歴史的建造物

南区

【有島武郎旧邸】札幌芸術の森の中にある大正を代表する文豪の住居

有島武郎旧邸は、札幌市南区にある札幌芸術の森の中にある史跡です。1913年(大正2年)に建てられた邸宅をそのまま移築して誰でも無料で見学することが出来るようになっています。有島武郎は著名な小説家で有名な小説を数多く残しており、有島武郎に関する資料も旧邸には数多く展示されています。
東区

【福山醸造】北海道遺産にもなっている工場と建物

福山醸造は札幌市東区に本社を置く醤油や味噌の生産及び販売を行っている会社です。元々は福井県の船問屋でしたが1891年(明治24年)に札幌で醤油醸造業「福山商店」を開業し1918年(大正7年)には苗穂に工場を建設しました。その時代の工場は今も残っており北海道遺産にも選定されています。
札幌駅前エリア

【桑園の大学村・桑園博士町】北海道大学の歴史を垣間見る

札幌駅から隣のJR函館本線「桑園駅」との間にかつて「桑園の大学村」「桑園博士町」と呼ばれたところがあります。北海道大学(当時は北海道帝国大学)の近くで大正から昭和にかけて大学の教授達がこの辺りに当時ではまだ珍しい洋風建築の自宅を建て住んでいたことから名付けられました。
南区

【簾舞郷土資料館・旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)】札幌市に残る唯一の通行屋

簾舞郷土資料館は、札幌市南区簾舞エリアの郷土資料館です。元々は簾舞通行屋という旅行者や荷物を運ぶ人や馬の宿泊・休憩所として使われていましたが、通行屋が廃止になった後は管理人(守屋)の黒岩清五郎の住宅として使われたため、旧黒岩家住宅という名称もつけられています。
西区

【琴似屯田開拓の道】開拓の歴史のみちをたどってみよう!

「さっぽろ・ふるさと文化百選」のNo.71に「琴似屯田開拓の道」というものがありますが、今は「開拓の歴史のみち」として西区の琴似エリアの名所巡りのコースとなっています。史跡巡りが好きな方や琴似屯田兵の歴史を知りたい方にはおすすめです。
西区

【旧遠藤醸造店】白い恋人パーク「カフェ・あんとるぽー」で静かな時間を過ごそう!

カフェ あんとるぽーは、白い恋人パークの中にある「旧遠藤醸造店」という建物を移築再構成して作られたカフェです。旧遠藤醸造所は「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選定されていた明治時代に作られた札幌軟石を使った石造りの建物でした。歴史ある建物で珈琲や食事が楽しめるのが「カフェ あんとるぽー」です。
札幌駅前エリア

【旧福山商店・現 cafe rosso】明治時代に作られた赤レンガ造りの建物を使ったカフェ

旧福山商店は、札幌市中央区にある明治時代に作られた赤レンガ造りの建物で現在は1階がカフェとして2階が福山石油という会社となっています。明治時代に商店として作られた赤レンガ造りの建物は希少であり「さっぽろ・ふるさと文化百選」にも選定されています。
南区

【ヘルヴェチア・ヒュッテ(ヘルベチア・ヒュッテ)】国内最古の本格的なスイス式山小屋

ヘルヴェチア・ヒュッテは、札幌南区の山の中にある北海道大学管理の山小屋です。現存する日本国内最古の本格的なスイス式山小屋でとなっています。設計は著名な建築家であるマックス・ヒンデルで札幌在住中最後の作品にもなっています。さっぽろ・ふるさと文化百選に選定されており第44号となっています。
北区

【屯田郷土資料館・篠路屯田兵屋】篠路屯田兵の歴史を学べる資料館

屯田郷土資料館は、札幌市北区にある郷土資料館です。資料館には実際に屯田兵が住んでいた屯田兵屋「篠路屯田兵屋」がまるごと1軒復元され展示されています。屯田兵の生活や歴史を学べる郷土資料館となっており、札幌の歴史を学ぶ上でおすすめのスポットとなっています。
北区

【篠路駅周辺の倉庫群】昭和時代の札幌の原風景を今に残すスポット

JR札沼線(学園都市線)の篠路駅周辺は、玉ねぎを貯蔵・発送するための倉庫が立ち並んでいたそうです。それらを「篠路駅前倉庫群」「篠路駅周辺の倉庫群」と読んでいました。しかし都市開発が進み倉庫は年々数を減らし篠路駅の西側には全く無くなりました。東口にはまだ数件の倉庫が残り、昭和時代の札幌の原風景を伝える景色となっています。
東区

【北海道鉄道技術館】JR北海道 苗穂工場内にある北の鉄道の資料館と重厚な建築物

北海道鉄道技術館は、札幌市東区のJR北海道 苗穂工場の中にある鉄道に関する資料館です。蒸気機関車の実物の展示や昔走っていた列車やそれらに関する資料等が豊富に展示されており鉄道ファンなら是非行きたい観光スポットとなっています。また北海道遺産にも選定されている重厚な建物が点在している場所にもなっています。
札幌駅前エリア

【旧庁立図書館(旧文書館別館)】歴史的な建物の北菓楼 札幌本館でくつろぎの時間を

旧庁立図書館(旧 北海道庁立図書館)は、名前の通り北海道庁立の図書館であった建物です。図書館としての役割を終えた後、いくつかの用途で使われてきましたが2016年3月に北海道を代表するお菓子・スイーツのメーカー「北菓楼」の札幌本館として現在は多くの人が訪れるようになっています。
豊平区

【つきさっぷ郷土資料館】旧北部軍司令官官邸を使った軍事色の強い資料館

つきさっぷ郷土資料館は、札幌市豊平区にある軍事色の強い郷土資料館です。元々は旧北部軍司令官官邸という軍事施設でしたが、戦後は北大の学生寮としても使われた時期もあります。レンガ造りの2階建ての建物で「さっぽろ・ふるさと文化百選」にも選定されています。
厚別区

【旧出納邸・恵庭荘】雪印種苗園芸センターで史跡とバラと旧宇納牧場サイロ、雪印バター発祥の地を見よう

雪印種苗園芸センターは、札幌市厚別区にある花や苗木、園芸用品を販売するところです。バラ見本園というバラ園もあり「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選定されている「旧出納邸」や「恵庭荘」や、更に経済産業省の「近代化産業遺産」にも選定されている「雪印バター誕生の記念館」もありと、札幌の歴史に触れられる場所にもなっています。
札幌観光スポットのまとめ

【さっぽろ・ふるさと文化百選 一覧】札幌の歴史や文化を代表する市民が選んだ観光名所

さっぽろ・ふるさと文化百選とは、1988年(昭和63年)に札幌市が札幌開基120周年を記念して制定された歴史的および文化に関する場所や街並、祭事を札幌市民からの公募により選定したもの及び作成したパンフレットのことです。選定時には100ヶ所を選びましたが、選定時よりも30年以上経過し解体されたものも多く今では総てを見ることは出来なくなっています。
中央区

【城下医院】札幌景観資産指定の昭和初期の住宅

城下医院(しろした いいん)は、札幌市中央区にある札幌景観資産に選定されている昭和初期に建造された木造建築物です。「旧小熊邸」や「札幌市豊平川さけ科学館」も設計した建築家 田上義也です。現在も人が住んでいるため内部の見学は出来ませんが、敷地外からの外観閲覧は可能となっています。
東区

【札幌聖ミカエル教会】アントニン・レーモンド設計の教会の建物

札幌聖ミカエル教会は、札幌市東区にあるキリスト教の教会です。上智大学6号館7号館や、立教学院聖パウロ礼拝堂、国際基督教大学図書館 等の設計を行ったアントニン・レーモンドが設計した建物で1960年(昭和35年)に建てられました。レンガ造り(一部木造)でとても美しい形の建物です。
豊平区

【旧中井家リンゴ倉庫】レンガ造りの昭和初期の建物

旧中井家リンゴ倉庫は、札幌市豊平区平岸にあるレンガ造りの建物です。1935年(昭和10年)に作られた建物で、当時の平岸のりんご栽培の文化を伝える上でも貴重な建物となっています。現在も地元商店街の事務所及び太鼓道場として地元の方々に利用されています。
西区

【三谷牧場牛舎・サイロ】昭和初期に建てられたレンガ造りの牛舎とサイロ

三谷牧場はかつて札幌市西区にあった牧場です。1928年(昭和3年)に建てられた牛舎とサイロが今でも現存しており「札幌景観資産」及び「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選定されており、歴史的な建物として、地域のシンボルとなっています。
西区

【日本食品製造合資会社旧工場(現 三角山放送局)】JR琴似駅前のレンガ造り建物

日本食品製造合資会社旧工場は、札幌市西区のJR琴似駅北口にある札幌景観資産の第1号に選定されている昭和初期に建てられたレンガ造りの建物です。現在は、札幌のローカルFM放送局である「三角山放送局」のスタジオとして使用されていますが内部は一般公開されており見学することも可能となっています。