【中央寺】札幌・すすきのにある迫力ある仁王像を見に行こう!

中央寺 すすきのエリア

すすきのの裏通りを歩いていると目に留まる立派な門構えのお寺があります。それが中央寺です。

曹洞宗のお寺で福井県の永平寺の直末寺で100年以上の歴史あるお寺です。

また門の左右に置かれている仁王像は一見の価値があります。門の内側には風神雷神像もあり、仏像を眺めるだけでも楽しめるお寺です。

中央寺へのアクセス方法と詳細

  • 住所:〒064-0806 北海道札幌市中央区南6条西2丁目1
  • 電話番号:011-512-7321
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:参拝だけならほぼ24時間
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:あり(法事等の場合のみ)
  • マップコード:9 493 063*41
  • 公式サイト

中央寺へのアクセス方法・行き方

最寄り駅は地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」です。

6番出口もしくは7番出口を出て交差点を渡ればすぐですが、正門及び入り口まで少し距離があり、周り込むようにお寺に沿って2分ほど歩くことが必要です。

同じ出口に新善光寺があり間違えやすいので気をつけてください。

地下鉄南北線「すすきの駅」からは徒歩約5分・400メートルほどの距離です。

中央寺の外観と仁王像・風神雷神像

中央寺

まず目に留まるのが正門です。

雪の季節だと雰囲気が異なり、雪のある時期と無い時期、両方を見て欲しいところです。

中央寺

そして門の両脇に立つ仁王像はここまで来たら必見

中央寺

門の左右に仁王像(阿形像と吽形像の金剛力士像)が厳しい顔でこちらを見てきます。

中央寺 仁王像

中央寺 仁王像

正門は閉じていることがあるので、その際は正門の右側に進み角を曲がれば入り口があります。

正門の外側には阿吽の仁王像ですが、内側には風神雷神像があります。

中央寺

あまり大きくありませんが左右に仏像が置かれているのがわかるかと思います。

中央寺 風神雷神像

中央寺 風神雷神像

ガラスの反射で見辛いですが、実際に見るともう少しはっきりと見えます。

中央寺

そして本堂

中央寺

雪が積もっている時の写真は元旦に撮影したものですが、大晦日こそ人が来ますが元旦になるとほとんど人は来ていません。

中央寺

大きな鐘もあります。

中央寺へは観光で行くべき?

特に仏教徒で信仰が深いということで無ければ見に行くことも無いと思いますが、先に書いた通りこの近くまで来たら正門と仁王像だけでも見て欲しいところです。

また毎日曜日、夏季は9時から冬期は9時30分から参禅会という座禅を行える会が行われています。参加費500円で約3時間ほど(座禅自体は30分前後)のお茶も出してもらえます。

すすきのではしゃぎすぎて反省したい時には参加してみるのも良いのではないでしょうか?

以上、中央寺についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

札幌への格安航空券情報

札幌(新千歳空港)への格安航空券はどこで購入するのが一番お得なのか?どこでも同じだと思っているとかなりの損をします。
お得に購入出来る格安航空券はズバリ!トラベリストです。具体的に紹介しているので、是非お得な航空券で札幌旅行を楽しんでください。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました