新函館北斗駅から札幌駅・札幌市内へのアクセス方法・行き方は?お得な方法は?

スポンサーリンク
JR北海道 スーパー北斗

北海道新幹線が開通し、北海道まで新幹線で来る人もいると思います。

でも新幹線は函館市の隣の北斗市までしか来ていないため、札幌まで足を伸ばそうとするとそこから別の交通手段を選ばないといけません。

新函館北斗駅から札幌まで向かう場合、どういった交通手段があるか、どの交通手段が安いのか、どの交通手段が早いのか費用と時間も比較してお伝えします。

スポンサーリンク

新函館北斗駅から札幌駅までのアクセス方法

新函館北斗駅から札幌駅までのアクセス方法は概ね4つあります。

  • 新函館北斗駅から電車で札幌駅まで向かう
  • 新函館北斗駅からバスで札幌駅まで向かう
  • 新函館北斗駅からレンタカーを借りて札幌駅まで向かう
  • 新函館北斗駅から函館空港に向かい飛行機で札幌に向かう

新函館北斗駅から札幌駅までの交通手段別の料金概算

4つの交通手段の料金概算及び時間は下記の通りです。

  • 電車:特急使用 8310円~ 乗車時間 3時間30分~
  • 電車:特急不使用 5070円~ 乗車時間 8時間以上(タイミングでは10時間以上)
  • バス:4810円~ 乗車時間 5時間前後(積雪期は更に時間がかかる)
  • レンタカー:レンタカー料金(48時間)12000円~ +ガソリン代  乗車時間 4時間前後(休憩無)
  • 飛行機使用:14000円~ (先得利用時・飛行機+バス+電車)2時間30分~

レンタカーに関しては休憩時間やどこで返却するか、また積雪期かどうかでも大きく変化します。

またどの交通機関も積雪期は大幅に遅れたり欠航することもあります(レンタカーの場合は高速道路の閉鎖等)。

バスや電車は往復割引等があるので、往復利用するのならもう少し安くなります(1~2割前後)。

まとめると下記の通りです。あくまでも概算です。

交通手段 料金概算 移動時間
電車(特急) 8310円~ 3時間30分~
電車(普通) 5070円~ 8時間以上
バス 4810円~ 5時間~
レンタカー 12000円~ 4時間~
飛行機使用 14000円~ 2時間30分~

飛行機は予約するタイミングで2倍以上の料金になります。また空港への乗り継ぎのタイミングや飛行機の出発時間によっては4時間以上かかることもあります。

安定して早くということであれば特急を使う方法がおすすめで、安くということであれば、バスがおすすめです。

レンタカーは札幌までの間で1泊したり自由に観光を楽しみたいという方以外はおすすめしません。

飛行機は自分で計画的に日程を組める人向けであり、且つとにかく早く札幌に移動したいという方向けです。

新函館北斗駅から札幌駅までは約300km

どの交通手段を利用するにせよ、新函館北斗駅から札幌駅までの距離は約300kmあることは知っておきましょう!

300kmは東京から愛知県くらいまでの距離です。つまり途中に神奈川県と静岡県が入るというくらい遠い距離です。

また大阪から広島県(広島市)くらいまでの距離です。つまり途中に兵庫県と岡山県が入るくらいの距離です。

新函館北斗駅から札幌までは特急電車しかありません。

新幹線がなく、更に冬は積雪がある地域なので300kmという距離がかなり大変であるということは理解しておきましょう。

もっとも無積雪期(概ね4月くらいから10月くらい)の北海道の高速道路は東名自動車道や山陽自動車道よりも車は少なく走りやすくはなっています。

新函館北斗駅から電車で札幌駅まで向かうメリット・デメリット

乗車時間(特急):3時間30分から4時間 / 料金:8310円~

JR北海道 スーパー北斗

新幹線で来て特急電車に乗り換え、札幌まで移動するのが最もポピュラーな移動手段です。

身体的な負担が最も少ない移動と言えますが、仮に東京から新幹線で来ていたとしたら6時間+4時間で約10時間も電車に乗り続けていることになるので、かなり疲れます。

なので乗り継ぐというよりは一旦、函館等で1泊して観光や仕事をした後に札幌に移動する時に使うのが良いです。

もしくは青森や岩手くらいから来た人ならそのまま乗り継いでも良いでしょう。

スーパー北斗は全席禁煙です。タバコは乗車中は吸えません。

帰りも新函館北斗駅から新幹線に乗車するのであれば往復切符を購入するとお得です。

電車で札幌駅まで移動するメリット

新函館北斗駅から札幌に移動する場合、最も乗り継ぎを考えなくて良いのが特急の電車です。

臨時便の北海道新幹線を除き、北海道新幹線の到着時間を考慮して15~30分の乗り換え時間で特急電車であるスーパー北斗に乗り継げます。

乗車時間は3時間30分から4時間なのでバスよりも早いのがメリットです。

またバスのように交通状況で遅れが生じることも少ないのが列車のメリットです。

電車で札幌駅まで移動するデメリット

夏季はあまりありませんが、冬季は雪のため運休や大幅な遅れが出てしまうことがデメリットです。

また料金がバスに比べて高いことがデメリットと言えるでしょう。ただ1時間にして1時間以上早く札幌に到着するので時間をとるか安さをとるかの選択になります。

普通列車で札幌まで向かう

青春18切符等を使い、札幌まで普通列車で向かうという人もいます。これは完全に趣味の世界であり、乗車時間は8時間以上となります。

時間は余裕がある人向きです。

なお午後からの出発だと札幌までたどり着けない場合もあります。特に冬は運休や遅延があるので、早い時間に出発しないと難しいので注意してください。

新函館北斗駅からバスで札幌駅まで向かうメリット・デメリット

乗車時間(特急):5時間前後 / 料金:4810円~

バス乗車

新函館北斗駅から札幌に移動するのにバスを利用する人も大勢います。

バス料金は基本的には4810円ですが、往復だと8580円となり非常にリーズナブルに札幌と往復することが出来ます。

なお札幌までのバスはほとんどが3列シートなので隣の席と間があるので隣の人が気になることもほぼありません。

一般のバスは2席+2席の4列シートです。

なお新函館北斗駅-札幌間で休憩は2回あります。

特急列車はタバコを吸えませんが、バスだと1~2時間に1度の休憩があるので、その時にタバコを吸えるので吸いたい人には向いているでしょう。

バスで札幌駅まで移動するメリット

メリットは既に書いてある通り、最も安い交通手段ということです。

また特急と比べても極端に遅い訳ではなく約5時間(特急は約3時間半から4時間)で通常は到着します。

往復割引を使えば特急列車の片道分とほぼ同じ金額になるという安さです。

バスで札幌駅まで移動するデメリット

バスで移動することのデメリットは2つです。

  • 交通状況で電車以上に遅れが出ることがある
  • 特急列車に比べると1時間以上札幌に到着するのが遅くなる

でも料金が安いことを考えれば致し方ないことでしょう。

なおバスは満席になることもあるので日程が決まったら早めに予約されることをおすすめします。

新函館北斗駅からレンタカーを借りて札幌駅まで向かう

レンタカー

新函館北斗駅から札幌までレンタカーを借りて向かうという人も多いと思います。

新函館北斗駅前にはトヨタレンタカー・JR駅レンタカー・ニッポンレンタカー・タイムズカーレンタル・バジェットレンタカー・日産レンタカー等、各レンタカー会社が揃っています。

札幌駅までレンタカーで移動するメリット

新函館北斗駅から札幌に向かう間までいろいろな観光地があります。例えば洞爺湖や登別温泉等。

そういうところで1泊なり2泊して札幌に向かうのなら自由に移動出来るレンタカーは非常に便利です。

また4人以上での移動なら特急列車で向かうのと変わらないくらいの金額にもなります。

レンタカーは基本的に3人もしくは4人以上であればJR線よりも安くなる傾向にあるので、レンタカーを使うメリットとも言えます。

札幌駅までレンタカーで移動するデメリット

新函館北斗駅からレンタカーで移動するデメリットは

  • 少人数(2人以下)だと列車を使うよりも高くつく
  • 積雪期だと危険、高速道路が閉鎖されると予想以上に時間がかかる
  • 自分で運転するので疲れが残りやすい

ということがあります。特に積雪期は素直に列車やバスを使うことをおすすめします。

もちろん列車やバスが運休になってもレンタカーなら移動出来るというメリットもありますが、列車やバスが運休するほどの雪で快適なドライブが出来るのか?ということも考えておきましょう。

お得にレンタカーを探すポイント

レンタカーの比較兼予約サイトというものがあります。

どこのレンタカーが一番安いのかわかりやすいのでお得なレンタカーを選ぶことが出来るのでおすすめです。

新函館北斗駅から函館空港に向かい飛行機で札幌に向かう

JALの飛行機

新函館北斗駅から函館空港に向かい、函館空港から丘珠空港(札幌市東区)もしくは新千歳空港に行き、空港から札幌駅や札幌中心部に移動するという方法もあります。

新函館北斗駅から函館空港は空港連絡バスが出ているのですが、1日2便のみなのでタイミングをあわせるのは少し難しいと言えます。

新函館北斗駅から一旦函館駅まで向かい、函館駅から空港連絡バスに乗車する方が良いでしょう。

函館駅までは快速で15分360円(スーパー北斗の場合は特急券が830円が必要)で、函館駅からは空港へはバスで20分ほどで、日中は1時間に3本のバスが出ています。

乗り換えがうまく行けば1時間ほどで空港まで到着します。

函館空港から新千歳空港を利用するか丘珠空港を利用するか、どちらが良いかと言えば丘珠空港の方がおすすめです。札幌駅まで夏季はバスも出ていますし、最寄りの地下鉄駅までもバスが出ています。

新函館北斗駅から札幌駅まで乗り継ぎがうまくいけば2時間30分ほどで到着するので、タイミングにもよりますが最も早く札幌駅に到着します。

札幌駅まで飛行機を使うメリット

飛行機を使うメリットは、タイミングにもよりますが最も早く札幌駅に到着することです。

また天気が良ければ札幌の街並みを空から見られることです。

札幌駅まで飛行機を使うデメリット

飛行機を使う最大のデメリットは料金が高いことです。

函館空港-丘珠空港、函館空港-新千歳空港 ともにLCCは運航していないので、JALを使うことになります。そのためそれほど安い航空券が出回っておらず、安い時でも10000円以上することがほとんどです。

加えて乗り換えのタイミングが悪いと4時間以上かかることにもなるので、特急列車よりも遅くなることもあります。

また列車やバスは搭乗手続きにおける荷物検査は基本的にありませんが、飛行機は必ず荷物検査がありますし、搭乗の30分前には空港についていることが必要なので、手間がかかり面倒ということもあげられます。

札幌までの飛行機を使うのなら

札幌まで函館空港から飛行機を使うのなら、函館で1泊以上して観光をして次の目的地として札幌に行くという時以外は使わない方が良いでしょう。

1泊して一番良いタイミングの飛行機に乗れば2時間以内で札幌駅までたどり着けます。

自分にあった移動手段を考えよう

新函館北斗駅から札幌までの移動方法を説明してきましたが、どれにもメリット・デメリットがあります。

なので、自分にあった移動方法はどれかしっかりと考えて選んでください。

おすすめは料金と移動時間を考慮してやはりバスです。特急列車と2時間ほどの差で4000円もの差と考えれば、非常にコストパフォーマンスには優れていることがわかりますよね。

以上、新函館北斗駅からの移動手段についてでした。

北海道で良い想い出を作ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました