【拾って来た家-やがて町】「北の国から」の舞台となった観光スポット

迷った時は

TEL(スマホOK):0167-23-3388

マップコード:550 798 020*47

拾って来た家-やがて町

「拾って来た家-やがて町」はドラマ「北の国から 2002遺言」の中で使われた家を展示してある観光スポットです。

「北の国から」のファンなら訪れておきたい聖地巡礼先の1つとなっています。

ドラマの中で黒板五郎さんが廃材を集めて作った家がユニークで「北の国から」を知らない人でも楽しめるようになっています。

拾って来た家-やがて町の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒076-0161 北海道富良野市麓郷市街地
  • 電話番号:0167-23-3388
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:9:30~18:00(冬季は10:00~16:00)
  • 定休日:冬季は月・水
  • 入場料:大人500円/小学生300円
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:550 798 020*47
  • 公式サイト:拾って来た家-やがて町

拾って来た家-やがて町へのアクセス方法・行き方

「拾って来た家-やがて町」は車が便利です。

札幌からは概ね2時間30分くらいで到着します。

カーナビでマップコード対応の場合は、マップコードで。マップコード非対応の場合は富良野市立麓郷小中学校(TEL:0167-29-2021)を目指してください。

富良野市街地方面から来た場合、富良野市立麓郷小中学校の手前約350メートルのところにあります。

公共交通機関の場合、JR富良野駅からふらのバス「麓郷線」に乗車、終点「麓郷」バス停から徒歩5分ほど、約350メートルとなっています。

バスの本数も少ないため公共交通機関なら富良野駅からタクシーを利用することをおすすめします。

拾って来た家-やがて町の入場料について

拾って来た家-やがて町の入場料は大人500円・小学生300円となっていますが、富良野には他にも「北の国から」で使われた家等の展示施設が他に2箇所あります。

「麓郷の森」(黒板五郎の丸太小屋)と「五郎の石の家・最初の家」です。

これら3つの施設の共通入場券が大人1200円・小学生600円で販売されているので、3施設とも見学する場合は、共通入場券を購入された方がお得です。

各施設でそのまま当日購入可能です。

拾って来た家-やがて町の様子

拾って来た家-やがて町

駐車場に車を停めると最初に目を引くのは大きな石碑です。

拾って来た家-やがて町

しかも「遺書」と書かれています。

「北の国から 2002遺言」の中で五郎さんが書いた遺書です。

拾って来た家-やがて町

拾って来た家-やがて町への入口の建物、「入国管理局」と書かれています。ここでお金を払って中へと入ります。

拾って来た家-やがて町

木々が多い「やがて町」の中へと進んでいきます。

拾って来た家-やがて町

最初に目に入ってくるのが「純と結の家」です。この中にも入れます。

バスをそのまま使ったユニークな家です。

拾って来た家-やがて町

続いて目に入るのが上記の写真の「雪子さんのアトリエと住居」です。

ゴンドラを使った出窓が印象的な家です。

拾って来た家-やがて町

外観とは違い中は本当に普通の家の風景です。

拾って来た家-やがて町

ただしアトリエ部分はおしゃれなカフェのような雰囲気でした。

拾って来た家-やがて町

そして「五郎さんの4番目の家」は老朽化しており中には入れないようになっていました。

拾って来た家-やがて町

そして最後は「正彦とすみえの家」です。

拾って来た家-やがて町

ゴンドラを使った部分がとてもおしゃれで、こんな家に住んでみたいと思います。

拾って来た家-やがて町

「北の国から 2002遺言」の五郎さんのメッセージは大量消費による大量廃棄社会への問題提起でした。

物がこんなに捨てられて行くなら
オラ拾ってきて生き返らせてやる!

だって、絶対失礼じゃねぇか

捨てられちまうそういう物に
それを懸命に作った方々に

あんたの親爺さんが汗水たらして作ったものを
あんた簡単に捨てられるか?

え?

黒板五郎

いろいろと考えさせられる言葉ですよね。

北の国からのファンの方・ファンで無いかた、知らない方にも訪れて欲しい観光スポットです。

富良野の観光スポット 一覧へ

上川総合振興局 観光スポット一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました