【豊平峡ダム資料室】ダムの役割や豊平峡の自然を知る

豊平峡ダム資料室 南区

豊平峡ダム資料室は、札幌市南区定山渓にある豊平峡ダムがどのように作られどんな役割を果たしているか、また豊平峡の自然をわかりやすくパネル展示をメインにしている資料館です。

無料で入館することが出来て、2階には定山湖の奥を見渡せるテラスもあります。

豊平峡ダムに訪れた際に立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

豊平峡ダム資料室の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓840
  • 電話番号:011-598-2621
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 開館時間:9:00~16:30
  • 定休日:土日祝・10月下旬から5月上旬まで(冬期閉鎖)
  • 入場料:無料
  • 駐車場:なし
  • マップコード:708 634 145*65 (一般車駐車場入口に設定)
  • 公式サイト:豊平峡ダム資料室

Google Mapだと「豊平峡ダムミュージアム」になっていますが、正式名称は「豊平峡ダム資料室」です。

なお豊平峡ダム資料室の建物内にはトイレはありません。

トイレは豊平峡ダムのトイレを使うことになっているのでご注意ください。

豊平峡ダム資料室へのアクセス方法

豊平峡ダム資料室へのアクセス方法はやや特殊です。

豊平峡ダム資料室のある豊平峡ダムは車で行くことが出来ない場所となっています。

豊平峡ダムの手前約2kmの駐車場までは車で来ることは出来ますが、そこからは徒歩かハイブリットバス(有料)で向かうことになります。

これは豊平峡は自然保護の方針によりマイカー規制が行われているためです。

ハイブリットバスで豊平峡ダムまで来たら、そこから歩いて5分ほどの距離となっています。

豊平峡ダムへのアクセス方法は下記記事をご覧ください。

なお豊平峡ダム資料室の閉館時間まで滞在すると帰りのハイブリットバスの最終時間に間に合いませんので、ご注意ください。16時には退館することをおすすめします。

豊平峡ダム資料室の様子

豊平峡ダム資料室

豊平峡ダムからダムとは反対方向に進むと豊平峡ダム資料室が見えてきます。

豊平峡ダム資料室

入口に目立たないように「豊平峡ダム資料室」と描かれています。

豊平峡ダム資料室

館内に入るとパネルで水に関するいろいろなことが説明されています。

豊平峡ダム資料室

中島公園を流れる鴨々川についても説明されていました。

豊平峡ダム資料室

豊平峡ダム建設中の写真も展示されています。

2階に上がると同じように数多くのパネルで説明がされています。

豊平峡ダム資料室

豊平峡ダム資料室

モニターが設置され映像でも豊平峡ダムや豊平峡ダム周辺の自然について知ることが出来ます。

豊平峡ダム資料室

豊平峡ダム周辺に生息する・生息した野生生物についても説明されています。

豊平峡ダム資料室

定山湖側から外のテラスに出られるようになっています。

豊平峡ダム資料室

外からテラスを見たところが上記の写真です。

豊平峡ダム資料室

紅葉の時期なら定山湖と綺麗な紅葉を見ることが出来ます。

豊平峡ダム資料室

北海道や豊平峡ダム周辺に生息する蝶や昆虫の標本も展示されています。

豊平峡ダム資料室

豊平峡ダム周辺に自生する木々の見本も展示されていました。

豊平峡ダム展示室に行こう!

豊平峡ダム展示室は土日祝日が休館のため、土日祝日に豊平峡ダムに行く人には見ることが出来ませんが、平日に行かれる場合は是非立ち寄ってみてください。

パネル展示がメインですが、行くまでの途中の景色も非常に綺麗です。

定山湖

定山湖の景色を見ながらの散策におすすめです。

以上、豊平峡ダム資料室についてでした。

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

日本全国から札幌までの移動手段

北海道・札幌に行きたいけど、自分の住んでいる都府県からどういう交通手段があって、どれぐらいの時間と費用がかかるのかな?と思った方へ。各都府県から札幌までの移動手段・移動時間・かかる費用をまとめたサイトを作りました。陸海空で分けて紹介しています。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました