札幌は家賃相場と他地域との比較・本当に安いのか解説

すすきの公営住宅

札幌は家賃が安くておすすめ!ということを札幌に移住した人のブログではよく見かけます。

でも、本当に札幌は家賃が安いのでしょうか?

結論から言うと東京と比べると確かに安いのですが、他の人口150万人以上の都市と比べると少し安いとは言えますが物凄く安いとは言えない範囲です。

そして人口100万人未満の都市と比べると同じくらいというのが実際のところです。

だから札幌は家賃が安い!と聞いても調べてみたら安くなかったと感じる人もいます。

そして他にも家賃が決して安いとは言えない理由がいくつかあります。

札幌へ引っ越す前になぜ家賃が決して安いとは言えないか知っておくことが大切です。

札幌と他の都市との家賃の比較・相場

2018年11月現在の家賃相場は下記の通りです。東京・大阪・名古屋・福岡の賃貸マンションで出してみました。

ワンルーム 1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K~
札幌市中央区 3.6万円 4.3万円 5.5万円 7.5万円 9.9万円
札幌市北区 3.5万円 3.9万円 4.7万円 6.1万円 7.6万円
札幌市東区 3.4万円 3.8万円 4.6万円 5.9万円 7.4万円
札幌市白石区 3.4万円 3.8万円 4.5万円 5.7万円 7.1万円
札幌市豊平区 3.3万円 3.8万円 4.7万円 6.2万円 8.0万円
札幌市南区 3.1万円 3.6万円 4.4万円 5.8万円 7.4万円
札幌市西区 3.6万円 4.0万円 4.7万円 6.1万円 7.6万円
札幌市厚別区 3.3万円 3.7万円 4.6万円 6.0万円 7.6万円
札幌市手稲区 3.9万円 4.2万円 4.7万円 5.5万円 6.4万円
札幌市清田区 3.2万円 3.6万円 4.2万円 5.4万円 6.7万円
ワンルーム 1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K~
東京都千代田区 6.6万円 8.7万円 16.7万円 23.8万円 31.3万円
東京都中央区 8.2万円 9.5万円 14.3万円 18.6万円 23.2万円
東京都港区 7.5万円 9.6万円 17.5万円 24.5万円 31.9万円
東京都新宿区 7.5万円 8.9万円 14.3万円 19.1万円 24.2万円
東京都文京区 7.7万円 8.8万円 13.2万円 17.0万円 21.1万円
東京都台東区 7.8万円 8.7万円 12.4万円 15.6万円 19.0万円
東京都墨田区 7.2万円 8.1万円 11.5万円 14.4万円 17.6万円
東京都江東区 7.3万円 8.2万円 11.9万円 15.2万円 18.6万円
東京都品川区 7.8万円 8.9万円 13.1万円 16.9万円 20.8万円
東京都目黒区 7.7万円 8.9万円 13.5万円 17.5万円 21.8万円
ワンルーム 1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K~
大阪市都島区 4.9万円 5.3万円 7.0万円 8.6万円 9.7万円
大阪市福島区 5.4万円 6.1万円 9.0万円 11.6万円 13.5万円
大阪市此花区 4.5万円 4.9万円 6.6万円 8.1万円 9.2万円
大阪市西区 5.5万円 6.3万円 9.4万円 12.2万円 14.3万円
大阪市港区 4.5万円 4.9万円 6.5万円 8.0万円 9.1万円
大阪市大正区 4.8万円 5.2万円 6.8万円 8.2万円 9.4万円
大阪市天王寺区 5.1万円 5.8万円 8.6万円 11.1万円 13.0万円
大阪市浪速区 5.2万円 5.9万円 8.7万円 11.2万円 13.1万円
大阪市西淀川区 4.6万円 5.0万円 6.8万円 8.3万円 9.5万円
大阪市東淀川区 4.2万円 4.6万円 6.2万円 7.8万円 8.9万円
大阪市東成区 5.0万円 5.5万円 7.4万円 9.2万円 10.5万円
大阪市生野区 4.5万円 4.9万円 6.4万円 7.7万円 8.8万円
大阪市旭区 4.1万円 4.6万円 6.6万円 8.4万円 9.8万円
大阪市城東区 4.3万円 4.8万円 6.7万円 8.5万円 9.9万円
大阪市阿倍野区 4.3万円 4.9万円 7.3万円 9.5万円 11.2万円
大阪市住吉区 3.9万円 4.3万円 6.0万円 7.5万円 8.7万円
大阪市東住吉区 4.0万円 4.4万円 6.0万円 7.6万円 8.7万円
大阪市西成区 4.5万円 4.8万円 6.3万円 7.7万円 8.7万円
大阪市淀川区 4.9万円 5.4万円 7.4万円 9.3万円 10.7万円
大阪市鶴見区 4.5万円 4.9万円 6.4万円 7.8万円 8.8万円
大阪市住之江区 4.0万円 4.3万円 5.8万円 7.1万円 8.1万円
大阪市平野区 3.8万円 4.1万円 5.4万円 6.6万円 7.5万円
大阪市北区 5.6万円 6.3万円 9.0万円 11.4万円 13.3万円
大阪市中央区 5.5万円 6.3万円 9.5万円 12.4万円 14.7万円
ワンルーム 1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K~
名古屋市千種区 5.2万円 5.2万円 7.6万円 9.5万円 11.0万円
名古屋市東区 6.1万円 6.1万円 8.7万円 10.8万円 12.4万円
名古屋市北区 5.3万円 5.3万円 6.7万円 7.9万円 8.8万円
名古屋市西区 5.3万円 5.3万円 6.7万円 7.7万円 8.6万円
名古屋市中村区 5.5万円 5.5万円 8.1万円 10.2万円 11.9万円
名古屋市中区 5.8万円 5.8万円 8.5万円 10.6万円 12.3万円
名古屋市昭和区 4.6万円 4.6万円 6.9万円 8.8万円 10.3万円
名古屋市瑞穂区 4.7万円 4.8万円 7.0万円 8.8万円 10.2万円
名古屋市熱田区 4.9万円 4.9万円 6.7万円 8.0万円 9.1万円
名古屋市中川区 5.1万円 5.1万円 6.3万円 7.2万円 8.0万円
名古屋市港区 4.6万円 4.6万円 5.6万円 6.4万円 7.0万円
名古屋市南区 5.1万円 5.1万円 6.5万円 7.6万円 8.5万円
名古屋市守山区 4.3万円 4.3万円 5.6万円 6.6万円 7.4万円
名古屋市緑区 4.7万円 4.7万円 5.9万円 6.8万円 7.5万円
名古屋市名東区 4.0万円 4.0万円 5.7万円 7.1万円 8.2万円
名古屋市天白区 3.7万円 3.7万円 5.2万円 6.5万円 7.5万円
ワンルーム 1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K~
福岡市東区 3.8万円 3.9万円 5.1万円 6.4万円 7.6万円
福岡市博多区 4.9万円 5.1万円 6.4万円 7.8万円 9.1万円
福岡市中央区 4.7万円 5.0万円 7.2万円 9.5万円 11.6万円
福岡市南区 3.7万円 3.9万円 5.3万円 6.8万円 8.1万円
福岡市西区 3.9万円 4.0万円 5.4万円 6.8万円 8.1万円
福岡市城南区 3.5万円 3.7万円 5.1万円 6.5万円 7.8万円
福岡市早良区 3.7万円 3.9万円 5.6万円 7.4万円 9.1万円

確かに東京と比べると圧倒的に安く感じると思いますが、他のところと比べるとそれほど安いとは感じないと思います。

でも、問題は別にあります。

札幌・家賃が安いところには安い理由がある

札幌以外、東京や名古屋、大阪、福岡であれば家賃の高い賃貸マンションではなく、家賃の安いアパートに住んでも、騒音や防犯の問題はあるかもしれませんが、それほど大きな差はありません。

しかし、札幌は家賃のより安いアパートに住んでしまうと生活コストが余分にかかることがあります。

家賃が安いところには安い理由があります。

札幌はアパートだと暖房費が高くなる

マンションになると作りがしっかりしている分、寒い冬でもかなり暖かくなります。

しかしアパートになるとマンションに比べ気密性が落ちることになり暖房費が余分にかかってきます。

いくら家賃の安いアパートに住んでも光熱費が高くついてしまっては意味がありません。

出来ればRC構造(鉄筋コンクリート)のマンションに住むのがおすすめです。

家賃が安い物件は鉄骨造モルタルだったりします。

RC構造の物件だと気密性・防音性に優れていることが多いのが特徴です。

札幌はアパートだと雪かきが必要になることも多い

東京や名古屋、大阪、福岡であれば雪が積もることは稀で日常の生活の中に雪かきという生活コストは発生しません。

しかし札幌でアパートに住んでしまうと雪かきという生活コストが発生することがよくあります。

マンションだと管理人及び管理会社が敷地内の雪かきをしてくれることが多いので特に気にすることもありませんがアパートだと自分たちで雪かきをしないといけないところが増えてきます。

更にマンションだと駐車場の雪かきも不要な場合が多いですが、アパートだと駐車場の雪かきも自分でしないといけない場合があります。

駐車場が無い問題

札幌は交通網がしっかりしていますし、コンパクトシティで買い物も便利な都市です。

しかし中心部を外れたり子供がいたりすると車が無いと不便です。

でも、札幌市で人気のエリアを中心に慢性的な駐車場不足が発生しており駐車場まで徒歩10分歩くという人までいます。

慢性的な駐車場不足は大都市ではよく聞かれることですが、名古屋や福岡よりも酷い状況になっています。

駐車場のことまで考えると便利で人気の高い中央区に住むのは厳しい場合もあります。

家賃や分譲マンションは安いか高いかの二極化に

札幌は2015年くらいまでは大都市にしては家賃が安いエリアでした。

しかしここ数年で家賃はかなり値上がりしてきています。

実際には値上がりしているところは少ないのですが、一部人気のエリアで値上がりが半端ないくらいに上がっています。

今まで15万円くらいで住めた割と良い賃貸マンションが25万円くらいに値上がっていたりする場合もあります。

特に中央区の人気エリアの家賃の上昇率は高くなっており、札幌へ移住した人が安い!と言っていた数年前の状況とは異なってきています。

もちろん値上がりしているのは一部のみですが、人気エリアなので札幌に移住したいという人には大きなダメージになっています。

分譲マンションも値上がり傾向にあり、札幌という市は栄えていてもその周りは農村が広がるエリアにしては異常な価格設定になっています。

え?この場所で億ションなの?というマンションが増えてきています。

東京や大阪、名古屋になると近隣もそれなりに発展していますが、札幌は札幌のみが発展しているので、近隣を含めた経済圏で考えると分譲マンションは非常に高いと言えます。

(分譲マンションが値上がりしている背景には中国人の裕福層がマンションを買い占めているという理由もあったりします)

安いか高いか、割と二極化しているのが札幌の現状です。

札幌の時給・給与が低い

札幌は他の大都市と比べると人口が多い割には時給や給与が低くなっています。

そのため、家賃の給与を占める割合は当然高くなっており、給与で考えた場合、実は高いのではないかと言う人もいます。

何より仕事の選択の幅が他の都市に比べ少なくなっており、稼げる業種も少なくなっています。

  • 給与17万円の人が5万円の家賃のマンションに住む=家賃は給与の29.4%
  • 給与15万円の人が4万円の家賃のアパートに住む=家賃は給与の26.7%

上記の給与の家賃比率だけを見ると大差が無いように見えますが、

  • 17万円ー家賃5万円=12万円の残金
  • 15万円ー家賃4万円=11万円の残金

家賃を引いた後の給与の残金では自由に使える金額が異なってきているのが分かると思います。

いくら多少家賃が低くても使える給与そのものが低い札幌だと生活は厳しくなっています。

安い賃貸物件はプロパンガスの場合も

ガスの供給方法は2種類あります。

  • 都市ガス=配管を使い供給する方法
  • プロパンガス=ガスボンベで供給する方法

ガス代はどっちが安いのかというと圧倒的に都市ガスです。特に札幌は寒いので冬場の暖房にガス暖房を使っているところだとかなりの差となり。月に1万円以上の差が出ることがあります。

例えば家賃3万円の賃貸物件でもプロパンガスだと家賃4万円の賃貸物件と変わらないか、それ以上のコストがかかることがあります。

札幌の賃貸、でも便利な物件も多い

札幌の賃貸についてあまり良いことを書いてきませんでしたが、もちろん東京と比べれば凄く安いですし、他の地域と比べて良い点もあります。

年間トータルの光熱費なら他の地域と変わらない

札幌は非常に寒い地域で暖房費が凄くかかりそう・・・と思うかもしれませんね。

実際に札幌の冬は家賃を比較している他の都市に比べれば暖房費は断然かかります。

しかし札幌の夏はエアコンは必要無いことも多く、夏場の電気代は非常に安く出来ます。

そのため夏と冬のトータルでの光熱費は、他の都市と比べてもそれほど変わらないようになります。

他の都市と比べ駅チカ物件だと安い

東京や名古屋、大阪、福岡の地下鉄駅に近い駅チカ物件は非常に価格が突然高くなる傾向にありますが、札幌は駅チカ物件でもエリアにもよりますが、極端には高くなっていません。

駅チカ物件は他の大都市に比べ安いと言えます。

ただし中央区の人気エリアだけは異なるので注意してください。

以上、札幌の賃貸相場についてでした。

北海道PRESS編集部をフォローする
おすすめ情報
札幌の賃貸の不動産会社おすすめ
不動産会社

札幌の賃貸市場はオープン市場(ほぼどこの不動産会社でも契約が可能)です。だからこそ親切で丁寧な不動産会社を選ぶのがポイントとなってきます。SUUMOで何社か問い合わせをして丁寧だと思った不動産会社に決めるのがおすすめです。

詳細ページでは札幌の不動産会社をランキング形式で紹介しています。

札幌への移住・引っ越しと生活情報 サポカンライフ
タイトルとURLをコピーしました