【パンオトラディショネル(Pain au Traditionnel)】円山にある人気のパン屋さん

パン・オ・トラディショネル パン

パンオトラディショネル(Pain au Traditionnel)は、円山公園駅に直結しているマルヤマクラスにあるとても美味しいパン屋さんです。

天然酵母を使って低音長時間発酵させたハード系のパンが人気で札幌大丸や東京等にも出店をしています。

でも1号店は札幌の円山であり札幌起点のパン屋さんです。

1号店である円山本店では、カフェが併設されランチ営業もしておりパン食べ放題が人気となっています。

パン・オ・トラディショネル 円山本店の詳細とアクセス方法

パン・オ・トラディショネルは札幌で2店舗ありますが、本店である円山本店について説明していきます。

  • 住所:〒064-0801 北海道札幌市中央区南1条西27丁目1-1 マルヤマクラス1F
  • 電話番号:011-688-6201
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:9:00~20:00(カフェLO19:00)
  • 定休日:マルヤマクラスの休館日に準ずる
  • 駐車場:あり(有料 1000円以上お買上げで90分無料)
  • マップコード:9 488 318*80
  • 公式サイト:Pain au Traditionnel

パン・オ・トラディショネルへのアクセス方法・行き方

パン・オ・トラディショネルへは地下鉄が便利です。

地下鉄東西線「円山公園駅」6番出口に直結しているマルヤマクラスというショッピングセンターの1階にあります。

円山公園駅は大通駅から3つ目の駅で大通駅からの乗車時間は5分ほどです。

円山公園駅 6番出口

地下鉄構内からそのままマルヤマクラスに入り1階へと上がってください。

札幌でも人気の観光スポットである円山公園に行く途中に立ち寄ってパンを購入して円山公園でいただくというのもおすすめです。

自動車の場合はマルヤマクラスの駐車場を利用可能です。駐車場は有料で20分100円となっています。

ただし

  • 1店舗1000円(税込)以上お買上げで90分無料
  • 1店舗2000円(税込)以上お買上げで3時間無料
  • レシート合算不可

となっているので少しパンを多めに購入すれば駐車場代は無料となります。

パン・オ・トラディショネル店内の様子

パン・オ・トラディショネル

パン・オ・トラディショネルはマルヤマクラスという商業施設の中にあり、同じフロアにはイオングループのマックスバリュもあります。

パン・オ・トラディショネル

店内に入ると手前にパンを販売しているコーナーがあり、その奥がカフェスペースとなっています。

パン・オ・トラディショネル

カフェスペースは道路に面しており、店内は自然の採光でも明るくなっています。

パン・オ・トラディショネル

パンのコーナーは中央の平台と壁側にパンが並べられています。

パン・オ・トラディショネル

どのパンも非常に美味しそうで、どれを購入するか悩んでしまいます。

でもそんな時は人気のパンを選ぶのがおすすめ!外れがありません。

パン・オ・トラディショネル クロワッサン

当店人気 第1位から第5位までPOPがついているので、人気のパンを選ぶことが出来ます。

円山本店人気1位はクロワッサンです。

パン・オ・トラディショネル バゲット

パン・オ・トラディショネル 食パン

ただし2位と4位のバゲットと食パンはどちらかと言えば持ち帰り用で家で一度トーストして食べるのがおすすめなので1・3・5位のパンを購入してみるのがおすすめです。

パン・オ・トラディショネル ザマンド

3位はザマンドという、クロワッサンにアーモンドクリームを挟みシロップをつけて焼き上げたパンです。感想は後半にて。

パン・オ・トラディショネル はちみつオレンジ

5位ははちみつオレンジというパンです。

パン・オ・トラディショネル

他にも美味しそうなパンが数多くあります。

パン・オ・トラディショネル

シナモンロールやショソンポム(アップルパイ)といった定番のパンもありますよ。

パン・オ・トラディショネル

ただ人気のパン以外にも目移りしてしまうのが難点です。どれも本当に美味しそうだから。

パン・オ・トラディショネル

ハード系のパンがメインですがコッペパンもありました。

パン・オ・トラディショネルのランチ

上記写真はクリックで拡大します。

パン・オ・トラディショネルは11時から15時がランチタイムを行っており、ランチセットは1080円でスープとサラダ、ドリンク、そして食べ放題のパンがセットになっています。

パン・オ・トラディショネル

スープは時期によって変更になることもありますが、この時はクラムチャウダーでした。

パン・オ・トラディショネル

食べ放題となるパンは日によって異なりますが5、6種類のパンが用意されていて最初はそれぞれのパンを入れて持ってきてくれて、その後は食べたいパンを選んでおかわりしていくことになります。

パン・オ・トラディショネル

寒い日でも温かいスープを飲めま身も心も暖まります。

パン・オ・トラディショネルのパンの評価

パン・オ・トラディショネル

実際に店舗でのランチも食べて、いくつかパンを購入してきて自宅でも食べました。

パン・オ・トラディショネル

人気No.1のクロワッサンはバターの風味がとても強く甘みが口の中に広がり、口の中が幸せになります。

これが人気No.1というのも納得です。

パン・オ・トラディショネル

人気No.2のバゲット

パン・オ・トラディショネル

自宅で切るのが難しい場合は切ったものも販売されています。

パン・オ・トラディショネル

軽くトーストしてそのまま食べても美味しいのですが、チーズを載せてトーストするとパンの甘みとチーズの塩っ気がちょうど良い味わいとなり更に美味しくなります。

パン・オ・トラディショネル ザマンド

人気No.3のザマンドは周辺がクッキー生地っぽくなってそれが凄く美味しい!

パン・オ・トラディショネル ザマンド

ハード系ではなく菓子パンとして美味しくいただけます。

パン・オ・トラディショネル

人気No.4の角食パンはもちもちふわふわの食感ですが、トーストすると表面がサクっとなってより美味しくいただけました。

パン・オ・トラディショネル はちみつオレンジ

人気No.5のはちみつオレンジはオレンジピールがパンに入っていてオレンジの風味が一層食欲を増す一品です。

ハード系のパンかと思いきや表面はパリパリで中はもちもちでそのミスマッチが美味しさの秘密となっています。

パン・オ・トラディショネル

シナモンロールはとても甘そうに見えますが、甘いです。

これも美味しいのですが、個人的にはもう少しシナモンの風味が聞いている方が好みでした。

パン・オ・トラディショネル

パンオショコラは中にチョコレートが入ったクロワッサンです。

パン・オ・トラディショネル

ただチョコレートの量が少し少ないのが残念なところですが、とても美味しくなっています。

全体的にはとても美味しくおすすめのパン屋さんです。

パン・オ・トラディショネルへ行こう!

パン・オ・トラディショネル

円山というパン屋激戦区にあり恐らくもっともお客さんが来るパン屋さんです。

立地が良いということもありますが、いくら立地が良くても美味しくなければ売れないのがパン屋さんであり、円山というエリアです。

是非、円山に行くことがあれば立ち寄って欲しいお店の1つです。

以上、パン・オ・トラディショネルについてでした。

関連記事

【円山公園】広大な敷地と自然豊富で桜の名所にもなっている観光スポット
札幌の中心部からもほど近くアクセスも良い公園として人気の円山公園、動物園や北海道最大の神社「北海道神宮」もあり多くの人が年間を通じて遊びにきます。また春は桜の名所にもなっており桜の時期ともなれば花見で多くの人がやってくる人気のお花見スポットにもなっています。そんな円山公園へのアクセス方法やどういう施設があるのかどんな動物や野鳥が見れるのか詳しく解説していきます。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

おすすめ情報

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

札幌中心部 観光スポット

エリアを(クリック)タップでそのエリアの観光スポット詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

札幌市各区 観光スポット

区名クリック(タップ)で観光スポット詳細に移動します

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区