【永井邸】札幌景観資産になっている個人宅

永井邸 大通公園・テレビ塔エリア

永井邸は、札幌景観資産にもなっている昭和初期の建物です。

個人宅のため内部の見学は出来ませんが外側からなら眺めることが出来ます。

大通公園12二丁目からも近く、大通公園の散策のおりに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

永井邸へのアクセス方法と詳細

  • 住所:〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西12丁目323-5
  • 電話番号:無し
  • 営業時間:無し
  • 定休日:無し
  • 入場料:無し
  • 駐車場:無し
  • マップコード:9 491 427*22

個人宅のため外側から見ることは出来ますが敷地内に立ち入ることや塀を乗り越えて撮影することは出来ません。

永井邸へのアクセス方法・行き方

永井邸の最寄り駅は札幌市電「中央区役所前駅」です。

中央区役所前駅で下車後、徒歩3~5分くらい・距離にして約250メートルほどです。

もしくは地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口から徒歩4~6分くらい・距離にして約300メートルほどとなっています。

ただ大通公園散策の時のついでに立ち寄るくらいで良いかと思いますので大通駅から歩いていっても良いでしょう。

大通公園からだと11丁目と12二丁目の間の道から南側を見ると札幌プリンスホテルが見えます。

札幌プリンスホテル

札幌プリンスホテルは白い円形の高いビルなのですぐにわかります。

永井邸は札幌プリンスホテル方面へ歩いていき、札幌プリンスホテルの1つ手前のブロックにあります。

永井邸の外観と特徴と歴史

永井邸

永井邸は、黒い外壁と白い窓枠のコントラストが美しい建物です。

永井邸

永井邸は北海道帝国大学(現 北海道大学)の医学部教授であった永井一夫氏の自邸として1931年(昭和6年)に建てられました。

永井一夫氏はドイツ留学をしていたこともあり、その経験を生かして設計にも関わりこだわって作った自邸だと言われています。

札幌景観資産 第28号

札幌景観資産 第28号に登録されています。

1931年(昭和6年)から外観についてはほとんど改修をしていないそうで、昭和初期の札幌の建物として歴史的な価値がある建物となっています。

永井邸

正面から見ると分かりませんが屋根には煙突がついています。

当時の住宅は暖房のために暖炉や薪ストーブを取り付けることが多く古い住宅にはよく煙突がついています。

永井邸

近くで見ると歴史をより感じられました。

永井邸は見にいくべき?

1910年代から1930年代に建てられた個人宅は札幌の中央区には割と点在しています。

国の重要文化財にもなっている「遠藤家住宅主屋」や「黒田家住宅主屋」「杉野目家住宅」等があります。

そういった建物が好きだという人なら是非見に行って欲しい建物ですが、住宅でいくら古くてもそれほど興味が無いという人であれば面白みにはかけるスポットだと言えます。

近くを通った時にこういう建物もあったな・・・ということで見てもらえれば良いと思います。

以上、永井邸についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

札幌への格安航空券情報

札幌(新千歳空港)への格安航空券はどこで購入するのが一番お得なのか?どこでも同じだと思っているとかなりの損をします。
お得に購入出来る格安航空券はズバリ!トラベリストです。具体的に紹介しているので、是非お得な航空券で札幌旅行を楽しんでください。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました