出雲縁結び空港を使うのが一般的です。

>出雲縁結び神社(公式サイト)

出雲空港を使う場合、羽田空港・もしくは伊丹空港で乗り継いで新千歳空港に行くことになります。

状況によっては仙台空港(宮城県)経由ということもあります。

なお乗り継ぎ割引があるのは羽田空港となっています。

仙台空港を利用する場合は、仙台空港までの費用が安い時期に予約し、仙台からLCCを利用する場合です。ただしLCCだと荷物の制限が厳しいため、荷物が多いと逆に高くつくのでご注意ください。

米子空港を利用する

松江市でも東側だと米子空港の方が近いことがあるので、その場合は米子空港を利用した方が便利です。

>米子空港(公式サイト)

米子空港の場合は羽田空港で乗り継ぐことになります。

萩・石見空港を利用する

島根県の南西部だと石見空港が最寄りの空港になります。

>萩・石見空港(公式サイト)

萩・石見空港の場合、羽田空港で乗り継ぐことになります。

広島空港を利用する

出雲市から広島空港までは約140kmです。高速道路が無料区間のためガソリン代のみで行くことが出来るので2000~3000円くらい・2時間半弱で広島空港まで行くことが可能です。

広島空港からは1日2便、新千歳空港までの飛行機が就航しています。

出雲空港や石見空港を利用して羽田空港で乗り継ぐことを考えると時間の短縮になることもありますし、料金的にも安くなることがあります。

出雲空港や石見空港から新千歳空港までの料金が高い時なら、広島空港を利用することを考えても良いでしょう。

>広島空港(公式サイト)

新千歳空港から札幌まで

新千歳空港から札幌までの行き方は下記記事をご覧ください。

>新千歳空港から札幌駅

なお、格安航空券を購入する場合、どこのサイトが良いかは下記の記事をご覧ください。

島根県からフェリーで北海道・札幌へ向かう

島根県から一番近い北海道行きのフェリーは京都府の舞鶴港になります。

舞鶴港から北海道・小樽までのフェリーが出ており、乗船時間は21時間となっています。

運航は新日本海フェリーです。

>新日本海フェリー(公式サイト)

小樽港から札幌までのアクセス方法は下記記事をご覧ください。

>小樽港から札幌市内まで

ただし、関西エリアで唯一の北海道行きフェリー乗り場のため、混雑することもあります。

その場合は約90km離れた福井県の敦賀港からの北海道・苫小牧行きのフェリーが出ています。こちらの乗船時間は20時間です。

こちらのフェリーも新日本海フェリーが運航しています。

苫小牧港から札幌までのアクセス方法は下記記事をご覧ください。

>苫小牧港から札幌まで

日本海側ではなく太平洋側のフェリーということであれば名古屋港から仙台港を経由して北海道・苫小牧港に向かうフェリーがあります。

こちらは太平洋フェリーが運航しています。乗船時間は40時間です。

陸路で茨城県の大洗港や宮城県の仙台港まで移動した方が実際には北海道まで早く到着します。

島根県から鉄道・新幹線で北海道・札幌へ向かう

島根県から鉄路で北海道に行こうとする方は、飛行機に絶対に乗りたく無いという方か、鉄道での旅行が好きな方になりますよね。

もしくは北海道新幹線に1度は乗っておこうと考えている方でしょう。

ただ島根県には新幹線が通っていないため新幹線の最寄り駅まで一度出ることになりますが、鉄道好きな方ならサンライズ出雲(寝台列車)で東京まで出て、東京から北海道新幹線に乗るのが良いのではないでしょうか?

>サンライズ出雲・瀬戸

以上、島根県から北海道・札幌までのアクセス方法・行き方でした。

北海道から島根県へ

北海道から島根県へ観光・旅行で行きたいという方なら、出雲大社や宍道湖観光、もしくは世界遺産の石見銀山の見学ではないでしょうか?

もしそうなら、行きは出雲空港を使い、帰りは石見空港を使うというルートがおすすめです。

出雲空港から石見空港まで約160kmです。北海道の方なら160kmという距離は日帰り旅行の距離なのでは?

レンタカーを借りる場所を出雲空港にして返却場所を石見空港にすれば楽に観光が出来ますよ。

日数的に余裕があればもう少し距離を伸ばして山口県秋吉台まで行くのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました