【リトルジュースバー 札幌本店】いちごけずりが人気!蔵の中で食べる人気のスイーツ

リトルジュースバー 札幌本店 けずりいちご スイーツ

リトルジュースバーは、札幌で人気の野菜ソムリエのいるジュースバーです。人気の看板メニューは「けずりいちご」、札幌・大通公園のイベントでもよく見かける人気のスイーツです。

普段から食べたい人は蔵を改装して作った店舗で食べられます。店舗へのアクセス方法や実際の様子を詳しく解説しています。

リトルジュースバー 札幌本店の詳細とアクセス方法

  • 住所:〒060-0054 北海道札幌市中央区南4条東3丁目11-1
  • 電話番号:011-213-5616
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:なし
  • マップコード:9 493 563*20
  • 公式サイト:リトルジュースバー

リトルジュースバー 札幌本店へのアクセス方法・行き方

駐車場が無いので地下鉄がおすすめです。

  • 地下鉄東西線「バスセンター前駅」6番出口から徒歩約5分・450メートル
  • 地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」1番出口から徒歩約6分・500メートル

となっています。

リトルジュースバー 札幌本店の外観と店内の様子

リトルジュースバー 札幌本店

リトルジュースバー札幌本店は、蔵を改装して作った店舗になっています。

リトルジュースバー 札幌本店

外から見ると歴史ある建物ということがよくわかります。

リトルジュースバー 札幌本店

1階が販売スペースとなっています。

そして2階がイートインスペースでゆっくりと過ごすことが出来るようになっています。

リトルジュースバー 札幌本店

しゃがまないと通れない頭上注意の入口を通り2階へ

リトルジュースバー 札幌本店

蔵の中を改装して木の壁になっており、暖かみを感じる店内です。

リトルジュースバー 札幌本店

15~16人は座れるようになっています。

リトルジュースバー 看板メニュー「けずりいちご」

リトルジュースバーの看板メニューと言えばけずりいちご

リトルジュースバー 札幌本店 けずりいちご

削られたいちごの酸味と練乳のムースが繰り広げる絶妙なハーモニーが口の中に広がります。

リトルジュースバー 札幌本店 けずりいちご

上に乗っている白いモフモフしたのが練乳のムースです。

リトルジュースバー 札幌本店 けずりいちご

2階の壁にもけずりいちごが詳しく解説されたパネルが取り付けられています。

リトルジュースバー 札幌本店 けずりいちご

けずりいちごに使われる苺は日高地方で育てられた「すずあかね」の規格外品。

不揃いという理由だけで出荷できない苺を使用しているので、元々は高級な苺であり美味しいのは当然です。

リトルジュースバーはジュースバーと名乗るだけあって、ジュースも充実しています。

野菜ソムリエと管理栄養士が考えたレシピで作ったフレッシュジュースを楽しめるようになっています。

リトルジュースバー 札幌本店

元々は1997年に移動カフェとして「EYES CAFE」として始められたリトルジュースバーは札幌イベント会場や公園を中心に移動販売していたのを2005年に札幌駅パセオに出店、2010年に「創成川EAST」に本店として移転しました。

その後も「東京新丸ビル店」にも出店して札幌と東京の2拠点で展開しています。

さっぽろオータムフェスト等のイベントで食べたけど、再び食べたい!という方は本店まで足を運ばれてみても良いのではないでしょうか?

リトルジュースバー 札幌本店

おすすめのスイーツです!

コメント この場所に行ったことがあるのなら是非感想を書いてくださいね。

札幌の観光スポットをエリアから探す

エリアをタップ(クリック)で詳細に移動します。

札幌駅北口エリア 札幌駅前エリア 大通公園エリア すすきのエリア

区名クリックで詳細に移動します。

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

札幌の観光スポットを施設別に探す

月別のおすすめ観光スポットを知る

沿線別観光スポットを探す

札幌市 観光モデルコース

札幌グルメ情報

おすすめ情報

日本全国から札幌までの移動手段

北海道・札幌に行きたいけど、自分の住んでいる都府県からどういう交通手段があって、どれぐらいの時間と費用がかかるのかな?と思った方へ。各都府県から札幌までの移動手段・移動時間・かかる費用をまとめたサイトを作りました。陸海空で分けて紹介しています。

札幌の遊び体験・アクティビティをチェック

札幌に行く前に事前に予約出来るアクティビティ・遊び体験を確認しておくとより札幌での旅行・観光が楽しくなります。
冬期のスノースポーツだけではなく、陶芸体験からサイクリング、水陸両用車の乗車まで幅広く1人でも家族でも楽しめるものが揃っています。

札幌のホテルをチェック

札幌観光においてホテル選びは重要です。滞在時間や翌日の予定に合わせて便利な場所のホテルを選ぶようにしましょう。
このサイトでは札幌市中心部を5つのエリアに分けてホテルを紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました