【SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)】花の絨毯を見に行こう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)札幌駅前エリア

北海道庁旧本庁舎へと続くイチョウ並木の場所(札幌市北3条広場:通称アカプラ)に花びらを地面に並べ花の絨毯を作るイベントが2014年から行われています。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)です。

野外という特性上、長くは続けられないイベントで4日間(内1日は制作期間)のみのイベントですが、多くの人が見学に訪れるイベントです。

フラワーカーペットの詳細とアクセス方法

  • 住所:
  • 開催期間:6月下旬頃(2018年は6/21~6/24)
  • 入場料:なし
  • 駐車場:なし(近隣に有料駐車場あり)
  • マップコード:9 522 376*20
  • フラワーカーペット 公式サイト

アクセス方法は北海道庁旧本庁舎を参考にしてください。

フラワーカーペット 2018の様子

フラワーカーペットと言われても実際に写真を見なければ想像しにくいと思います。

実際の写真を添えて説明していきます。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

イチョウ並木に入ると1メートル弱の見学台が置かれています。休日ともなるとこの上は凄い人集りに。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

そして見学台の上から見た景色がこちら

北海道庁旧本庁舎へ続く道に花の絨毯が出来上がっています。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

開催中も当然風は吹くので花びらが動き、模様が乱れてきます。

そのため常に修正をする人がいて修正を繰り返しています。大変な作業です。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

フラワーカーペットは1つではなく複数あります。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

地面スレスレから見るフラワーカーペットと赤れんが庁舎、とても絵になります。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

平日に撮影したにも関わらず大勢の人がいることがわかりますね。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

北海道庁旧本庁舎の前にも円形のフラワーカーペットが作られていました。

赤れんがテラスでもフラワーカーペットを見よう

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

アカプラ広場の横にある商業ビル「赤れんがテラス」の1階にも小さめのフラワーカーペットが作られていました。

この赤れんがテラスの5階に「眺望ギャラリー テラス計画」という場所があります。

このテラス計画からだとフラワーカーペット全体ではありませんが一部を上から見ることが出来ます。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

木々の葉に隠れてしまっていますがフラワーカーペットを上から見られます。

SAPPO_RO FLOWER CARPET(フラワーカーペット)

少し変わった角度から見たいということであればテラス計画から見るのも良いのではないでしょうか?

無料でテラス計画には入ることが出来ます。

以上、フラワーカーペットについてでした。


札幌駅前エリア
美瑛 青い池
北海道旅行ツアーを探す
北海道ツアーは自由に飛行機と宿、レンタカーを組み合わせられるパッケージツアーがお得です!
ホテルのベッド
ホテル予約の前に割引クーポンをチェック
宿泊予約サイトは宿泊予約がお得になるクーポンを配布していることが多いってご存知ですか?お得に泊まるための各宿泊予約サイトのクーポンコーナーへのリンク集です。事前に必ずチェックしてくださいね。
札幌&大通公園 観光・旅行情報ガイド サポカン

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

月別のおすすめ観光スポットを知る

札幌の観光スポットをエリアから探す

札幌の観光スポットを施設別に探す

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

タイトルとURLをコピーしました