【新善光寺】札幌・すすきのにある大きなお寺

札幌 新善光寺 すすきのエリア

地下鉄「豊水すすきの駅」から地上に出ると長く続く塀に気が付きます。この長く続く塀の中にあるのが新善光寺です。

新善光寺なので長野県の善光寺信仰が元になっており浄土宗のお寺であり、札幌の五大寺院の1つにも数えられている100年以上の歴史を持つお寺です。

新善光寺へのアクセス方法と詳細

  • 住所:〒064-0806 北海道札幌市中央区南6条西1丁目
  • 電話番号:011-511-0262
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:参拝のみなら24時間
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:あり(法事等で使う場合のみ)
  • マップコード:9 493 190*28
  • 公式サイト

新善光寺へのアクセス方法・行き方

最寄りの駅は地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」です。

6番出口もしくは7番出口から出て徒歩1分です。

6番出口・7番出口から出たところにある交差点でぐるっと見回せばすぐに分かります。

札幌 新善光寺

上記の写真の通り、長い塀がすぐに視界に入り込み、迷うことなくたどり着けます。

地下鉄南北線「すすきの駅」からも徒歩5分程度・400メートルの距離です。

札幌 新善光寺

正門は閉じていることが多いので上記写真の左側に進み、角を曲がったところに別の入り口があるのでそこから入ります。

札幌 新善光寺

脇の入り口の横には上記の写真の案内板もあるのですぐにわかります。

新善光寺の様子

新善光寺の中に入るとまず最初に目につくのが鐘です。

札幌 新善光寺

立派な鐘があるのですぐに目に飛び込んできます。

札幌 新善光寺

大晦日にはこの鐘が近隣に鳴り響きます。

札幌 新善光寺

鐘の横には木々が多く生えているところがあります。

札幌 新善光寺

天然石慈母観音像と呼ばれる観音様が浮き上がった石

札幌 新善光寺

札幌 新善光寺

他にも仏像がひっそりと置かれています。

札幌 新善光寺

札幌 新善光寺

中に進んでいくと本堂が見えてきます。

札幌 新善光寺

まだ新しい本堂が見えてきます。

本堂の反対側には正門です。

札幌 新善光寺

再び本堂を見てみましょう。

札幌 新善光寺

札幌 新善光寺

右側から読むように「新善光寺」と掘られています。

札幌 新善光寺

本堂の前には枯山水的な庭も

札幌 新善光寺

本堂の裏側には宝塔と呼ばれる場所もあります。

新善光寺と言えば阿弥陀如来像

撮影は出来ていませんが、札幌の新善光寺と言えば阿弥陀如来像が有名です。

京都の護国寺から遷された仏像で当初は鎌倉時代のものと言われていましたが、後の調査の結果、平安時代後期の作ということで重要文化財クラスのものです。

重要文化財にしてしまうと管理が大変なため見送られましたが、中に入る機会があればぜひ見ておきたい仏像です。

新善光寺へは観光で行くべき?

特に仏教の信仰が厚い人でなければ行くべき場所でもありませんが、すすきのにこんな大きなお寺があるんだ~と思うこと間違いなしなので、軽く見てみるだけでも良いのではないでしょうか?

また子供向けの写経も行われており、近隣に住まわれているのであればお子さんを習字としても習いに行っても良いでしょう。

以上、新善光寺についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

日本全国から札幌までの移動手段

北海道・札幌に行きたいけど、自分の住んでいる都府県からどういう交通手段があって、どれぐらいの時間と費用がかかるのかな?と思った方へ。各都府県から札幌までの移動手段・移動時間・かかる費用をまとめたサイトを作りました。陸海空で分けて紹介しています。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました