【石川啄木の下宿跡】啄木の札幌在住時代に触れる

石川啄木像 札幌駅北口エリア

「石川啄木の下宿跡」は一部の札幌市のガイドブックで観光名所として掲載されている場所ですが、よほどの石川啄木マニア以外だとがっかりしてしまうスポットです。ただ石川啄木の頭部の銅像と簡単な説明が書かれているだけの場所です。

石川啄木の下宿跡について

石川啄木は2週間のみ札幌市に滞在したことがありました。その時に滞在した下宿のあった場所に記念して石川啄木の頭部の銅像が展示されています。ただそれだけの場所です。

当時の下宿の建物は現在は既になくビジネスビルがあるだけです。

石川啄木の下宿跡へのアクセスと営業時間

  • 〒060-0807 札幌市北区北区北7条西4丁目3
  • TEL:011-757-2407(札幌市北区市民部地域振興課)
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 見学時間:24時間
  • 定休日:なし
  • 駐車場なし
  • マップコード:9 552 008*80

最寄駅は、JR札幌駅・地下鉄札幌駅で駅から徒歩3~5分ほどの距離にあります。

ヨドバシカメラがある交差点でヨドバシカメラから石川啄木の下宿跡を見た時の様子が下記の写真です。

SAPPORO CREST BLDG(札幌クレストビル)と書かれたビルがあり、その入口の右側に静かに石川啄木の頭部銅像が佇んでいます。

上記の写真のものがあるだけです。以上、お終いといった感じです。

石川啄木の下宿跡の観光おすすめ度はどれくらい?

特に観に行く必要性もありません。近くを通ったら見ておくか・・・程度で良いと思います。これは観光スポットというよりは、石川啄木が札幌市に滞在したことを記念して建てた記念碑と考えた方が良いでしょう。こういう記念碑は日本中に何千・何万とあるので特に気にしなくても良いでしょう。

石川啄木 下宿跡 近隣の観光スポット

石川啄木 下宿跡と合わせて行きたい観光スポットは下記のところがあります。

【清華亭】明治時代に建てられた和洋折衷の建物
清華亭は、1880年(明治13年)に開拓使(明治時代にあった日本の官庁)により作られ、1881年(明治14年)、明治天皇の休憩所となった建物です。1961年、札幌市の有形登録文化財に指定されました。
北海道大学の観光スポットと巡り方!おすすめコースも紹介
北海道大学は札幌駅からも近く見どころも多い観光スポットです。ただしその広さは約177平方米と東京ディズニーリゾートとほぼ同じ広さがあります。効率的に回らないと10キロ近く歩くことになり1日では周りきれないことにも成りかねません。この記事では北海道大学の押さえておきたい観光スポットとおすすめの巡り方(コース)を紹介していきます。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

札幌への格安航空券情報

札幌(新千歳空港)への格安航空券はどこで購入するのが一番お得なのか?どこでも同じだと思っているとかなりの損をします。
お得に購入出来る格安航空券はズバリ!トラベリストです。具体的に紹介しているので、是非お得な航空券で札幌旅行を楽しんでください。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました