【赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」】赤レンガ庁舎の眺望スポット

札幌駅前エリア

札幌駅から大通公園へ伸びる札幌駅前通りにある商業ビル「赤れんがテラス」の5階に赤れんが庁舎を上から見るのに絶好のスポットがあります。

それが、赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」です。ビルの3階からの直通エレベーターでしかいけないため隠れた赤れんが庁舎を見るスポットとなっています。

えぞりん
えぞりん

赤れんが庁舎を少し変わった角度から見たい!という人におすすめのスポットです!!

ふくろ君
ふくろ君

入場料が無料なのも嬉しいポイントだよ。ただし冬季は閉鎖しているから気をつけてね。

赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」の営業時間・詳細とアクセス方法

  • 〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス5F
  • TEL:011-211-4366
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 見学時間:11:00~20:00(貸切等で変更あり)
  • 見学料:無料
  • 定休日:赤れんがテラスに準ずる・またイベントや貸切等で変動
  • 冬季は雪のためテラスは閉鎖(ギャラリーは営業)
  • 駐車場:あり(有料)200円/30分 高さ制限1.75m
  • マップコード:9 522 344*16
  • 公式サイト:テラス計画

テラス計画へのアクセス方法・行き方

最寄駅は地下鉄さっぽろ駅(徒歩2分)・JR札幌駅(徒歩5分)となっています。

赤れんが庁舎の手前、イチョウ並木の左側なので迷うこともありません。上記写真の左側に写っているビルの5階です。

眺望ギャラリー テラス計画専用エレベーター

赤れんがテラスのエスカレーターやエレベーターで3階まで上がり、そこから写真の「眺望ギャラリー専用エレベーター」で5階まで行きます。

エレベーターから出たらもうそこがテラス計画です。

中に入って左側を見るとテラスがあり、テラスから赤レンガ庁舎を見ることが出来ます。

赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」について

眺望ギャラリー テラス計画 説明文

赤れんがテラスは「三井ショッピングパーク アーバン」という三井不動産商業マネジメント株式会社が手がける商業ビルで飲食店がメインのビルです(5階以上はオフィスが入っている)。

そのビルの3階からエレベーターでしか通常は行くことが出来ない場所にあるのが【赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」】です。

この「テラス計画」のスペースは、札幌三井JPビルディングの立地特性を活かして、道庁の庭や赤レンガ庁舎などの優れた景観を多くの市民や観光客のみなさんに自由に訪れ楽しんでもらおうと企画されました(企画・ビル建設者:三井不動産株式会社、日本郵便株式会社)。
私たち札幌駅前通まちづくり株式会社とテラス計画メンバーは、このスペースを「テラス計画」と名付け、多くのアーティスト、デザイナー、学生、ビジネスパーソンの参画により、眺望のみならず、人々が自由に交流し、札幌らしい生活・芸術文化の計画、提案が行われる『創造の場』としたいと考えています。今後は “若手アーティストの作品展示”や“都心に勤めるビジネスパーソン等を対象とした勉強会、ミニ講演会”、“ワークショップ”などを行っていきたいと考えていますので、足をお運びくださいますようお願いいたします。

テラス計画HPより

眺望ギャラリー テラス計画

ワークショップの会場としてもレンタルされています。

眺望ギャラリー テラス計画

こういうところで、ワークショップとかしてみたいですね。

赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」のテラスとそこから見える赤レンガ庁舎の眺め

赤れんがテラス眺望ギャラリー「テラス計画」のテラスの様子は下記の写真の通りです。

壁面はガラスで覆われています。

天井には何もなく、外の空気が感じられるようになっています。

反対側を見るとビルで圧迫感は多少あります。

入ってきたドアの方向を向くと上記の通りです。椅子が置かれています。

秋も深くなる10月下旬だと少し寒いので気をつけてください。

そしてここからの眺めが下記の写真です。

望遠ズームがある場合は拡大して撮ると下記の通り、赤レンガ庁舎の上部が綺麗に撮影出来ます。

木々が生い茂る初夏から紅葉の時期の10月後半くらいまでがおすすめです。

テラス計画から見た赤れんが庁舎 初春

雪がある間はテラスには出られませんが、雪が解けて段階でテラスに出られるようになります。春だと木々にまだ葉がなく少し寂しい景色です。

だからこそ木々が見える初夏から紅葉の綺麗な秋がおすすめです。

イチョウ並木も時期によっては綺麗に見えます。

赤レンガ庁舎の門から赤れんがまで綺麗に撮影することも出来ます。

えぞりん
えぞりん

赤れんが庁舎をこんな角度から撮影出来るのに、見逃したらもったいないです!

札幌駅方面を見るとJRタワーも綺麗に見えます。

赤れんが庁舎から見るテラス計画

テラス計画の場所

赤れんが庁舎の門を入って振り返ったのが上記の写真です。眺望ギャラリー「テラス計画」の場所に印をつけてあります。

ここから無料で赤れんが庁舎を見られます。

赤れんが庁舎2階から見たテラス計画

赤れんが庁舎の2階から見たテラス計画、2階よりも高い場所から見られることがわかります。

テラス計画の観光おすすめ度はどれくらい?

赤れんが庁舎を見学するつもりだった方ならおすすめです。普通とは違う角度で赤れんが庁舎を撮影出来るので、人とは少し違った記念写真が撮影出来ます。

また赤れんがテラスには飲食店も数多く入っているので、午前中に赤レンガ庁舎を見て、赤れんがテラスでランチを楽しみ次の目的地に向かうというのもおすすめです。

以上、赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

札幌への格安航空券情報

札幌(新千歳空港)への格安航空券はどこで購入するのが一番お得なのか?どこでも同じだと思っているとかなりの損をします。
お得に購入出来る格安航空券はズバリ!トラベリストです。具体的に紹介しているので、是非お得な航空券で札幌旅行を楽しんでください。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました