【開拓神社】御朱印もあり!北海道神宮内の仕事運・勝負運祈願のパワースポット!

北海道神宮 開拓神社 中央区

開拓神社は北海道神宮内にある北海道神宮末社の1つです。北海道開拓の功労者を祀る神社で2018年で創建80年となります。

一般的な神社の作りと少し異なり立派な拝殿が前面に他の神社には無い不思議な感じがする神社となっています。

開拓神社へのアクセス方法と概要

  • 住所:〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘474
  • 電話番号:011-611-0261
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 参拝時間:北海道神宮と準ずる(下記参照)
  • 休庁日:無し
  • 入場料:無し
  • 駐車場:あり(参拝者に限り1時間まで無料・正月期間は有料)
  • マップコード:9 487 401*75 (駐車場位置)
  • 参考サイト:北海道神宮 境内社

開拓神社には門があり夜間は立ち入ることが出来ません。参拝が出来る時間帯は下記となります。

期 間 開 門 閉 門
元旦 0:00 19:00
1月2日~1月3日 6:00 18:00
1月4日~1月7日 6:00 16:00
1月8日~1月31日 7:00 16:00
2月1日~2月末日 7:00 16:00
3月1日~3月31日 7:00 17:00
4月1日~10月31日 6:00 17:00
11月1日~12月31日 7:00 16:00

開拓神社へのアクセス方法

開拓神社はほか移動神宮の境内にある末社です。そのため北海道神宮を目指してもらえれば問題ありません。

1番分かりやすいアクセス方法は地下鉄東西線「円山公園駅」から円山公園に向かい、公園に入った後、円山公園口鳥居を通過して北海道神宮を目指せばその途中にあります。

円山公園 道標

円山公園に入ると上記のように道案内の矢印があるので、この矢印に従っていけばたどり着けるので心配は無用です。

北海道神宮 円山公園口鳥居

円山公園を通っていくと上記の「円山公園口鳥居」を通って少し進んだところに開拓神社はあります。

開拓神社の由緒と御神体

開拓神社は1938年(昭和13年)に北海道開拓70年を記念して建立された開拓奉斎殿が前身になっています。

元々は北海道開拓の功労者である武田信広氏ら36柱を祀っており、その後に帯広の農聖といわれた依田勉三氏を加え37柱を御神体とする神社です。

柱は神様の数を数える単位で、開拓神社に祀られているのは元々は人でした御神体となったので柱としています。

なお2018年に祭殿が改築されています。

開拓神社のご利益

開拓神社は北海道開拓の功労者を祀っている神社

つまり北海道開拓に尽力した=仕事に頑張った、北海道にかけた、ということで仕事運や勝負運にご利益があると言われています。

これから起業したい!という人にもご利益がありそうです。

開拓神社と言えば日本最大級の大神輿

開拓神社と言えば日本最大級の大神輿があることでも有名です。

2年(西暦の偶数年)に1度、札幌市中心部を4.5トンもの大神輿を担いで周る「開拓神社大神輿渡御」が有名です。8月の中旬の日曜日に行われます。

開拓神社の御朱印と祈願札

開拓神社の鳥居をくぐると左側に納札所があります。

開拓神社

9種類の祈願札が用意されており300円となっています。

開拓神社 祈願札

またおみくじ100円も用意されています。

開拓神社の前に開拓神社の社務所がありますが、開拓神社前の社務所では御朱印はいただけません。

開拓神社

社務所のインターホンの上に「開拓神社 御朱印は北海道神宮授与所で、お受けください。」と書かれています。

これ間違いで正確には授与所ではなく「祈祷受付」です。

開拓神社の御朱印をいただきたい場合は、先に開拓神社でお参りをした後に北海道神宮の祈祷受付でいただいてください

なお御朱印の受付の人によっては「先に開拓神社でお参りをされましたか?」と聞いてきます。その時にまだだと答えると先にお参りをしてきてください、と言って断られることもありますので、先に開拓神社でお参りをするようにしてください。

開拓神社 御朱印

こちらが実際に書いていただいた御朱印です。

御朱印料は500円と一般的な神社に比べると少しお高めです。

なお、北海道神宮の祈祷受付の場所は下記記事を参考にしてください。

開拓神社の外観と様子

実際の開拓神社の外観や様子は下記の写真の通りです。

開拓神社と鳥居

鳥居をくぐって右手側には手水舎もあります。

北海道神宮 開拓神社

北海道神宮 開拓神社 拝殿

そして進むと立派な造りの拝殿

北海道神宮 開拓神社

ここだけ時間が止まったようなとても静かな雰囲気が漂う空間がありました。

北海道神宮 開拓神社

北海道神宮 開拓神社

拝殿の周りは木々で覆われており、夏場でも少し涼しく感じます。冬は非常に寒く感じますが。

北海道神宮 開拓神社

北海道神宮や円山公園に来たのなら、この拝殿を見るだけでもも立ち寄って欲しいところです。北海道神宮 開拓神社

そして祭殿。上記の祭殿は2018年の6月までのものです。

かなり古くなっていたため2018年6月に新築されました。

開拓神社

今はかなり新しい雰囲気の祭殿となっています。

北海道神宮 開拓神社

仕事運や勝負運の向上をお願いするのならきちんと作法を守ってお願いをしましょう!

開拓神社

今は上記の写真の通り新しい祭殿になっています。

北海道神宮 開拓神社

平日の早朝ならあまり人もいないのでゆっくりと参拝出来ますよ。

札幌中心部のホテルに宿泊したのなら少し早起きして朝食前の散歩として来るのも良いかもしれません

大通駅からなら地下鉄と3駅目、駅から歩いて15分なので往復で1時間、参拝時間も含めて30分もみておけば十分ですから1時間半くらいでホテルに戻れます。

開拓神社

2018年6月には改修工事も行われ綺麗になっています。上記は改修工事中の開拓神社です。

開拓神社の初詣

開拓神社は北海道神宮の境内にあり北海道神宮は初詣の時期はかなり混雑します。

一方で開拓神社は元旦になったばかりの深夜はそれほど混雑していません。

開拓神社 大晦日から元旦

数えるほどしか参拝する人がいません。

開拓神社 元旦お昼頃の様子

しかし元旦のお昼頃になると上記の写真の通り、少し混雑します。

以上、北海道神宮 開拓神社についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

日本全国から札幌までの移動手段

北海道・札幌に行きたいけど、自分の住んでいる都府県からどういう交通手段があって、どれぐらいの時間と費用がかかるのかな?と思った方へ。各都府県から札幌までの移動手段・移動時間・かかる費用をまとめたサイトを作りました。陸海空で分けて紹介しています。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました