【だぐらすふぁ~。】北海道認定の美瑛の赤麦を使った 自家製パスタ専門店

迷った時は

TEL(スマホOK):0166-92-1806

マップコード:349 826 128*08

だぐらすふぁ~。

「だぐらすふぁ~。」は美瑛産の赤麦を使った自家製パスタ専門店です。

美瑛にもパスタ店・イタリアンの店はありますが、美瑛産赤麦を使ったパスタを提供しているのはこの「だぐらすふぁ~。」のみです。

モーニング娘。のように最後に「。」がつくネーミングもポイントです。

なお「ダグラスファー」は日本語にすると「ベイマツ」という常用針葉樹の木のことです。ログハウスでよく使われる建築材であり、ログハウスの「だぐらすふぁ~。」だから、この名称にしたと思われます。

だぐらすふぁ~。 の詳細・アクセス方法

  • 住所:〒071-0236 北海道上川郡美瑛町美沢美瑛共和
  • 電話番号:0166-92-1806
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:11:00~16:00(ただし売切次第終了)
  • 定休日:木曜日及び冬季
  • 平均予算:1人1000円~
  • 駐車場:あり(無料)
  • マップコード:349 826 128*08
  • 公式サイト:だぐらすふぁ~。

だぐらすふぁ~。へのアクセス方法・行き方

「だぐらすふぁ~。」へは車が便利です。

札幌からはおおよそ2時間30分から3時間くらいで到着します。

カーナビへは、マップコードか電話番号で検索してください。

公共交通機関の場合は、JR富良野線「美瑛駅」もしくはJR函館本線「旭川駅」から道北バス「美瑛白金線」に乗車、「美瑛共和」バス停で下車、すぐ前が「だぐらすふぁ~。」です。

バスの本数が少ないので車で行かれることをおすすめします。美瑛駅からは10分くらいで到着します。

だぐらすふぁ~。の外観と店内の様子

だぐらすふぁ~。

美瑛の市街地から青い池方面へと走っていくと、だぐらすふぁ~。の看板が見えてきます。

だぐらすふぁ~。

看板の奥にログハウス調の建物があり、これがだぐらすふぁ~。です。

だぐらすふぁ~。

木製の看板もありますが、少し見づらくなっています。

だぐらすふぁ~。

駐車スペースはかなり広いので停めやすくなっています。

だぐらすふぁ~。

ログハウスで作られた店内へ

だぐらすふぁ~。

ログハウスの店内は、木のぬくもりが感じられ、暖かい雰囲気がしています。

だぐらすふぁ~。

丸太を使った椅子も雰囲気がよくなっています。

だぐらすふぁ~。のパスタと評価

だぐらすふぁ~。

メニューもありますが、ランチ時なら黒板に書かれたランチセットがおすすめです。

だぐらすふぁ~。

ランチセットだとサラダがついてきました。

だぐらすふぁ~。

この日のランチメニューの「新じゃが男爵とたらこの生クリームパスタ」

だぐらすふぁ~。

そしてアマトリチャーナ

平打のパスタは歯ごたえもあり、ソースと絡み合ってとても美味しく感じます。

だぐらすふぁ~。

2人以上でいって、2つのパスタを食べ比べてみるのが特におすすめです。

だぐらすふぁ~。

飲み物とシフォンケーキがセットになったケーキセットもあります。

だぐらすふぁ~。

シフォンケーキは日によって味が変わりますが、優しい味わいのシフォンケーキはとても美味しく感じます。

評価は食べログ等で見ると平均的な3.15点となっていますが、低くつける人と高くつける人が割と極端になっているイメージですが、低い点数をつける人はお昼時の混雑した時に行った人が多いようで、待たされてしまって評価が低くなっているようでした。

土日や7月8月の繁忙期に訪れてしまうと評価は低くなるかもしれません。でも全体的に非常に美味しいパスタです。素材が良いパスタは麺がここまで美味しいんだ・・ときっとわかると思います。

また、だぐらすふぁ~。は北海道が推進する

に認定されています。

北の恵み愛食レストランは、北海道産食材を積極的に使ってこだわり(自慢)の料理を提供している道内のレストランや宿泊施設で、北海道から認定されたお店のことです。

北海道では、北海道産小麦を使用した商品を積極的に作ったり、販売しているお店を「麦チェンサポーター店」として認定しています。

それだけ北海道の食材を意識して作られているお店であり、美瑛の食材にこだわったお店です。

青い池やパノラマロードにも近い場所にあるので、ランチはパスタが良いかな?という時には是非とも立ち寄ってくださいね。

美瑛の観光スポット 一覧へ

上川総合振興局 観光スポット一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました