オホーツク総合振興局エリア

オホーツク総合振興局エリア

【知床・流氷ウォーク】冬のウトロで流氷を楽しむ体験ツアーをゴジラ観光で!

知床のウトロと言えば夏は知床半島を周る観光船、冬は流氷見学で有名な北海道有数の観光スポットです。最近人気なのが流氷の上を歩くツアー「流氷ウォーク」。ウトロを中心に数社が実施をしています。その中でも人気のゴジラ岩観光の流氷ウォークを体験してきました。注意点や実際の様子を写真を添えてお伝えしていきます。
オホーツク総合振興局エリア

【ホテル季風クラブ知床】源泉かけ流しの貸切露天風呂が嬉しい知床ウトロの温泉宿

知床に泊まるのにどこのホテルが良いかな?と悩んだ時におすすめなのが、ホテル季風クラブ知床です。源泉かけ流しの貸切露天風呂がありゆっくり出来て、少し変わった身体に良い料理を提供してくれて、落ち着ける小さなホテルだからです。実際に泊まってきた感想も含め、ホテル季風クラブ知床を写真多めで解説していきます。
オホーツク総合振興局エリア

知床・斜里町ウトロまでのアクセス方法(東京・本州及び札幌から)

世界遺産である知床は北海道でも人気の観光スポットです。ただし、お世辞にも交通アクセスが良い場所ではありません。東京方面・本州(大阪や名古屋)及び札幌方面から知床・斜里町ウトロまでのアクセス方法を説明します。
オホーツク総合振興局エリア

流氷砕氷船 ガリンコ号Ⅱの料金・アクセス方法・予約方法、実際に乗った感想と楽しみ方

紋別市の冬の観光と言えば流氷見学。その流氷を砕いて進むことで人気なのが流氷砕氷船 ガリンコ号Ⅱです。実際にガリンコ号Ⅱに乗船してきたのでガリンコ号の楽しみ方やアクセス方法、乗った感想について詳しく説明していきます。
オホーツク総合振興局エリア

【道の駅 愛ランド湧別】サロマ湖と遊園地を望む道の駅

サロマ湖に面した小高い場所にある道の駅「愛ランド湧別」は遊園地も隣接してあり、夏季なら家族で楽しめる場所となっています。また紋別市と網走市の中間くらいに位置しているので、紋別市から網走市への移動時の休憩場所にもちょうど良い道の駅になっています。
オホーツク総合振興局エリア

【藻琴駅と食事&喫茶 トロッコ】木造の無人駅舎にある喫茶店で過去を見る

網走市にあるJR釧網本線の無人駅「藻琴駅」。無人駅ですが、昔懐かしい木造駅舎内には駅事務所を改装した「食事&喫茶 トロッコ」があり地元の人だけでなく、全国から多くの人が訪れています。網走方面から知床方面に車で向かう場合、是非立ち寄って欲しいお店です。
オホーツク総合振興局エリア

【網走流氷砕氷船おーろら】観光船オーロラ号のお得な予約方法・アクセス方法・実際に乗った感想を紹介

冬の網走と言えば「寒い・・・」と思う人が圧倒的に多いと思いますが、その寒さをも楽しんでしまえるのが、流氷です。オホーツク海に面した網走市には毎年多くの流氷がたどり着き、船の上から流氷を楽しもうと多くの観光客が日本だけではなく、海外からもやってきます。その流氷を見るための船が「網走 流氷砕氷船おーろら」です。
オホーツク総合振興局エリア

【道の駅 流氷街道網走】観光船乗場も兼ねた道の駅

網走川の河口、網走港への入口にある道の駅「流氷街道網走」は流氷観測船おーろら(夏場は知床観光船おーろら)の乗船場にもなっており、人の出入りが多い道の駅です。道の駅「流氷街道網走」へのアクセス方法や様子を写真を交えてお伝えしていきます。
オホーツク総合振興局エリア

【天に続く道】斜里町の北海道ならではの絶景スポット・まっすぐに伸びた空に続く道へのアクセス

ずっとまっすぐに伸びた道がまるで空(天)に続くようになっている風景。どこにあるのかよく分からないという方も多いようです。ずっとずっとまっすぐに伸びる「天に続く道」は北海道は斜里郡斜里町にあり、全長約27kmにも及ぶ直線道路(実際には少し曲がっているのですが、曲がっているところが隠れていたりするため)です。「天に続く道」へのアクセス方法や実際の風景をご紹介していきます。
オホーツク総合振興局エリア

【道の駅 香りの里たきのうえ】旭川方面から紋別への移動の休憩に、アクセス方法・営業時間も解説

旭川市から紋別に向かう国道273号線にある道の駅「香りの里たきのうえ」は道央自動車道から旭川紋別自動車道への分岐から90kmほどの距離にある道の駅です。分岐から時間にして1時間半ほどの距離で紋別観光に車で行く時には休憩にちょうど良い場所にあると言えます。マップコードも掲載しています。