【サッポロテイネ】手稲山に広がる札幌市で一番人気のスキー場

手稲区

サッポロテイネは、札幌市で一番人気のあるスキー場です。毎年1シーズンで100万人もの人がスキーやスノーボードを楽しむためにやってきます。

広大なスキー場で初心者から上級者まで楽しめ、日本人だけではなく海外からもスキーに訪れる人もいます。

サッポロテイネ 詳細

  • 住所:〒006-0029 北海道札幌市手稲区手稲本町593 等
  • 電話番号:011-682-6000
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:9:00~21:00(ゴンドラによっては15:30まで)
  • 営業期間:例年11月中旬~5月上旬まで(4月以降は春スキー)
  • 定休日:スキーシーズン中は無休
  • 入場料:無料(リフト等は有料)
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:493 355 228*63
  • 公式サイト:サッポロテイネ

サッポロテイネの料金

時期によりリフトの価格が変わるため公式サイトで確認ください。

サッポロテイネは大きく3ブロックにわかれる

公式サイトを見ると「ハイランドゾーン」と「オリンピアゾーン」の2つに分けられていますが、オリンピアゾーンが更に2つに分かれます。

この分け方はサッポロテイネのバス停の位置(駐車場の位置)です。

  • 聖火台スキー場前
  • テイネオリンピア前
  • テイネハイランド前

の3つのバス停があり、一部例外コースもありますが、

  • お子さんと楽しむのであれば聖火台スキー場前
  • 初心者から中級者であればテイネオリンピア前
  • 中上級はテイネハイランド前

で降りてスキーを楽しむのが一般的です。

なおこの3つのバス停を巡回するバスも出ています。

サッポロテイネ

よくわからない場合は、最初にテイネオリンピアで下りるのが良いでしょう。

サッポロテイネへのアクセス方法・行き方

サッポロテイネへは車かバスで行くことになります。

自家用車・マイカーでの行き方・アクセス方法

サッポロテイネ

車で向かう場合は、カーナビにて電話番号やマップコードで検索してもらえれば問題なくたどり着けます。

ただし一部のカーナビでは冬季閉鎖の道を案内することもあります。

サッポロテイネの道注意点

Google Mapでも2通りのルールが表示されることがあります。札幌市街地から向かってきて奥のルートは冬季閉鎖となる道なので、必ず「手稲IC」側の道で行くようにして下さい。

バス・公共交通機関でのアクセス方法・行き方

公共機関で行く場合はJR札幌駅からJR函館本線「手稲駅」で下車、手稲駅からJR北海道のバスで向かいます。

手稲駅からサッポロテイネまでは約16分と近くです。

JR札幌駅からJR手稲駅までは快速で約9分ですから乗り換え時間を含めて1時間かからずに到着することも出来ます。

サッポロテイネの様子

オリンピアゾーン

サッポロテイネ

3つのバス停の中央にあるテイネオリンピアのオリンピアスキーセンターでリフト券を購入したりレンタルスキーを借りることが出来ます。

サッポロテイネ

平日でもかなりの人が来ていますが半数近くは近くの小中学校のスキー授業で来ている子どもたちです。

サッポロテイネ

なおテイネオリンピアから「エイトゴンドラ」に乗って「テイネハイランド」まで行くことも可能です。

リフトはスキーやスノーボードをする人しか乗ることは出来ませんが「エイトゴンドラ」はスキーをしない人でも乗ることが出来ます。

ハイランドゾーン

サッポロテイネ ハイランドスキーセンター

ハイランドエリアに行く場合は、上記写真のハイランドスキーセンターの中を通っていくのが一般的です。

サッポロテイネ

ゲレンデからは晴れていれば手稲山の山頂が綺麗に見えます。

サッポロテイネ

ハイランドエリアにも初心者コースはあるので初心者と上級者で来るのならハイランドエリアが良いかもしれません。

オリンピアゾーン オリンピアスキーセンター

サッポロテイネ

オリンピアゾーンの中心にあるのがオリンピアスキーセンターです。

サッポロテイネ

中に入るとスキースクールやレンタルスキーの申込書の記入コーナーがあります。

サッポロテイネ

スキーのグッズも販売しているショップもあります。

サッポロテイネ

また奥にはレストラン「ウル」もあります。

ハイランドゾーン スキーセンター

サッポロテイネ

ハイランドゾーンの中心であるスキーセンターも施設は充実しています。

サッポロテイネ

1階にはスキーレンタルコーナー

サッポロテイネ

ロッカールームや更衣室もあります。

サッポロテイネ

エスカレーターで2階へ上がるとショップもあります。

サッポロテイネ

そして3階にはレストランもありますよ。

サッポロテイネ

サッポロテイネ

レストラン自体がかなり広いですが、それでも週末はかなり混雑します。

サッポロテイネ

サッポロテイネ

レストランのメニューです。

サッポロテイネ

北海道ならではのメニューもありますよ。

手稲橋からの眺めもおすすめ

帰りにバスの中や助手席の人は手稲橋からの景色も楽しんでください。

サッポロテイネ

手稲橋からの景色はおすすめの展望スポットです。

もちろん晴れた日なら手稲山山頂からの景色の方が圧倒的ですが、スキーはしないけど付き添いで行ったという人ならここからの景色を楽しんでください。

サッポロテイネ

石狩湾を望む雄大な景色を見ることが出来ますよ。

以上、サッポロテイネについてでした。

札幌市内のスキー場一覧へ

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

札幌への格安航空券情報

札幌(新千歳空港)への格安航空券はどこで購入するのが一番お得なのか?どこでも同じだと思っているとかなりの損をします。
お得に購入出来る格安航空券はズバリ!トラベリストです。具体的に紹介しているので、是非お得な航空券で札幌旅行を楽しんでください。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました