【藻琴駅と食事&喫茶 トロッコ】木造の無人駅舎にある喫茶店で過去を見る

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」 オホーツク総合振興局エリア
Click

TEL(スマホOK):0152-46-2750

マップコード:305 473 837*68

*上記電話番号は「食事&喫茶 トロッコ」への電話番号です。JR北海道の藻琴駅の運航状況等は質問されても回答出来ませんので、「食事&喫茶 トロッコ」の営業に関するお問合わせのみとなります。

網走市にあるJR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

無人駅ですが、昔懐かしい木造駅舎内には駅事務所を改装した「食事&喫茶 トロッコ」があり地元の人だけでなく、全国から多くの人が訪れています。

網走方面から知床方面に車で向かう場合、是非立ち寄って欲しいお店です。

JR釧網本線と藻琴駅について

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

JR釧網本線は、釧路駅(厳密には東釧路駅)から網走駅までを結ぶJR北海道の鉄道路線です。

藻琴駅は網走駅から4つ目の駅で、1924年(大正13年)に開業した古くからある駅です。その後国鉄がJRに代わり1992年に完全無人化した駅となりました。

運行本数は上下線合わせても1日14本、網走方面だと昼間5時間以上も電車がありません。

食事&喫茶 トロッコについて

食事&喫茶 トロッコは藻琴駅の駅事務所を改装して作られたお店です。

営業開始は1986年、もう30年以上も前です。

1986年10月まで藻琴駅は駅員のいる有人駅でした。しかし同年11月より駅員配置を終了して、藻琴駅は簡易委託駅となりました。

その時から「食事&喫茶 トロッコ」は営業を開始しています。

簡易委託駅とは、無人駅ですが、乗車券の販売を近隣の商店や企業に委託している駅のことです。つまり「食事&喫茶 トロッコ」内で1992年まで乗車券の販売を兼ねていました。

簡易委託駅で無くなった後もずっと営業を続けられています。

「食事&喫茶 トロッコ」と藻琴駅へのアクセス方法

藻琴駅はJR北海道の駅です。

そのため公共交通機関でのアクセスは当然、電車となります。

JR釧網本線の時刻表を確認の上、訪問してください。

車でのアクセスの場合、国道244号線沿いにあります。

網走駅から藻琴駅まで車で向かう場合は、おおよそ15分・距離にして10kmほどとなっています。

女満別空港からの場合は、おおよそ30分・距離にして23kmほどです。積雪期はもう少し時間がかかります。

札幌方面から向かう場合は、バスが便利です。札幌駅前バスターミナル及び札幌バスターミナルから網走駅前までのバスが出ており、概ね6時間で到着します。

網走駅からは電車もしくはバス・レンタカーで向かうことになります。

藻琴駅・食事&喫茶 トロッコ 詳細情報

  • 住所:北海道網走市字藻琴53番地
  • 電話:0152-46-2750(トロッコ)
  • 電話:011-222-7111(JR北海道)
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • トロッコ営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:あり(10台程度)
  • マップコード:305 473 837*68

大きい地図で見る

藻琴駅の様子

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

木造の駅舎を見ると郷愁にかられる方もいるのではないでしょうか?

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

網走という名前を全国的に有名にしたのは、高倉健さん主演の映画「網走番外地」

そのロケ地として藻琴駅は使われたそうです。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

青い看板、でも所々錆びているのがまた良き感じになっています。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

待合室は非常に殺風景ですが、これがまた妙に落ち着く感じになっていました。

時折、耳鳴りがしているのか何も音が無いのか分からないような静寂さに包まれることもあります。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

流氷の上を歩かないというポスターが中国語と英語で張られていました。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

トロッコの前から駅のホームへとつながっています。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

線路は単線、上下線で同時に電車が停まるということはありません。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

訪れたのは2月の後半。

まだまだ雪深い網走です。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

ホームは雪かきがされており、無人駅でもきちんと整備されているのが分かりました。

「食事&喫茶 トロッコ」の様子とカレーライス

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

待合室と直結しているトロッコ

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

表にはメニューが張り出されていました。

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

店内に入るとまさに時代は昭和

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

木製のベンチに木製のテーブルが昭和のイメージをより大きくしてくれます。

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

店内には鉄道に関するものが数多く置かれ、昔からの鉄道好きな人ならきっと楽しい時間を送れることでしょう。

数多くの漫画・コミックもあり読みふけってしまうとついつい時間が・・・

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

藻琴駅の食事&喫茶 トロッコ

編集部2名で訪れ、頼んだのはピザトーストとシーフードカレー

感動する美味しさ!ということはありませんが、昔ながらのカレーと言う表現が良いのか分かりませんが、でもそんな感じにさせてくれる美味しく懐かしさのあるカレーでした。

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

窓からみえる景色を楽しみながら、のんびりとした時間が過ぎていきます。

ところで、カレーやピザトーストの写真に写っている名刺や名刺サイズのカードに気付かれたでしょうか?

JR釧網本線の無人駅「藻琴駅」

ビニールのテーブルクロスの下には大量の名刺や古い定期券などが多数置かれています。

ここに訪れた方が自分が来た証として置いていくそうです。

上記写真の知立というのは愛知県にある知立市のこと。

筆者も愛知県の出身なのでこれを見た時に、故郷のことを思い出しました。たまには帰らないとね、と思い出させてくれました。

ここに過去に来た人には当然会えませんが、過去にここに来ましたという証は残せる、人の過去が見えるお店でした。

昔懐かしい景色に出会える、藻琴駅とトロッコに是非、立ち寄ってみてくださいね。

なお隣駅の北浜駅にも駅舎の中に「軽食&喫茶 停車場」というお店があるのでセットで訪れても面白いですよ。

歩いて数分の藻琴湖で白鳥も

冬なら藻琴駅から徒歩3~5分の藻琴湖で白鳥を見ることも出来ます。

網走市には大小4つの湖があり、一番小さいのが藻琴湖です。

小さいだけに白鳥が集中して見られるスポットになっています。

他の湖だと広すぎて、どこに白鳥がいるのか分からない時もあるので、ちょっと白鳥がみたいな・・という時にはおすすめです。

コメント