【おおば比呂司記念室】札幌ゆかりの漫画家・画家の作品を展示

おおば比呂司記念室 大通公園・テレビ塔エリア

おおば比呂司記念室は、大通公園の西端にある札幌市資料館の中にある記念室(美術館)です。

おおば比呂司氏は札幌出身の画家でありイラストレーターであり、漫画家でもあり、1995年に開館しています。

季節ごとに様々なテーマで約50~60点ほどの作品を展示してあり温かみのある作品を無料で見ることが出来ます。

おおば比呂司記念室の詳細とアクセス方法

  • 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西13丁目(札幌市資料館内)
  • TEL:011-251-0731
  • 観覧時間:9:00~19:00
  • 観覧料:無料
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)・12月29日~翌1月3日
  • 駐車場:なし
  • 最寄駅:地下鉄東西線 西11丁目駅 1番出口より徒歩5分
  • マップコード:9 490 658*21

おおば比呂司記念室へのアクセス方法

おおば比呂司記念室へは地下鉄が便利です。

地下鉄東西線「西11丁目駅」から徒歩5分くらいです。

大通公園の西端にあるので天気の良い日は大通駅から大通公園の中を散策しながら来るのがおすすめです。

札幌市資料館

上記の写真の建物は札幌市資料館で国の登録有形文化財にも登録されています。

この1階の左側におおば比呂司記念室はあります。

関連記事札幌市資料館

おおば比呂司記念室とおおば比呂司 について

おおば比呂司 氏は1921年(大正10年)に札幌に生まれます。その後戦争を経験し戦争終了後は北海道新聞の図案化で勤務しながら個展を開催するなど精力的に創作活動に励んでいました。

その後、上京して漫画家として活躍されます。

そしてオランダに4年間移住した後、日本に戻ってきた2年後に66歳で亡くなられました。

おおば比呂司記念室

札幌市資料館の中に入り左側に進むとおおば比呂司記念室があります。

おおば比呂司記念室

おおば比呂司記念室と書かれその下にはおおば比呂司氏自身が描いた自身のイラストがついています。

おおば比呂司記念室

反対側から見ると少し大きめに描かれています。

おおば比呂司記念室

記念室の中は撮影禁止のため、入口の写真のみです。

おおば比呂司記念室

記念室は1から3まであり、記念室3には仕事場が再現されイラスト集や絵葉書が販売されています。

おおば比呂司記念室

記念室1及び2にはイラストや絵画が展示されており、おおば比呂司 氏の作品を楽しむことが出来ます。

おおば比呂司記念室

札幌市資料館自体がとても落ち着いた雰囲気の場所で館内にはカフェもあり休めるようになっています。

おおば比呂司 氏の作品を見て札幌市資料館の展示を見てカフェでゆっくりと休むというはいかがでしょうか?

なお札幌市資料館の2階はギャラリーになっており絵画サークルの作品の展示会や写真サークルの写真の展示会も行われていることが多く、館内全体が芸術に関するイベントをよく行っています。

是非、札幌市資料館と合わせて楽しんでください。

以上、おおば比呂司記念室についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

日本全国から札幌までの移動手段

北海道・札幌に行きたいけど、自分の住んでいる都府県からどういう交通手段があって、どれぐらいの時間と費用がかかるのかな?と思った方へ。各都府県から札幌までの移動手段・移動時間・かかる費用をまとめたサイトを作りました。陸海空で分けて紹介しています。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました