西11丁目駅

大通公園・テレビ塔エリア

【おおば比呂司記念室】札幌ゆかりの漫画家・画家の作品を展示

おおば比呂司記念室は、大通公園の西端にある札幌市資料館の中にある記念室(美術館)です。おおば比呂司氏は札幌出身の画家でありイラストレーターであり、漫画家でもあり、1995年に開館しています。季節ごとに様々なテーマで約50~60点ほどの作品を展示してあり温かみのある作品を無料で見ることが出来ます。
地下鉄東西線

【地下鉄東西線『西11丁目駅』】近隣の観光スポットと駅情報

西11丁目駅は大通公園の西側に位置しており、大通公園のイベントの中には西11丁目駅の方が便利な場合もあります。1日15000人以上の人が使う駅で近隣には官公庁や専門学校、ホテルも多くあります。
大通公園・テレビ塔エリア

【旧藪商事会社ビル(三誠ビル)】現存する鉄筋コンクリート造としては札幌最古の建物

旧藪商事会社ビル(三誠ビル)は現存する鉄筋コンクリート造(RC造)としては札幌最古の建物で大正13年(1924年)に建てられています。札幌景観資産及びさっぽろ・ふるさと文化百選にも選定されており近くを通った時には見ておきたい建物です。
大通公園・テレビ塔エリア

【花フェスタ 札幌】札幌・大通公園で行われる花の祭典

花フェスタ 札幌 は札幌の中心部・大通公園で行われる花の祭典です。毎年6月下旬から7月初旬の9日間で行われます。北海道の農業高校によるガーデニングコンテストや造園業社によるガーデニングの展示、花の即売会等が行われ、花やガーデニングが好きな人が多く訪れるイベントです。
大通公園・テレビ塔エリア

【ベルギービールウィークエンド 札幌】ベルギーのビールを楽しむお祭り

ベルギービールウィークエンドは、6月の後半に「花フェスタ 札幌」と合わせて行われる協賛イベントです。大通公園のイベントのほとんどが札幌市や北海道の団体が主催で行うのに対し、ベルギービールウィークエンドは珍しく道外の団体がメインで主催しており、全国主要都市で横断的に行われているベルギービールの祭典です。
パン

【ピーナッツベーカリー】スヌーピーファンの店長が焼く美味しいパン屋さん

ピーナッツベーカリーはスヌーピーファン歴40年以上の店長が一生懸命に美味しいパンを焼いてくるパン屋さんです。スヌーピーやチャリーブラウンの顔が書かれたパンは子どもたちにも人気で常連さん以外にもスヌーピーファンが買いに来る人気のお店で、札幌のスヌーピーファンなら1度は行ったことがあるパン屋さんです。
大通公園・テレビ塔エリア

【永井邸】札幌景観資産になっている個人宅

永井邸は、札幌景観資産にもなっている昭和初期の建物です。個人宅のため内部の見学は出来ませんが外側からなら眺めることが出来ます。大通公園12二丁目からも近く、大通公園の散策のおりに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
大通公園・テレビ塔エリア

【札幌三吉神社】大通公園の近くの合格祈願や出世祈願のパワースポット

三吉神社は札幌の中心地である大通公園からほど近い場所にある合格祈願や出世祈願にご利益があると言われている神社です。また地元の方からは「さんきち さん」と言う愛称で親しみを持たれている神社で、毎年5月の例大祭には多くの人が訪れます。この記事では三吉神社の様子やアクセス方法、御朱印、御祭神について詳しく説明しています。
大通公園・テレビ塔エリア

【札幌ラーメンショー2018】全国の人気ラーメン店が集う大通公園の恒例イベント

毎年5月の中旬から札幌大通公園で行われる「札幌ラーメンショー」。道内及び全国の人気ラーメン店が大通公園に集い気軽に食べられるイベントです。大通公園ではほぼ同じ時期に「さっぽろライラックまつり」が行われるので合わせて訪れる人が多い人気のラーメンのイベントです。
大通公園・テレビ塔エリア

【随時更新】第70回 さっぽろ雪まつり (2019年)の最新情報!混雑具合の予想から会場案内まで

北海道で最大のイベント「さっぽろ雪まつり」2019年に向けての最新情報をこのコーナーで紹介していきます。
大通公園・テレビ塔エリア

【さっぽろ雪まつり 解体】大雪像が解体・壊される様子を写真で紹介

毎年2月に行われる北海道最大のイベント「さっぽろ雪まつり」。終了した翌日には雪像は解体されますが、ここ数年その解体の様子を一目見ようと観光客が増えていることはご存知でしょうか?2018年のさっぽろ雪まつり大雪像の解体の様子を写真を多めに紹介していきます。もしさっぽろ雪まつりに来て終了日翌日も近隣にいるのなら是非とも解体の様子も見てから帰宅するようにしてくださいね。
編集部ブログ

【さっぽろライラックまつり2018 直前レポート】大通公園のライラックの開花状況や現在の様子を紹介

毎年5月中旬から5月下旬くらいまで札幌の中心地「大通公園」で行われる「さっぽろライラックまつり」。2018年は5月16日(木)から5月27日(日)まで行われます(川下会場は6月2日6月3日の土日2日間)。本日5月13日、ライラックまつり本番3日前に大通会場の様子を見てきました。本番の様子は後日書くとして、さっぽろライラックまつり直前の様子をお伝えします。
大通公園・テレビ塔エリア

さっぽろ雪まつりの準備・工程も見ておこう!大雪像「ファイナルファンタジーXIV “白銀の決戦”」が出来るまでも紹介

毎年2月の初旬(概ね第1月曜日)から1週間行われるさっぽろ雪まつり多くの観光客が訪れ札幌で1番人気の観光イベントとなっています。でも大通公園に作られる大雪像やジャンプ台っていつくらいから作られていつ完成するのかと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?実際に大雪像が作られる過程を写真を添えて説明し、さっぽろ雪まつり本番前の楽しみ方を紹介していきます。
大通公園・テレビ塔エリア

【札幌市資料館】国の登録有形文化財 第01-0001&気分はリーガルハイ

大通公園の最西にある札幌市資料館。札幌観光で大通公園は4~6丁目までは来てもその先まで進む方は少ないためあまり観光客も多く無い資料館ですが、札幌軟石を使った珍しい建物であり国の登録有形文化財にも選ばれています。
大通公園・テレビ塔エリア

【大通公園】大通公園13丁目(大通西13丁目)エリアの解説・札幌市資料館がある場所

札幌 大通公園の13丁目は、札幌市資料館があるエリアです。なお管轄場は大通公園ではなく札幌市教育委員会の管轄となっています。
大通公園・テレビ塔エリア

【大通公園】大通公園12丁目(大通西12丁目)エリアの解説・バラ園と札幌市資料館の景色

札幌 大通公園の12丁目は、バラ園と水路で構成されており公園というよりは庭園と言った方が似合うエリアです。
大通公園・テレビ塔エリア

【大通公園】大通公園11丁目(大通西11丁目)エリアの解説・マイバウムを見よう!

札幌 大通公園の11丁目は、マイバウムという祭木と大きな噴水が印象的な芝生の多いエリアです。
大通公園・テレビ塔エリア

【大通公園】大通公園10丁目(大通西10丁目)エリアの解説・2体の銅像が目印

札幌 大通公園の9丁目は、広い芝生と2体の銅像が印象的なエリアです。芝生で犬と戯れる人も多く、大通公園10丁目から12丁目にかけては特に犬との散歩コースとなっています。
大通公園・テレビ塔エリア

【大通公園】大通公園9丁目(大通西9丁目)エリアの解説・遊具があり公園らしい公園

札幌 大通公園の9丁目は、近所の公園という雰囲気があるエリアです。その理由は公園らしく子どもたちが遊べるブランコ等の遊具がいろいろと設置されているから。またプレイスロープと呼ばれる場所や遊水路があり、子供が楽しめるエリアとなっています。
パン

【ボストンベイク】札幌でコスパ最強のパン屋さん

札幌でもっともコスパの良いパン屋さんがどこですか?と札幌市民に聞くと恐らく1位になるであろうパン屋さんが【ボストンベイク(Bostonbake)】でしょう。格安のパンに豊富な種類、そしてボリュームと市民のハートをガッチリ掴んで放さないパン屋さんです。