【道の駅 風Wとままえ】読み方に迷う日帰り温泉・ホテル併設の道の駅

スポンサーリンク
迷った時は

TEL(スマホOK):0164-64-2810

マップコード:508 514 277*27

道の駅 風Wとままえ

道の駅 風Wとままえ(みちのえき ふわっととままえ)は、日帰り入浴も出来る温泉があるホテルが併設された、日本海側に建つ道の駅です。

足湯もあり無料で利用することが出来るので、オロロンラインをドライブ中に少し休憩したいな、という方におすすめとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

道の駅 風Wとままえの詳細・アクセス方法

  • 住所:〒078-3701 北海道苫前郡苫前町苫前119−1
  • 電話番号:0164-64-2810
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:7:00~22:00
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし(有料施設あり)
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:508 514 277*27
  • 公式サイト:道の駅 風Wとままえ

道の駅 風Wとままえへのアクセス方法・行き方

道の駅 風Wとままえへは、車が便利です。

札幌からは2時間30分から3時間くらい、距離にして約200km

旭川からは2時間くらい、距離にして約120kmです。

カーナビへは、電話番号やマップコード、施設名で検索してもらえれば設定出来ます。

公共交通機関の場合、札幌駅から沿岸バスの高速乗合バス「特急はぼろ号」に乗車、苫前上町で下車、そこから徒歩5分くらい、距離にして約400メートルです。

沿岸バスの高速乗合バス「特急はぼろ号」については公式サイトをご覧ください。

道の駅 風Wとままえの様子

「道の駅 風Wとままえ」はどう読めば良いんだろう?と思う人も多いと思いますが、「風=ふ W=わっと」で「ふわっととままえ」と読みます。

Wは、苫前町は風力発電が町のシンボルにもなっていることから風とW(ワット)を組み合わせた造語になっています。

道の駅 風Wとままえ

駐車場に車を停めて、館内へ

道の駅 風Wとままえ

ホテルも兼ねている道の駅です。

道の駅 風Wとままえ

中に入るとフロントがあります。

道の駅 風Wとままえ

フロントの前には日帰り入浴の券売機が設置されていました。

道の駅 風Wとままえ

フロントの前から日帰り入浴施設へと進むようになっています。

道の駅 風Wとままえ

フロントの反対側を見ると広い空間が広がっています。吹き抜けになっており、食事処や売店が並んでいます。

道の駅 風Wとままえ

地元の名産品をメインにお土産が購入出来るようになっています。

ロビーの横から外に出られるようになっており、外へ

道の駅 風Wとままえ

外に出ると広いバルコニーになっています。

道の駅 風Wとままえ

バルコニーの一角に足湯があり、無料で使えるようになっていました。

足湯の後ろには日本海が広がります。

道の駅 風Wとままえ

足湯のお湯は褐色の濁りとなっていました。

道の駅 風Wとままえ

利尻島(利尻山)と夫婦島(天売島と焼尻島)が晴れ渡った日であればここから見えるそうです。

道の駅 風Wとままえ

バルコニーの奥に階段があります。

道の駅 風Wとままえ

階段を上り終えたところにある建物

道の駅 風Wとままえ

ここから日本海をより高い位置から見ることが出来ます。

道の駅 風Wとままえ

反対側を見てみると「とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場」が広がります。

道の駅 風Wとままえ

バイクで来たのなら500円から利用かのうなフリーテントサイトです。

詳しくは下記をご覧ください。

オロロンラインの途中にある道の駅なので、ちょっと休憩をしたい時にはおすすめの道の駅です。

留萌振興局 観光スポット一覧へ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました