オホーツク総合振興局エリア 観光スポット情報(網走・紋別・北見・知床 等)

オホーツク総合振興局エリア

オホーツク総合振興局は流氷やクリオネが見られるスポットとして人気のエリアです。また知床半島の半分もこのエリアとなっています。

市町村は、北見市 /網走市 /紋別市 /美幌町 /津別町 /斜里町 /清里町 /小清水町 /訓子府町 /置戸町 /佐呂間町 /遠軽町 /湧別町 /滝上町 /興部町 /西興部村 /雄武町 /大空町 の18市町村で構成されています。

オホーツク総合振興局エリアの面積は10,690km2、岐阜県(都道府県面積第7位・10,621km2)や秋田県(都道府県面積第6位・11638km2)と同じくらいの広さとなっていますが、高速道路が無いため1日で全部を見よう!と思うのは無謀です。

有名な観光スポットだけを10程度選んで見るにしても3泊4日でもきつくなっています。

オホーツク総合振興局

東京-大阪間でもっとも長く感じる静岡県ですら面積は7777km2で東名高速で走る距離は200kmほどです。

雄武町から斜里町の中心まで約250kmもありすべて一般道のみですから移動にどれだけ時間がかかるか想像出来ますよね。特に冬場であれば凍結したり雪で凸凹になった道になりますから更に時間がかかります。

欲張りにいろいろと見ようとせず、ポイントを絞り余裕を持って見るようにしてくださいね。

紋別市の観光スポット情報

紋別のカニ爪

オホーツク総合振興局で第3位の人口の紋別市。冬は流氷砕氷船ガリンコ号で有名な街です。毛ガニやホタテ等の海の幸が名物。

網走市の観光スポット情報

網走市は映画や流氷で有名な街。冬は流氷を見ることが出来る流氷観光船おーろらで賑わいます。海の幸も非常の美味しいところです。

斜里町の観光スポット情報

ウトロ

世界遺産知床の半分を占めるのが斜里町です。冬は流氷見学、夏は大自然を楽しむことが出来る北海道ならではの場所です。

滝上町の観光スポット情報

滝上町は紋別市から車で40分ほどの距離にある人口3000人弱の町です。童話村としてのまちづくりをすすめています。

湧別町の観光スポット情報

湧別町 サロマ湖

湧別町はオホーツク海に面し、北海道最大の湖サロマ湖の約1/3がある町です。ホッカイシマエビやホタテ・牡蠣が特産物になっています。