【札幌中心部を4時間】徒歩で移動しながら定番スポット4ヶ所を巡る観光モデルコース

大通公園 半日コース

札幌駅から徒歩圏内の観光名所を4時間でさくっと観光したいという方に定番の観光スポット3ヶ所を巡る観光モデルコースを紹介します。

なお4時間ほど立ちっぱなしになるので脚力に自信の無い方には少々きついかもしれません。

札幌駅発4時間で巡る観光モデルコース

出発は札幌駅前から

赤レンガ庁舎→大通公園→さっぽろテレビ塔→札幌市時計台、そして札幌駅に戻るルートです。

4時間で札幌市の3つの観光スポットを巡る流れ

大雑把な流れは上記の図の通りです。

施設の見学で説明のパネルをあまり読まない・見ないという人だと時間があまりますが、パネルをしっかりと読むという人だと時間が足りなくなるかもしれません。

また写真撮影に時間をかける人だと外観を見るだけで時間が過ぎるかもしれません。

札幌駅から赤レンガ庁舎まで

札幌駅を出発、最初に国の重要文化財にもなっている北海道庁旧本庁舎(通称:赤レンガ庁舎)を目指します。

札幌駅と大丸

札幌駅は大丸側の出口から出てください。

札幌駅前

上記写真の場所に出ます。正面に中央分離帯のある道が見えてくるので信号を渡りまっすぐ進みます。

なお右側の歩道を歩くようにしてください。上記の写真だと右側の横断歩道を渡ります。北洋銀行側です。

そのまままっすぐ300メートルほど歩いていくと右手にイチョウ並木が見えてきます。

イチョウ並木の突き当りが赤レンガ庁舎・北海道庁旧本庁舎です。

まだわかりにくい場合は下記動画をご覧ください。

JR札幌駅を出てから赤れんが庁舎までのタイムラプスムービーです。

北海道庁旧本庁舎を見学

赤レンガ庁舎は1969年に国の重要文化財にも指定されている北海道を象徴する建造物の1つです。中は無料で見学出来ます。

概ね札幌駅からここまでで10分弱、赤レンガ庁舎の見学を50分程度行います。

2019年後半より耐震工事のため3年ほど見られなくなります。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

  • 住所: 〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
  • 電話:011-231-4111
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 館内見学時間:8:45~18:00
  • 正門開閉時間:7:00~21:00(イベント時は延長あり)
  • 定休日:年末年始と一部イベント時
  • 入館料:無料
  • 駐車場:なし(近隣に有料駐車場あり・ただし満車が多い)
  • マップコード:9 522 362*30

館内には北海道博物館の別館もありゆっくり見学しようとすると時間がかかります。

中を軽く見るだけなら20分もかかりませんが説明のパネルまでしっかり読むと1時間以上はかかります。時間が無い時はある程度は割り切ってみることも大切です。

赤レンガ庁舎から大通公園まで

赤レンガ庁舎を見終わった後は再びイチョウ並木を抜けて来た道に戻り今度は札幌駅とは反対方向に向かいます。

5分くらい歩いてくると上記の写真の左に見えるビル(進行方向からは右に見えるビル)が見えてきます。1階が「白い恋人」で有名なISHIYAです。そして目の前が大通公園です。

右上の方向に「こちら側から来る」と書いてある通り、その方向から大通公園に入って来るので、信号を渡りテレビ塔が見えるのでテレビ塔方面に歩いていきます。

札幌 大通公園を軽く散策

大通公園は札幌市の中心部に位置し年間を通じて多くのイベントが行われ多くの観光客が来る人気の観光スポットです。

特に2月に行われる「さっぽろ雪まつり」には200万人近い人が訪れる北海道最大のイベントです。

今回の観光コースでは大通公園の3丁目から1丁目までを軽く散策します。

大通公園は東西に長い公園で1丁目から13丁目(13丁目は厳密には公園ではありませんが)まであり、1周すると3キロ以上を歩くことになり、見学時間と含めると最低でも1時間はかかります。

時間に余裕がある時は大通公園の散策もおすすめです。

大通公園3丁目からさっぽろテレビ塔のある1丁目までは約350メートル、徒歩5分くらいです。5分間ですが大通公園の散策を楽しみましょう!

晴れた日ならさっぽろテレビ塔をバックに記念写真を撮るのも良いですよ。多くの観光客がこの辺りで記念写真を撮っています。

そして、テレビ塔に到着

さっぽろテレビ塔を見学

さっぽろテレビ塔は札幌の中心にある展望スポットです。最近は周りにさっぽろテレビ塔よりも高いビルが立ち並んできており存在感はやや薄くなってきていますが、大通公園とその先の大倉山ジャンプ場までを綺麗に見られるのはここだけ!

是非展望台に上がって札幌の様子を見てください。

  • 〒060-0001 北海道札幌市中央区大通西1丁目
  • TEL:011-241-1131
  • 観覧時間:9:00~22:00(最終入場21:50)(大通公園大型イベント時は22:30まで営業)
  • 観覧料:大人720円・高校生600円・中学生400円・小学生300円・幼児(3歳以上)100円
  • 公式割引チケットはこちらをクリック
  • 休館日:1月1日及び設備点検日(年2日・4月頃と11月頃)
  • 駐車場:無し・近隣に有料駐車場あり(ただし満車が多い)
  • マップコード:9 523 036*87

さっぽろテレビ塔について詳しく知りたい場合は下記の詳細記事をご覧ください。

テレビ塔で約60分の鑑賞タイムです。

さっぽろテレビ塔の展望室からの眺めは晴れていると山並みが綺麗に見えます。

さっぽろテレビ塔で札幌市時計台との共通チケット(800円)が販売されているので札幌市時計台も見る場合は共通チケットを購入しておくことをおすすめします。

さっぽろテレビ塔鑑賞が終わった後は来た道(大通公園)を少し戻ります。

大通公園から札幌市時計台へ

さっぽろテレビ塔から札幌市時計台へ移動します。

1度信号を渡り、大通公園の2丁目にある壁泉と呼ばれる壁から水が流れるところを通っていきます。

ここは大通公園2丁目という場所ですが、次の交差点を右に曲がります。

そのまま3分ほど進むと札幌市時計台が見えてきます。

札幌市時計台を見学

札幌市時計台は国の重要文化財にも登録されている建物です。

  • 〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西2丁目
  • TEL:011-231-0838
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 観覧時間:8:45~17:10(入館は17時まで)
  • 観覧料:大人200円・高校生以下無料
  • 休館日:1月1日~1月3日
  • 備考:2018年6月1日~2018年10月31日まで改修工事のため休館
  • 駐車場:無し・近隣に有料駐車場あり(ただし満車が多い)
  • マップコード:9 522 206*02

中には多くの資料が展示されておりゆっくり見ると時間がかかるので注意してくださいね。

ここで同じく60分ほどの鑑賞時間です。

札幌市時計台から札幌駅へ

終わったら今度は来た道と反対方向に進んでいくと札幌駅に到着します。

概ね、これで4時間くらいの時間になります。

鑑賞・見学時間を少し減らせば食事を摂る時間も出来るでしょう。

まっすぐ進むと「札幌エスタ」という駅ビルに到着するので10階にある「らっきょ」というスープカレーのお店がおすすめです。

スープカレーは札幌名物、札幌に来たのなら食べておきたいグルメです。

以上、札幌中心の定番中の定番である観光スポット4ヶ所を4時間ほどで周る観光モデルコースでした。

時間が余った場合や余裕がある場合

もし札幌駅について時間的に余裕がある場合は、JRタワー展望室 T38がおすすめです。

札幌市内の建物タイプの展望台では最も見晴らしが良い展望スポットです。

札幌市内の観光スポットは他にも数多くあります。

時間に余裕があれば他にもいろいろ周ってくださいね!

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

日本全国から札幌までの移動手段

北海道・札幌に行きたいけど、自分の住んでいる都府県からどういう交通手段があって、どれぐらいの時間と費用がかかるのかな?と思った方へ。各都府県から札幌までの移動手段・移動時間・かかる費用をまとめたサイトを作りました。陸海空で分けて紹介しています。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました