札幌駅・大通駅付近から、もいわ山ロープウェイ&藻岩山展望台(山頂駅)へのアクセス方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
もいわ山ロープウェイ中央区

もいわ山に行きたいけど、アクセス方法が今ひとつよく分からないという方へ、藻岩山へのアクセス方法をまとめました。

公共交通機関で向かう場合・自家用車・レンタカーで向かう場合、ともに詳しく解説していきます。

藻岩山及びもいわ山ロープウェイへのアクセス方法と詳細

藻岩山は札幌市中央区と南区をまたぐ山です。ロープウェイ乗り場が中央区側にあるためこのサイトのカテゴリーでは中央区にしています。

藻岩山の山頂に行く方法は大きく分けて2つです。

  • もいわ山ロープウェイ及び「もーりすカー」に乗って山頂展望台に行く
  • 車で藻岩山観光自動車道で藻岩山中腹まで行き徒歩か「もーりすカー」で山頂展望台に行く

つまりロープウェイを使うか有料道路を使うかの2択となりますので、それぞれの場合のアクセス方法を説明していきます。

もいわ山ロープウェイへのアクセス方法と詳細

  • 住所:〒064-0942 北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7
  • 電話番号:011-561-8177
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 夏季営業時間:10:30~22:00(上り最終21:30・4/1~11/30)
  • 冬期営業時間:11:00~22:00(上り最終21:30・12/1~3/31)大晦日・元旦は異なる
  • 定休日:無し(ただし11月初旬から中旬は設備点検のため休業)
  • ロープウェイ料金:別途
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:9 400 432*08
  • 公式サイト

もいわ山のロープウェイは「もいわ山山麓駅」から「もいわ中腹駅」までがロープウェイで「もいわ中腹駅」から「もいわ山山頂駅」までが「もーりすカー」というケーブルカーで向かうことになります。

もいわ山ロープウェイの料金

もいわ山ロープウェイの料金は下記の通りです。

券種大人小人
(小学生以下)
ロープウェイ
+もーりすカー 往復
1700円850円
ロープウェイ
+もーりすカー 片道
900円450円
ロープウェイのみ往復
(中腹駅まで)
1100円550円
ロープウェイのみ片道
(中腹駅まで)
600円300円
もーりすカーのみ往復
(中腹駅-山頂駅)
600円300円
もーりすカーのみ片道
(中腹駅-山頂駅)
300円150円

他にもお得な乗車券があるので詳しくは公式サイトで確認してください。

なお、藻岩山展望台からの風景は昼間と夜、両方を見て欲しいところです。

昼間と夜、両方行く場合は年間パスポート(大人2800円・小人1400円)を購入した方がお得になります。

ロープウェイ乗り場にも駐車場がありますが、公共交通機関で向かう場合も比較的楽に向かうことが出来ます。

もいわ山ロープウェイへの行き方・地下鉄と市電で向かう場合

札幌駅から向かう場合、地下鉄南北線に乗り1つ目の駅である「大通駅」まで、大通駅からは地上に出て市電の「西4丁目駅」まで徒歩で移動します。

大通駅では10番出口から外に出ると西4丁目駅までは徒歩1分です。

大通駅10番出口

大通駅10番出口は上記の写真の通り。

ここを出ると写真左側にTSUTAYAの文字が見えますがTSUTAYA方面に歩いていくと交差点がすぐにあり交差点の中が西4丁目駅です。

市電には内回りと外回りがありますが、内回りに乗ります。市電は基本的に内回りと外回りで駅が少しズレていますがTUSTAYAの前ではなく少し先の内回りの西4丁目駅から乗ってください。

市電に乗ってロープウェイ入口駅まで、乗車時間や約22分です。

市電は概ね6分間隔(夜間はもう少し減ります)で来るので乗り逃しそうでも慌てなくて大丈夫です。

また交通系電子マネー(SuicaやPASMO、toica、ICOCA等)が市電で使えます。

大通駅(南改札口・ポールタウン前)から西4丁目駅までのタイムラプスムービーがあるのでご覧ください。

ロープウェイ入口駅について市電から降りると下記の景色が見えます。

市電ロープウェイ駅

写真右側に少し見えるオレンジっぽい黄色っぽい建物の前がもいわ山ロープウェイまでの無料シャトルバス乗場になるので信号を渡り向かいます。

もいわ山ロープウェイシャトルバス

無料シャトルバスは15分間隔で出ています。バスに乗っている時間は5分もかかりません。

行きも帰りも出ているので安心してください。

ロープウェイ入口駅からシャトルバス乗場までのタイムラプスムービーがあるのでご覧ください。

なおバスが行ってしまったばかりの時はロープウェイの山麓駅まで歩いても良いかもしれません。

無料シャトルバス乗場からロープウェイの出ている山麓駅までは徒歩約10分・距離にして約550メートルです。次のバスを待つよりは早く到着します。

もいわ山ロープウェイ山麓駅

札幌駅からこのルートでもいわ山ロープウェイ山麓駅に向かう場合、概ね1時間くらいです。

もいわ山ロープウェイへの行き方・地下鉄とバスで向かう場合

もし午前中に円山公園を見て午後に藻岩山に行くという場合は、円山公園駅からもいわ山ロープウェイ山麓駅までバスが出ているのでバスで向かうのもおすすめです。

円山公園駅のバス停

円山公園駅のバスターミナルから「循環円10」路線か「循環円11」路線で向かいます。

バスは概ね1時間に2~3本出ているので待っても20~30分程度です。円山公園に行く前にバスの時間をチェックしておけば時間を無駄にすることもありません。

札幌駅からこのルートでもいわ山ロープウェイ山麓駅に向かう場合、概ね1時間くらいです。

もいわ山ロープウェイ山麓駅の駐車場について

もいわ山ロープウェイ山麓駅に車で向かう場合、無料の駐車場があります。

山麓駅の少し手前の進行方向左側に駐車場はあります。

ロープウェイ乗り場の駐車場は休日だと満車になることがあるので注意してください。

もいわ山ロープウェイ駐車場

平日はガラガラなことが多いですが、行楽シーズンの休日は満車になることもあります。

藻岩山観光自動車道へのアクセス方法と詳細

自動車で藻岩山中腹まで向かうことも出来ます。その場合、藻岩山観光自動車道(有料道路)を通って向かいます。

なお冬期は閉鎖されているのでご注意ください。

  • 住所:〒005-0832 北海道札幌市南区北ノ沢1819-52
  • 電話番号:011-571-7131
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:10:00~22:00(入場は21:30まで)
  • 定休日:11月上旬から翌年4月上旬まで
  • 利用料:一般車660円・二輪車(125cc以上)320円
  • 駐車場:中腹駅にあり(約80台)
  • マップコード:9 308 866*56 (有料道路入口に設定)

カーナビを使う場合、マップコード対応のカーナビならマップコードの入力が便利です。

なお有料道路内はエゾリスやキタキツネ等の野生動物が飛び出すこともあるので、ゆっくり安全運転でお願いします。

中腹駅には駐車場がありますが、行楽シーズンだと満車になることがあります。

また中腹駅の駐車場が満車だと藻岩山観光自動車道の入口で入場がストップされます。

強風時、ロープウェイは動いてる?

年間で数日、強風のためにロープウェイの営業を中止しています。

夏場よりも冬から春にかけて止まることが多いようです。特に暴風雪の時は視界も無くなるため止まることが多いようです。

天気が悪い、風が強いと思った時は事前に動いているか確認されることをおすすめします。

公式サイトでも運行状況は掲載されているので事前に公式サイトで確認をしましょう!

藻岩山・ロープウェイと有料道路、どちらで行くのがおすすめ?

藻岩山の山頂に行く場合、ロープウェイで行くのが良いか有料道路で行くのが良いか悩むかもしれませんね。

特に北海道外から観光で来る方なら滅多に北海道・札幌には来ませんからより良い方を選びたいのは当然のこと。

ずばりおすすめはロープウェイです!

有料道路の方が安く山頂に行くことは出来ますし人数が増えれば増えるほど有料道路で向かう方がお得ではありますが、正直なところ有料道路の風景は他の都道府県の山間部の道とそれほど差が無いため、そんなに思い出に残らないでしょう。

でも、ロープウェイだと上っていく時に札幌市街地方面を見ているとぐんぐんと上がっていくにつれ広がる札幌市街地の景色や山の景色が美しく、きっと思い出にも残ると思います。

もいわ山ロープウェイ

眼下に広がっていく札幌の街、夜だと夜景がキラキラと広がっていきます。

何より旅行でロープウェイに乗るって非日常的で楽しくワクワクしますよね。

以上、もいわ山へのアクセス方法でした。


中央区
美瑛 青い池
北海道旅行ツアーを探す
北海道ツアーは自由に飛行機と宿、レンタカーを組み合わせられるパッケージツアーがお得です!
ホテルのベッド
ホテル予約の前に割引クーポンをチェック
宿泊予約サイトは宿泊予約がお得になるクーポンを配布していることが多いってご存知ですか?お得に泊まるための各宿泊予約サイトのクーポンコーナーへのリンク集です。事前に必ずチェックしてくださいね。
札幌&大通公園 観光・旅行情報ガイド サポカン

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

月別のおすすめ観光スポットを知る

札幌の観光スポットをエリアから探す

札幌の観光スポットを施設別に探す

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

タイトルとURLをコピーしました