国の重要文化財

札幌観光スポットのまとめ

札幌にある「国の重要文化財】の建築物一覧

国の重要文化財、出来れば死ぬまでに1度は全部見ておきたい...なんて考えている方もいますよね。札幌には国の重要文化財は11(重要有形民俗文化財を入れると12)あり、そのうち建築物は7つで、すべて一般公開されています。7つの「国の重要文化財」の建築物を写真を添えて紹介していきます。
厚別区

【北海道立自然公園野幌森林公園】大自然と北海道の文化に触れられる場所

道立自然公園野幌森林公園は、2053ヘクタールという東京ドーム439個分の広さを持つ広大な面積の自然公園です。札幌だけではなく北広島市や江別市にまたがっています。公園内の約8割が国有林で鳥獣保護区にもなっています。また北海道博物館や北海道開拓の村等の観光スポットもあります。
厚別区

【北海道開拓の村】北海道の歴史ある建物が並ぶ野外博物館&聖地巡礼スポット

北海道開拓の村は、明治から昭和初期にかけて北海道で作られた建築物を移築したり復元して展示している野外博物館です。北海道を舞台にした漫画「ゴールデンカムイ」の聖地巡礼としても人気の観光スポットとなっています。公開されている52の建築物をすべて筆者自身が撮影した写真を元に紹介しています。
中央区

【中島公園】重要文化財や文学館など見どころいっぱい!四季の移り変わりも美しい公園

中島公園は北海道随一の繁華街すすきのから1kmも離れていないところにある都会のオアシス的な公園です。国の重要文化財・歴史的な建造物、コンサートホールに天文台、そしてパワースポットとなる神社も隣接しており数多くの見どころがある公園です。札幌に来たら是非立ち寄って欲しい観光スポットの1つです。
編集部ブログ

札幌市時計台が10月31日までの5ヶ月間休館に。休館日初日の様子を見てきました。

札幌市の象徴でもある札幌市時計台、この札幌市時計台が2018年6月1日から2018年10月31日までの5ヶ月間、外部改修のため休館となりました。20年ぶりの大改修ということです。休館中は建物の中に入って見学することも出来なくなります。また外側も今後足場が組まれ覆われて見えなくなるということです。休館となった初日の6月1日、時計台の様子を見てきました。
中央区

【八窓庵(旧舎那院忘筌)と日本庭園】中島公園にある国の重要文化財の茶室

八窓庵は札幌中央区の中島公園にある国の重要文化財にもなっている茶室です。中に入ることは出来ませんが、中島公園内にある日本庭園から外観を見学することが出来ます。旧舎那院忘筌とも呼ばれ、江戸時代初期に滋賀県で建てられたものが1919年(大正8年)に札幌に移築された茶室です。
中央区

【豊平館】中島公園内にある国指定重要文化財の西洋館はくつろげる観光スポット

豊平館は中島公園の中にある国指定の重要文化財にもなっている西洋館です。1880年(明治13年)にさっぽろテレビ塔の近くに建造され1958年(昭和33年)に中島公園に移設され、それからずっと札幌のシンボルの1つとして多くの人に愛され観光スポットとしても人気を誇っています。
札幌駅北口エリア

北海道大学の観光スポットと巡り方!おすすめコースも紹介

北海道大学は札幌駅からも近く見どころも多い観光スポットです。ただしその広さは約177平方米と東京ディズニーリゾートとほぼ同じ広さがあります。この記事では北海道大学の押さえておきたい観光スポットとおすすめの巡り方(コース)を紹介していきます。
札幌駅北口エリア

【北海道大学 札幌農学校第2農場】国の重要文化財にもなっている美しい景観の建物

北海道大学を観光で訪れる際に、立ち寄らないのは勿体無いのが「北海道大学 札幌農学校第2農場」です。国の重要文化財の指定も受けており、明治時代の農場施設を誰でも見学することが出来るようになっています。
札幌駅前エリア

【北大植物園】札幌中心部にある広大な植物園を写真多めに紹介

札幌駅から徒歩10分あまりのところにある北海道大学植物園(正式名称:北海道大学北方生物圏フィールド科学センター耕地圏ステーション植物園)は人口200万人近い都市の中心地にありながら広大な敷地で植物についていろいろと見て触れ合える場所です。国の登録有形文化財もあり、是非訪ねてほしい観光スポットです。
札幌駅前エリア

【北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)】札幌観光で欠かせない観光スポット

札幌観光で欠かせないスポットと言えば「北海道庁旧本庁舎」通称・赤れんが庁舎でしょう。札幌駅からも近くアクセスも良い場所にあり、そして何よりも重厚な建物は1度は見ておきたい建物です。北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の見どころを含め、写真を多めに解説していきます。
札幌駅前エリア

【札幌市時計台】外側の特徴と見学・撮影ポイント&撮影スポットを紹介

札幌市時計台の外観はとても美しいのですが、どういう特徴があってどのように見学をすれば良いのか札幌に観光に行く前にしっておきたい!という方に外観の特徴と見学・撮影ポイントを徹底的に解説します。これを読めば、外観の特徴と撮影ポイントがよく分かります。
札幌駅前エリア

日本三大がっかり名所【札幌市時計台】は見るべき価値ある観光名所なのか?

日本三大がっかり名所、3つの内1つは変化していますが残り2つは高知県の「はりまや橋」、そして「札幌市時計台」となっています。それだけに見てがっかりするくらいならわざわざ観に行かなくても良いのではないか?と考える人もいると思いますが、実際にはどうなのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました