札幌にあるイオンの店舗一覧と特徴

スポンサーリンク
イオン各社の看板

札幌にイオンの店舗を使う人は大勢います。

しかし、イオンの店舗のそれぞれの特徴を押さえてお得に購入することがよりお得に買い物をするポイントになります。

ここでは札幌にあるイオンの店舗を紹介、特徴について説明していきます。

スポンサーリンク

札幌のイオン系列の店舗マップ

札幌にあるイオン系列のお店の地図です。

  • 青色:イオンモール
  • 赤色:イオン
  • 緑色:マックスバリュ系列

となっています。

札幌には2つのイオンがある

札幌には2つのイオンがあります。

  • イオン北海道株式会社
  • マックスバリュ北海道株式会社

という2つの会社がイオングループの会社としてあり、展開している店舗の名称や店舗の形態が異なります。

イオン北海道株式会社

イオン

現在、札幌で上記の写真の看板を使い大型の総合スーパーマーケットとして店舗展開しているイオンのお店を運営しているのが、イオン北海道です。

イオン株式会社が80%以上の株を所有しており、イオンの連結子会社となっています。

イオングループの中でもあるイオンの看板を出しているため、イオンの直系の会社であったと思われがちですが、元々はマイカル・サティを展開していた株式会社北海道ニチイであり、親会社の株式会社マイカルの民事再生法の適用によって、紆余曲折を経てイオングループに加わり、イオン北海道株式会社となっています。

そのため、ある程度の年配の方は、サティといったりポスフールということもあります。

本州のように「ジャスコ」と呼ぶ地元の人はあまりいません。

マックスバリュ北海道株式会社

マックスバリュ

札幌では主にマックスバリュという店舗を展開しているのがマックスバリュ北海道です。

イオンが約57%の株を所有しているイオンの連結子会社となっています。

元々は株式会社札幌フードセンターとして生まれた会社で1993年にイオンとの共同出資により、北海道ジャスコ株式会社となっており、北海道でのイオンとしての歴史はマックスバリュ北海道の方が長くなっています。

ただし、ジャスコと呼ばれることはなく、むしろマックスバリュのことをフードセンターという札幌の人はそれなりにいますし、今も一部の店舗はフードセンターという名称が残っています。

イオンとなったダイエー系列はマックスバリュ北海道に組み込まれています。

北海道としての地元色はイオン北海道よりも強く、株主として北洋銀行や北海道銀行も入っています。

マックスバリュ北海道は消える運命に

ただしマックスバリュ北海道はイオン北海道に統一するということが発表されているため、会社としてマックスバリュ北海道株式会社はあと数年で消えるものと思われます。

同じ土地に同じグループで別会社を行うのはスケールメリットも活かせませんし、これから人口が減る北海道において物流コストも削減していくことが大切であり、時代の流れだと言えます。

イオン北海道株式会社の店舗

イオン北海道株式会社は札幌では3つの店名・業界で展開しています。

  • イオン
  • イオンスーパーセンター
  • まいばすけっと

です。

イオン

札幌では現在12店舗を「イオン」として展開しています。

本州のイオンとほぼ同じですが、本州でどこに住んでいたかで高くも感じるでしょうし、安くも感じるかもしれません。

関東で言えば東京・神奈川に住んでいたのなら安く感じるかもしれませんが、千葉・埼玉に住んでいたのなら少し高く感じるかもしれません。

イオンモールはこの内3店舗です。

イオン札幌栄町店

  • 住所: 〒007-0842 北海道札幌市東区北42条東16丁目1-5
  • 電話番号: 011-781-1147
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~21:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄南北線「麻生駅」に直結

地下鉄駅にほぼ直結しており、地下鉄利用者には非常に便利な場所にあるイオンです。

ただし、上の階がパチンコ屋で入口によってはややタバコ臭いこともあるのが欠点です。

店舗は総合スーパーとは言い難く食品メインのスーパーマーケットとなっています。

イオン札幌麻生店

  • 住所: 〒 001-0039 北海道札幌市北区北39条西4-1-5
  • 電話番号: 011-709-2111
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~23:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄東豊線「栄町駅」にほぼ直結

地下鉄の駅に直結しており雨でも全く濡れずに店舗内に入ることが出来るので地下鉄駅利用者には人気です。

衣料品も日用品も取り扱う総合スーパーマーケットとなっています。

イオン札幌元町店

  • 住所: 〒065-0031 北海道札幌市東区北31条東15丁目1-1
  • 電話番号: 011-750-5200
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄東豊線「新道東駅」から徒歩約5分

イオン札幌元町ショッピングセンター内にあるイオンです。

総合スーパーであり店舗は割と大きく週末になると多くの人で混み合います。

駅からは少し歩くため、車で来る人が多く平面駐車場と立体駐車場、両方を揃えている店舗です。

イオン札幌苗穂店

  • 住所: 〒007-0802 北海道札幌市東区東苗穂2条3丁目1-1
  • 電話番号:011-780-7600
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄東豊線「環状通東駅」から徒歩約40分(約2.7km)
  • イオンモールも併設

イオンモール札幌苗穂の核店舗としてあるイオンです。

イオンモールなのでテナントも入っていますが、埼玉県のイオンレイクタウンや千葉県のイオンモール海浜幕張等と比べるとかなり小さくなっています。

イオン札幌桑園店

  • 住所: 〒060-0008 北海道札幌市中央区北8条西14丁目28
  • 電話番号: 011-204-7200
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:JR函館本線「桑園駅」から徒歩約2分

JR桑園駅に隣接しておりアクセスの良いイオンです。

総合スーパーとしてのイオンですが、生活の品はあまり充実していません。

イオン札幌琴似店

  • 住所: 〒 063-0812 北海道札幌市西区琴似2条4-2-2
  • 電話番号: 011-644-0011
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~22:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄東西線「琴似駅」に直結

食料品と暮らしの品がメインのイオンです。

地下鉄駅と直結しているため、雨に濡れずに店舗に入れるのが良い点です。

JR琴似駅から700メートルほど離れていますが、JR琴似駅まで商店街が続き活気ある街でJR琴似駅にはイトーヨーカ堂があります。

イオン札幌発寒店

  • 住所:〒063-0828 北海道札幌市西区発寒8条12丁目1
  • 電話番号:011-669-5000
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:JR函館本線「発寒駅」徒歩約5分
  • イオンモールも併設

イオンモール札幌発寒の核店舗として入っているイオンです。

札幌の中では最も大きなイオンですが関東の大型店に比べると特別大きな訳ではありません。

駅からやや離れているため車で来る人が多く土日になると大変混雑します。

イオン東札幌店

  • 住所:〒 003-0003 北海道札幌市白石区東札幌3条2-1
  • 電話番号: 011-824-3161
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~21:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄東西線「東札幌駅」隣接

地下鉄駅に隣接しているのでアクセスは非常に良いイオンです。

ただ地下鉄駅から店舗に行く途中に外を通りますが途中タクシー乗り場がありタクシーの運転手がタバコを吸っていることが多く非常にタバコ臭くなっているのが難点です。

店舗の規模はそれほど大きくありません。

イオン新さっぽろ店

  • 住所:〒004-0052 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-7-1
  • 電話番号: 011-892-5121
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~22:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄東西線「新さっぽろ駅」及びJR新札幌駅に直結

地下鉄及びJR線の駅に直結しているのでアクセスは抜群のイオンです。

隣接して他の商業施設もあり、札幌郊外ではもっともいろいろな施設が充実しています。

近くに水族館等の観光施設もあり土日は混み合います。

イオン札幌西岡店

  • 住所:〒062-0033 北海道札幌市豊平区西岡3条3丁目4-1
  • 電話番号:011-856-1000
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~22:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~21:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄東豊線「福住駅」から徒歩約30分(約2km)

イオンとしては食品売り場しかありませんが、2階にコジマ×ビックカメラやダイソーがテナントとして入っています。

比較的小さな店舗です。

イオン札幌平岡店

  • 住所:〒004-0873 北海道札幌市清田区平岡3条5丁目3-1
  • 電話番号: 011-889-5001
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~23:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:近くに駅なし
  • イオンモールも併設

イオンモール札幌平岡の核店舗としてイオンが入っています。

札幌の中では2番目に大きなイオンです。

近くに駅が無いため車でのアクセスが基本になりますが、近隣の方向けにシャトルバスが出ています。

イオン札幌藻岩店

  • 住所:〒005-0802 北海道札幌市南区川沿2条2丁目1-1
  • 電話番号:011-571-3100
  • 営業時間1:直営売り場 8:00~22:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~21:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:地下鉄南北線「真駒内駅」から徒歩約30分(距離約2.5km)

小型のイオンですが、総合スーパーマーケットとして衣料品も暮らしの品もあるイオンです。

真駒内公園や藻岩山の有料道路が近く観光の後に買い物に立ち寄る人が多くなっています。

イオンスーパーセンター手稲山口店

札幌でイオン北海道株式会社が展開している唯一の店舗で「イオンスーパーセンター」が手稲区にあります。

  • 住所:〒006-0861 北海道札幌市手稲区明日風6丁目1-1
  • 電話番号: 011-699-8201
  • 営業時間1:1階食品売り場 8:00~22:00
  • 営業時間2:その他の売り場 9:00~22:00(一部異なる場合あり)
  • 最寄駅:JR函館本線「手稲駅」から徒歩約40分(約3km)

まいばすけっと

イオン北海道がもっともチカラを入れているのがまいばすけっとです。

札幌で36店舗あり、札幌以外には恐らく出店していかないと思います。

都市型の小型スーパーマーケットであり、札幌でも郊外には出店しておらず、都心部やマンションが多い地域ばかりを狙って店舗を増やしています。

スーパーマーケットをライバルとしておらず、コンビニをどちらかと言えば競争店にしているのが特徴です。

一般的なスーパーよりは少し高い値段設定だけど、コンビニよりは安くて食品や日用雑貨が揃っている、そんなスーパーです。

マックスバリュ北海道株式会社の店舗

マックスバリュ北海道株式会社が展開するのは食品と日用雑貨・日用消耗品がメインのスーパーマーケット「マックスバリュ」ですが、6つのブランド名があります。

  • マックスバリュ
  • マックスバリュ エクスプレス
  • フードセンター
  • ザ・ビッグ
  • ザ・ビッグ エクスプレス
  • プライスマート

エクスプレスがつくとやや小型の店舗になります。

フードセンターは昔から札幌にあるスーパーで、そのまま店舗名として使われています。

札幌市内で40店舗を展開しており、駅に直結・隣接している店舗もあれば郊外の路面店と運営されている店舗もあります。

イオンよりはやや高い価格設定が多い印象です。

特に東北のマックスバリュを使っていた人だと高く感じるかもしれません。

以上、イオンの店舗一覧と特徴でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
北海道PRESS編集部をフォローする
スポンサーリンク
おすすめ情報
札幌の賃貸の不動産会社おすすめ
不動産会社

札幌の賃貸市場はオープン市場(ほぼどこの不動産会社でも契約が可能)です。だからこそ親切で丁寧な不動産会社を選ぶのがポイントとなってきます。SUUMOで何社か問い合わせをして丁寧だと思った不動産会社に決めるのがおすすめです。

詳細ページでは札幌の不動産会社をランキング形式で紹介しています。

札幌への移住・引っ越しと生活情報 サポカンライフ
タイトルとURLをコピーしました