【札幌旅行】12月におすすめの観光スポットや見どころ、イベントと注意点・服装

さっぽろホワイトイルミネーション 札幌観光スポットのまとめ

12月に札幌旅行に来られる方へ、12月の札幌でおすすめの観光スポットやイベントを紹介します。

12月の札幌は関東で言えば真冬です。雪がつもり気温も氷点下で日中でも0度を超える日は滅多にありません。

でも雪景色とイルミネーションが楽しめる12月の札幌は北海道・札幌らしい雪景色が見たい!という方におすすめの月です。

時期にあまり関係なく札幌のおすすめ観光スポットは下記記事をご覧ください。

12月の札幌のおすすめ観光スポットとイベント

12月になると雪景色とイルミネーションが人気の札幌は観光もイベントもやはりまずはイルミネーションからです。

さっぽろホワイトイルミネーション

札幌の中心地である大通公園をメインに行われる「さっぽろホワイトイルミネーション」は、11月後半から12月25日まで開催されます。

さっぽろホワイトイルミネーション

大通公園や赤れんが庁舎がイルミネーションで飾られ美しい光の景色を楽しめます。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

さっぽろホワイトイルミネーションと同時開催されるのが「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」です。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

クリスマス用の装飾品やミュンヘンの料理等を食べられるイベントです。

大通公園の2丁目を会場として最終日近くになるにつれ多くの人が訪れます。

白い恋人パークイルミネーション

札幌の定番観光スポットでもある「白い恋人パーク」では「白い恋人パークイルミネーション」と題したイルミネーションを見ることが出来ます。

白い恋人パークイルミネーション

札幌の定番のお土産「白い恋人」ももちろん購入出来ます。

白い恋人パーク 館内

寒くなったら館内で食事をしたりスイーツを食べたりすることも出来ますよ。

  • 住所:〒063-0052 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
  • 電話番号:011-666-1481
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • イベント期間:例年11月第一金曜日から翌年3月末くらいまで
  • 開催時間:日没から20時まで
  • 定休日:無し(年末年始は時間変更あり)
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 602 326*47 (駐車場入口に設定)
  • 白い恋人パーク公式サイト

札幌のスキー場でスキーやウィンタースポーツを楽しむ

もっとアクティブに過ごしたい!ということならスキーやスノボーなどのウィンタースポーツがおすすめです。

サッポロテイネ

札幌市内には5つのスキー場があり特にサッポロテイネや札幌国際スキー場は雪質の良さから海外からも訪れる人が大勢います。

年によっては12月の上旬だとオープンしていないスキー場もありますが12月の中旬以降であればほとんどのスキー場はオープンしています。

スキー道具を持ってくるのが面倒という方にはスキーやスノボに必要なものすべてレンタル出来るので手ぶらでスキーを楽しむことが出来ます。

札幌のスキー場については下記記事をご覧ください。

12月の札幌旅行の注意点と服装・気候について

12月の札幌は完全に真冬で、平均気温は約-1度(マイナス1度)です。

最高気温は2.1度で最低気温は-4度以下になります。

完全に防寒着が必要ということは皆さんご存知の通りですが、防寒着よりも絶対に気をつけてほしいのが靴(くつ)です。

札幌の12月は雪道が普通です。そして人口200万人近い都市なので多くの人が雪の上を歩いていくため、雪が完全に圧雪されてツルツルで滑りやすくなります。

靴は必ず防滑靴(すべりにくい靴)を履いてくるようにしてください。

そんな靴を持っていない!ということであれば札幌に来たらすぐに靴屋さんに行って靴の裏側に貼って滑りにくくさせるシートを購入して貼ってください。

なお靴の裏に貼るシートは、靴の裏側が凸凹だとすぐに剥がれます。

なので靴の裏側は出来るだけ凹凸の無い真っ平らな靴の方がおすすめです。

ティンバーランド等のブーツ系の靴で凹凸がしっかりとあるものなら滑らないだろう・・・ということでそういう靴を履いてくる人もいますが、かなり滑りますからね。

筆者も凹凸の大きなティンバーランド等の靴であれば滑らないと思っていましたが、かなり滑って危険です。

むしろゴム底の安い靴の方が滑りません。

旅行中に慣れない靴を履くと疲れやすくなるので、慣れた靴で底が出来るだけ平な靴の方が滑りにくくさせるシートを貼れるので札幌観光では便利です。

なお2017年と2018年の札幌の中心地・大通公園の様子は下記からご覧ください。

12月の札幌旅行ではLCCを使わないことがおすすめ

運次第とも言えるのですが、12月の札幌旅行で飛行機で新千歳空港で来る場合は、出来るだけLCC(格安航空機)は使わないことをおすすめします。

理由は12月の札幌は吹雪く時はかなり吹雪きますし、天気も荒れることがあります。

そのため飛行機が欠航することもあります。

LCCだと欠航の場合、代替便はまず無いのと対応状況が分かりにくいという欠点があります。

大手の航空会社(ANAやJAL)であれば対応状況もわかりやすいですし、代替便を用意してくれたりすることもあります。

雪の無い季節ならLCCでも欠航することは滅多に無いのでお得でおすすめ出来るのですが、冬の北海道への飛行機はレガシーキャリア(大手航空会社)の飛行機を選ぶことが安心です。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

日本全国から札幌までの移動手段

北海道・札幌に行きたいけど、自分の住んでいる都府県からどういう交通手段があって、どれぐらいの時間と費用がかかるのかな?と思った方へ。各都府県から札幌までの移動手段・移動時間・かかる費用をまとめたサイトを作りました。陸海空で分けて紹介しています。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました