【札幌市天文台】中島公園の中にある無料で星や太陽を見せてもらえる天文台

札幌市天文台 中央区

札幌市天文台は中島公園の中にある天文台で口径20cmの屈折望遠鏡から天体観測を行っています。

普段は無料開放され、昼間だと太陽の黒点等を見せてくれたり、夜であれば火星や木星、月等も見せてくれる施設です。

中島公園に行く時は是非立ち寄って欲しいスポットです。

札幌市天文台へのアクセス方法と詳細

  • 住所:〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1-17
  • 電話番号:011-511-9624
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 開館時間:10:00~12:00/14:00~16:00 他夜間観測日もあり
  • 定休日:月曜日・火曜日午後・祝翌日・年末年始
  • 入場料:無料
  • 駐車場:なし
  • マップコード:9 462 142*53
  • 公式サイト(札幌市青少年科学館内コンテンツ)

札幌市天文台へのアクセス方法・行き方

豊平館の最寄り駅は地下鉄南北線「中島公園駅」3番出口、もしくは札幌市電「中島公園通駅」となります。

札幌駅から向かう場合は地下鉄南北線「札幌駅」から3つ目の駅です。

若干、市電「中島公園通駅」の方が近いですが市電駅近郊に住む人以外だと市電への乗り換えに手間がかかるため、地下鉄の中島公園駅から向かう方が便利です。

中島公園駅からは徒歩約5分、400メートルほどの距離です。

中島公園駅3番出口

中島公園駅の3番出口は中島公園内にあり、上りのエスカレーターもあるためアクセスも楽です。

なお駐車場は無いため近くの有料駐車場を使うことになりますが、駐車場からよりも中島公園駅からの方が近くて便利です。

また札幌市天文台は豊平館と札幌コンサートホールKitaraの中間くらいにあります。

札幌市天文台の様子

札幌市天文台

札幌市天文台は中島公園の中で少し小高い丘の上にありわかりやすい場所にあります。

札幌市天文台

中島公園を普通に歩いていても、普通に気づくことが出来ますし、公園内に案内板もあり、迷うことはありません。

札幌市天文台

入り口には夜間公開日の予定表があります。公式サイトでもその日程は書かれているので、現地に行かなくてもわかりますよ。

ただし、夜間公開日でも気象条件が悪い時は中止になったり、星空についての解説や質問対応に変わることもあります。

札幌市天文台

そして中に入ると中央に望遠鏡が。

中は10人も入ればいっぱいになるあまり広くない広さです。

札幌市天文台

札幌市天文台

壁面にはスタッフの方が撮影した星空の写真が展示されています。

札幌市天文台

スタッフの方の対応はとても親切丁寧ですので、安心していろいろと質問も出来ます。

お子さんと一緒に来ても楽しますよ。

札幌市天文台

冬の夜の天体観測に参加する時は非常に寒いので厚着で行くようにしてください。

札幌市天文台

日中では見られない星を夜なら観測出来るので夜の方が楽しめます。

以上、札幌市天文台についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

札幌への格安航空券情報

札幌(新千歳空港)への格安航空券はどこで購入するのが一番お得なのか?どこでも同じだと思っているとかなりの損をします。
お得に購入出来る格安航空券はズバリ!トラベリストです。具体的に紹介しているので、是非お得な航空券で札幌旅行を楽しんでください。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました