【金比羅神社】北海道初山別村にある海の中の鳥居が美しい金毘羅宮

スポンサーリンク
迷った時は

TEL(スマホOK):0164-67-2211

マップコード:692 513 401*84

金比羅神社

金比羅神社(北海道初山別村)は、鳥居が海の中にあり、時期によっては鳥居の中に沈む夕陽が見られることで、見に来る人も多い人気の神社です。

御朱印もいただけるので、御朱印巡りをされている方には密かに人気です。

なお第ニ鳥居と御朱印には「豊岬 金比羅宮」「金毘羅宮」と書かれており、金比羅神社なのか金毘羅宮なのか正確にはわかっていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金比羅神社の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒078-4431 北海道苫前郡初山別村豊岬
  • 電話番号:0164-67-2211
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:見るだけなら24時間(夜や冬場は危険)
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:692 513 401*84
  • 公式サイト:金比羅宮

金比羅神社へのアクセス方法・行き方

金比羅神社へは車が便利です。

  • 札幌からはおおよそ3時間~3時間30分、距離にして約226km
  • 旭川からはおおよそ2時間30分~3時間、距離にして約165km

となっています。

カーナビへの登録はマップコードが便利です。マップコード非対応の場合は、道の駅「ロマン街道しょさんべつ」を登録してもらい、道の駅の手前にある「初山別村オートキャンプ場のY字交差点を右折してください。

公共交通機関の場合、札幌からは、札幌駅前バスターミナルより沿岸バスの高速バス「羽幌号」に乗車、豊岬で下車、そこから徒歩20分くらいです。

なお羽幌号は手前の羽幌が終着の便もあるので注意してください。

詳しくは沿岸バスの公式サイトをご覧ください。

またはJR留萌本線「留萌駅」から沿岸バス「豊岬」または「岬センター前」で下車、そこから徒歩20分くらいとなっています。

金比羅神社の御祭神とご利益と由緒

金比羅神社 由緒

金比羅神社の御祭神

金比羅神社の御祭神は明確には説明されていませんが、四国の金毘羅宮の御札が流れてきたことに起因しているとされているので、四国(香川県)の金毘羅宮の御祭神とすると

  • 大物主命
  • 崇徳天皇

の2柱となります。

金比羅神社のご利益

金比羅神社が出来た経緯から考えると、海難除けにご利益があると考えられます。

一般的な大物主命のご利益は

  • 縁結び・恋愛成就
  • 子宝祈願・子授かり
  • 夫婦円満・家庭円満
  • 商売繁盛
  • 五穀豊穣
  • 金運上昇

となっています。

金比羅神社の由緒・歴史

明治40年頃、この浜に四国の金毘羅様の御札が流れ着いているのを奥瀬酉松という漁夫が発見しました。このままにしておいてはもったいないと思い海に戻したところ、翌朝また同じ場所に流れ着いていました。

こんなことが幾度か繰り返したがその都度同じ場所に流れ着いたので、何か不思議な縁があるに違いないと岩の上に小さな祠を建てて御札を祀りました。

この付近は何が高いところで幾度かそう何千もありましたが、御札を祀ってからはほとんどなくなり、いつか誰云うことなくこの岬を「金比羅岬」と呼ぶようになりました。

と入口にある看板に説明がされています。

明治40年は西暦1907年ですから100年以上前からある神社となります。

金比羅神社の様子

豊岬 金比羅神社

金毘羅宮の入口となる第二鳥居の後ろには日本海が広がります。

豊岬 金比羅神社

金比羅神社としていますが、鳥居には「豊岬 金比羅宮」と書かれています。

豊岬 金比羅神社

金比羅宮の横はキャンプ場となっており、炊事場となる水道が用意されています。

豊岬 金比羅神社

鳥居を超えて歩いていくと、本来の鳥居が見えてきます。

海の中に台座に乗って建っているのがわかります。

豊岬 金比羅神社

鳥居の正面に立つと鳥居の赤と鳥居の後ろに広がる日本海の青と青い空のコントラストが非常に美しく見えます。

豊岬 金比羅神社

鳥居から振り返ってみると岩山に張り付くように建っている鳥居が見えます。

豊岬 金比羅神社

崩れかけの階段の上に鳥居があり、その奥に小さな祠があります。

豊岬 金比羅神社

小祠と海の鳥居の位置関係は上記の写真の通りです。

海の中に建つ鳥居の奥にそのまま小祠があるのがわかります。

豊岬 金比羅神社

近づいて見ていると鳥居には○の中に金と書かれているのがわかります。

豊岬 金比羅神社

階段を上り参拝です。

豊岬 金比羅神社

振り返って見てみると美しい鳥居と海が広がります。

豊岬 金比羅神社

小祠は石で作られたものです。

豊岬 金比羅神社

奉納と書かれた碑もあります。

豊岬 金比羅神社

階段の下には洞穴のようになっています。

豊岬 金比羅神社

その中には仏像が置かれていました。神仏混合の影響かまた別の意味で置かれているのかわかりませんが、神や仏に荒れ狂う海を沈めてもらえるよう、お願いしたのだろうと予想出来ます。

金比羅神社の御朱印

  豊岬 金比羅神社

豊岬 金比羅神社は神職の方がいない神社ですが、すぐ上のみさき台公園にある「しょさんべつ温泉 ホテル 岬の湯」のフロントで御朱印をいただくことが出来ます。

管理は近くの豊岬稲荷神社が行っているようです。

御朱印の初穂料は300円くらいから、お気持ちで・・ということになっています。

なお御朱印はあくまでも配布なので御朱印帳に記帳はしてもらえないのでご注意下さい。

金比羅神社へ行こう!

豊岬 金比羅神社

金比羅神社のある初山別村は留萌と稚内の中間くらいにある村です。

ちょうどオロロンラインを留萌からスタートした時の中間地点にあるので休憩をするのに良い場所です。

豊岬 金比羅神社

すぐ近くにはみさき台公園もあり、レストランもあるので休憩や食事をするのにも適しています。

またコンビニでお弁当を買ってきて海を見ながら食べるのも良いでしょう。

近くに来られた時は是非とも、立ち寄ってくださいね。

以上、金比羅神社についてでした。

初山別村 観光スポット一覧へ

留萌振興局 観光スポット一覧へ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました