【羽幌フェリーターミナル】天売島・焼尻島への入口

スポンサーリンク
迷った時は

TEL(スマホOK):0164-62-1774

マップコード:508 729 250*84

羽幌フェリーターミナル

羽幌フェリーターミナルは、北海道の離島である天売島・焼尻島と北海道本土とを結ぶフェリーターミナルです。

船は自動車の輸送も可能な「おろろん2」と人のみが乗船可能な高速船「さんらいなぁ2」の2船が運航しています。

冬季はフェリーのみ1日1往復のみですが、繁忙期の夏場は1日6往復以上運航しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽幌フェリーターミナルの詳細・アクセス方法

  • 住所:〒078-4120 北海道苫前郡羽幌町港町1丁目51
  • 電話番号:0164-62-1774
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:出港1時間くらい前から到着30分後くらいまで
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:508 729 250*84
  • 公式サイト:羽幌フェリーターミナル

羽幌フェリーターミナルへのアクセス方法・行き方

羽幌フェリーターミナルへは、車が便利です。

札幌からは概ね3時間から3時間30分くらい、旭川からだと2時間15分から2時間30分くらいで到着します。

カーナビへは、マップコードか電話番号、施設名でヒットしますが古いカーナビ(2013年以前のもの)だと電話番号や施設名だと違う場所になる可能性があります。

公共交通機関の場合、札幌からは高速乗合バス「特急はぼろ号」に乗車、沿岸バス本社の「本社ターミナル」へ、そこから羽幌フェリーターミナルの羽幌港連絡バスに乗車、終点の羽幌港で下車、目の前が羽幌フェリーターミナルとなっています。

JR線を使う場合は、JR留萌本線「留萌駅」から定期連絡バスで沿岸バス本社の「本社ターミナル」へ、そこからは同じく羽幌港連絡バスを利用します。

羽幌フェリーターミナル

連絡バスは小型のバスでとても可愛らしい車体です。

羽幌フェリーターミナルの営業時間について

羽幌フェリーターミナルの営業時間は変動します。

繁忙期は朝7時くらいから夜7時くらいまでの営業時間となりますが、閑散期は朝8時30分くらいから14時くらいまでとなります。

これはフェリー及び高速船の出発30分前から到着30分後くらいまでの時間となっているためです。

浜のかあちゃん食堂の営業時間

浜のかあちゃん食堂

フェリーターミナル内にある食堂「浜のかあちゃん食堂」の営業時間は

  • 営業時間:8:00~14:00
  • 営業期間:ゴールデンウィークから8月下旬まで

羽幌フェリーターミナルの様子

羽幌フェリーターミナル

羽幌フェリーターミナルの前は駐車場になっています。繁忙期は満車になることもあります。

羽幌フェリーターミナル

ターミナルとなる建物はまだ新しく感じる綺麗なものです。2013年からの営業なので、それほど年数が経過していないためです。

羽幌フェリーターミナル

入口近くには「羽幌フェリーターミナル」と描かれています。

羽幌フェリーターミナル

中に入るとそれほどは広くないけど、30~50人くらいは待機出来るスペースがありました。

羽幌フェリーターミナル

入ってすぐ右側を見るとトドの剥製が。ちょっと怖いような可愛いそうな。

羽幌フェリーターミナル

そして乗船券売場がありますが、受付は乗船の30分前からとなります。

羽幌フェリーターミナル

左側には「羽幌町観光案内所」があります。時期によっては閉鎖されています。

羽幌フェリーターミナル

待合室の一角には沿岸バスのキャラクターの1人で羽幌沿岸フェリーをモチーフとした「観音崎 らいな」のパネルが置かれています。

羽幌フェリーターミナル

外に出るとタイミングによっては船が停船していることがあります。

羽幌フェリーターミナル

この時停船していたのは「さんらいなぁ2」という高速船です。

「観音崎 らいな」のイラストが船体に描かれています。なお沿岸バスのバスもほとんどが萌えっ子のイラストが描かれています。

羽幌フェリーターミナル

正面から見ると勇ましい姿の船です。

羽幌フェリーターミナル

後ろからみると観光船のようなイメージがあります。

浜のかあちゃん食堂

待合室の一角にある「浜のかあちゃん食堂」はコスパの良い食堂として人気です。

羽幌フェリーターミナル

甘エビの水揚げ高全国No.1の羽幌町らしく甘えび丼や時期によっては、天売島のウニなどが提供されています。

羽幌フェリーターミナル

ふぐ出汁の醤油ラーメン等の限定メニューがあることも。

きたる

羽幌フェリーターミナルから直線距離で100メートルほど、駐車場からは20メートルほどの距離にある「産直工房 きたる」では羽幌産の甘エビや海産物が販売されています。

きたるの営業時間は9:00~16:00まで、木曜日が定休日です。

羽幌フェリーターミナルは船に乗らない限り、行く人も少ないと思いますが、ターミナル内の食堂で食事をしたり、近くの「きたる」でお土産を購入することも出来ます。

近くを通った時は立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

以上、羽幌フェリーターミナルについてでした。

羽幌町の観光スポット 一覧へ

留萌振興局 観光スポット一覧へ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました